記事の詳細

こんにちは、かなこです。
この間、のりよお姉さんに品川駅の“エキナカ”に連れて行ってもらいました!

改札を出ないままでおしゃれな雑貨やおいしいスイーツ、おかずなどをお買い物できるんです。

いろんなところを見てついつい買っちゃって、トータルすると結構お金使っていて、あとでびっくりでした。

人との待ち合わせとか時間つぶしとかにはとってもいいですね^^
行ったことのない人はぜひぜひ体験してみてくださいな。

第119号 夢見る初めてのデート その1

初めてのデートは、男の人にリードしてほしい。そして、できたら素敵な一日にしてほしい。お姫様願望ぽいのですが、そう思ってる女の子は多いです。そして、初めてのデートで失望しちゃうと、次はもうない。

一番最初のデートって、一番ドキドキして気合いが入るでしょ。それで楽しくなかったら、次はつまんないだろうなって思っちゃうもん。

私が夢見るデートは、おいしいフランス料理やイタリア料理のレストランのランチを予約していて、そこに連れて行ってくれて、そのあとショッピング。
何か買ってくれて、おいしいカフェで一休みして、夜景を見てバーで飲んで帰る、かな。

そんなデートだったら、きっと帰ってからも楽しいし、友だちに自慢しちゃうかもね。でもこんなコースは、それが似合う男性じゃないと難しいかも。

デート全体がうまくいかなくて、ちょっとあわてちゃったりすることがあっても、「すごく下調べした感じ」「一生懸命気をつかってくれた感じ」というのは絶対伝わります。それがとても大事で、すごくうれしい。じゃあ次は、私がいろいろ考えて楽しい日にしたいな、って思ったりする。

一番イヤなのは、とりあえずのデートのプランもなくて、待ち合わせで会って「これからどうしようか」といわれること。女の子は「えっ、ウソ!? 何も考えていないの?」と思って、当然無言となります。

とにかく居心地が悪くなってしまいます。細かいプランがなくても、その場その場で適度にリードできるといいんですよね。

たとえば、行こうと思っていたレストランのランチに人がいっぱいいて、予約はしていない。並ぶのはちょっとイヤだねというときに、「じゃあ別のところを探そうか」といえること。

ついでに「ここに来るときは今度は予約して来ようね」といえたら、「また会いたい」ってキモチも伝えられて素敵ですね。(かなこ)

初デートは関所

初デートっていうのは、関所です。ここを通過できるか、できないか。誘った瞬間から、誘われた女性にチェックされています。男性は大変ですよね。

まず、関所の番人。誘われる側の女性の心理についての説明を、少し。男性は、気に入った人をデートに誘うでしょ?

相手が応じたからって、自分と同じテンションだと思って舞い上がったらダメ。誘われた女性は「まっ、ひとつ行ってみますか」と気楽に出かけることが多い。お気楽だからこそ、ついつい男性をチェックしてしまう。

「とりあえず、行くだけ行ってみる」という女性の感覚にも、いろいろあります。文字どおり「誘われたから」行くのパターンの中でも、「別に食事ぐらい、構えることもないし」と、男性に誘われることに慣れていて、抵抗がない人もいれば、「ピンと来るか来ないか、デートしてみて確かめようっと」という感覚の人もいます。

なかには、「ん~、ちょっとパスかも……」と薄っすら感じているときでさえも、「最初からそんなに、はねのけちゃいけないかも」とか「もしかして、いい人かもしれないし」と、“ダメモト”で初デートに応じる女性だっています。

いろいろです。とにかく女はビビビッときて、ワクワクして初デートに臨んでいるばかりでもない。そういう生き物だってことを忘れないでね。ここが大前提です。

そして誘うからには、気を抜かないこと。なにしろ関所だからね。その通過のポイントは以下のとおりです。

・誘いは堂々と(これだけで、男らしくて行動力のある人に映ります)
・初デートは食事かお茶がおすすめ(トーク目的だから、これが王道かな)
・好みは誘う段階でリサーチ(食べ物の好みは把握してないと危険)
・待ち合せ場所はダサくないところ(駅や雑踏など、立って待つ場所はパス)
・待ち合せには先に来る(「大切に思われているんだ」とうれしくなります)
・笑顔で挨拶する(会えてうれしいとか、見た目をほめると好感度アップ)
・お店は予約しておく(しっかりエスコートされると、うれしくなります)

など、いろいろあります。それほど初デートの対応は大切なんですね。もっとくわしくは次回で。

「この人、いいかも……」と女性が思い始めるポイントはいくつかあります。コツさえつかめれば、関所通過は簡単かもね。(美奈)

 

おもてなしの心を忘れずに

せっかくお金と時間を、使うんだから、ナイスなところに行きたいよね(^^)ゝ
初デートなら、なおさらだよ。

基本は、段取8割、本番2割。まず段取りを、しっかりしようぜ。

こんな感じかな。

・デートコース(映画、ショッピング、観光スポットなど)
・食事のお店の選定(和風、フレンチ、イタリアン、中華など)→予約
・当日の服装を考える
・最初の一言を考える
・お話を盛り上げるためのネタを探す(^^;
・前日、床屋に行く(^^;(^^;
・遅刻しない(必須)

相手の心を豊かにした分、自分の心も豊かになるんだよ。

ドタキャンは、悲しいよぉ~。(咲道

関連記事

ページ上部へ戻る