記事の詳細

こんにちは、かなこです。
あったかいスープが大好きです。

特に寒くなってくると、あたしは
野菜スープを多めにつくっておきます。

夜が遅くなったり、朝が早かったりするときに重宝します。

寒いときとか疲れてるときとかに、あったかい飲み物って落ち着くよね。
ま、夜ならビールとかでもいんだけどさw

第67号 「~してやる」って使う?

男らしさ=偉そうにしていること、って勘違いしている人って、けっこういると思うんだけど、「オレが~してやるよー」系の台詞が好きな男の人、多いよね。でも、ちょっと考えてみると、「してやる」って、少し強いいい回しな気がしない?

女同士だと、こういう風にはいわないんだよね。「してやる」っていうと、なんとなく上下関係を感じさせるし、ムダに偉そうだし……。

女の子って敏感なので、こういうちょっとトゲのあるような話し方をしていると、うまくいかなかったりするんだよね。余計な波風を立てちゃいそうだし、
とくに相手がピリピリしてたりすると、いっている以上にきつく聞こえちゃうしね。

「してあげるよ」って、少しいい方を変えるだけで全然印象が違うのに……。
でもこういう、少しやわらかい表現ができる男の人って、結構少ないんだよね。
こういうちょっとした気づかいが、一緒にいて楽しいなっていう思いに変わっていくものだと思うのだけど。

何かしてもらって、ほんとにうれしいなって思っても、何かのときに「○○してやった」とかいわれちゃうと、なんだか感謝する気も失せちゃう。考え方が恩着せがましすぎ。ほんと、キモチの問題なんだけどね。

うれしい、楽しい、気持ちいいっていう、プラスの感情を自然に積み重ねていくと、自然と恋愛に結びついていくと思うんだけどね。言葉づかいにちょっと気をつけるだけで、結構簡単に好感度って上がっちゃうものなのかもしれない。
そういう人探さなきゃ~。(かなこ)

言葉づかいには心が表れる

「男はプライド、女は共感」「男性は縦社会、女性は横社会」です。それゆえ男性と女性では、使う言葉も異なります。

この代表的なのが「~してやる」です。「お前」「~させた」もそうですね。これらは男性しか使わない言葉で、縦社会特有の表現といえます。

地位や名声もある年長者の男性が「お前、~してやったからな」と好んで使いそうですね。よくいえば、頼りがいがある、頼られてナンボの男性。

夫婦でいえば、
「オレは休日や夏休みなど、旅行に連れていってやったのに、なに~?? 離婚したいだと。許せん!!」
「誰のおかげで食えていると思っているんだ!」
などもいいそうです。

思いやりのある男性や女性に慣れている男性は、女性に対し「~してやる」ではなく、「~してあげる」と使っています。メールだとすぐわかります。

いまの時代、男女関係に上下はありません。ビジネスでも、最近は他社と組むときに「コラボ」などといいますよね。「下請け」のような上下関係ではなく、対等の関係で、お互い尊重しあい、共同・協力して仕事をすることです。

ところで、一方の女性は「~してあげる」と使います(「~してくれた」も女性特有の言葉づかいで、こちらのほうがよく使う)。

そのため、「~してやる」と男性が使うと、そのホンネは「オレがわざわざやってやったんだぞ!」と聞こえます。旧体質、オレ様、男尊女卑ではないかと勘ぐってしまうのです。

そんなつもりで「~してやる」を使っているのではない男性の皆さん、言葉づかいには気をつけてくださいね。

男友だちは、「その人に対して感謝や思いやりがあれば『~してあげる』って表現になるじゃないかな。『~してあげたい』って思えるほうが、もっと素敵だよね」といっていました。(嶋津典代

 

体育会系、ダメダメ

う~、耳が痛い(^^;

だいたい男ってのは、

自分が良いものは、相手も良い。
自分が好きなものは、相手も好き。

って、信じてるんだよ。要は、単純!

それを、体育会系のノリで押しつけちゃうから、
収拾つかないんだよな~。

レディファースト、常識だよね。

「まごころ」って、どうしたら伝わるのかな。(山田咲道

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。