第443号  内面をほめよう

こんにちは。かなこです。 最近、オートミールクッキーにハマってます。 レーズンとたっぷりのオートミールで作るので、 1枚でおなかいっぱい。 おやつというより、朝食になってる感じかな。

第443号  内面をほめよう

初対面で好印象を持ってもらうには、ほめるのがいいと何度もいってきました。 私も話しながら相手のいいところを見つけて、ほめるようにしているのですが、 ほめても「そんなことないよ」といって、あまり喜んでくれない人もいます。 お世辞だと思って、ほめ言葉を素直に受け取ってくれないんですね。

そういう私も、20代のころは今よりもっとほめ言葉を受け取れませんでした。 自分の外見に対するコンプレックスが強すぎて、ほめられても素直に「ありが とう」「うれしい」といえなかったんですよね。

そんな中でも、素直に受け取ることができた、ほめ言葉がいくつかありました。 それは「積極的だよね」「いつも笑顔でいいよね」「向上心があるよね」など、 内面的なほめ言葉です。外見はコンプレックスだらけでも、内面をほめられる と案外すんなり受け入れることができました。私みたいに、外見にコンプレッ クスがありすぎる人は、女性に多いです。そういう人には、内面のほめ言葉は とても効果的なんじゃないかな。

内面をほめられると、「この人は私のことをわかってくれているわ」と感じて、 心のガードがゆるみます。女性が心を開けば、デートのお誘いもOKしやすく なります。ほかの例としては、「みんなに優しいね」「家族思いで素敵だね」 「よく気がつくよね」などなど。ほめた後は、ちゃんとその言葉を彼女が受け 取ってくれているかどうかを見ながら、言葉を探してみてね。(かなこ)

★関連バックナンバー

第396号 ほめる人が好きな理由

第148号 ほめられますか?

第73号 ほめられたら、うれしいこと

親しくなるにはこの手もある

多くの人に外見をほめられている美人は、外見をほめられても「また同じこと をいわれた。内面を見てもらえない」という不満もあるみたいです。

モデルの女性と会ったときに、私が「顔小さくて、手足長いですね」というと、 彼女は「どうも」と、いつもいわれている感じでした。こういう女性に対して も、「気がきくね」などと、内面をほめたほうが印象に残ると予想します。

ところで、ほめるというのは、慣れないとけっこう難しいし、恥ずかしくてな かなか口に出せないという人もいます。そういう人は、目に入ってきた情報を 口に出してみましょう。

たとえば、着ている服や物、髪型やメイクなど。2~3人のグループでいる人 たちには、どういう関係なのかを聞くこと。思ったり、感じたりしていても、 口に出す人は意外と少ないので、親しくなるきっかけとなります。最近、私が いった例をあげてみます。

「その迷彩のパンツ、いいですね」(男性がはいているパンツをいっただけ)

「紫好きなんですね」(服や靴などに紫色が多かった女性に対し)

「その髪、天然パーマ?」(髪の毛がクリクリしている男性に対して)

「2人は年離れていそうだけど、どういう関係?」(2人組の女性に対して)

「3人はどういう関係?」(個性的な服の1人を含む3人組の男性に対して)

簡単ですよね。私にこういわれた人は、けっこうペラペラと話し始め、まわり にいた人も「へぇー、そうなんだ」と相槌を打ったり、会話に加わったりして いました。特徴的な洋服を着ている人に対しては、色や柄、形などを話題に声 をかけてみて。大抵の人は、好きな色や柄を身に着けていますので、話が弾む きっかけとなりやすいです。(嶋津典代

相手に気分よく話させる方法を考える

「ほめる」のほかに、有力な手法もあるんですよね。それは「教えてもらう作 戦」なんです。目的は相手に気分よくたくさんしゃべってもらうこと。そうす ると、キミの印象が間違いなくアップするんです。

相手の得意分野のことに触れられたら、もう最高です。人は「聞かれたら答え (ようとす)る」生き物ですし、「ねぇねぇちょっと聞いてよ的なちょっと自 慢したいような話」をしゃべると心地よくなるんですよね。

単なる質問に「教えてもらいたいな」という気持ちが出ると、会話が弾んでき ます。いろいろなシーンで実験してみるのも良い方法です。

「質問力」に関する本は何冊も出ているので、まず1冊読んでみるときっかけ が、つかめるかもしれません。

なんでもそうですが、場数を踏んでたくさん失敗した人が上達しているんです よ。よって、まずは「実践ありき」。がんばってね。(マッキー)

2012/04/03

関連記事

  1. 第406号 話を最後まで聞こう

  2. 第416号 質問力がある人はモテる

  3. 第221号「太ったね」は、いっていい?

  4. 第374号 自己アピールの前に相手を知る!

  5. 第53号 あなたのウリは何?

  6. 第154号 どんな風に慰める?

  7. 第424号 黙る勇気を持とう

  8. 第419号 相手に踏み込む会話をしよう

  9. 第72号 聞きたい話、聞きたくない話

人気記事

最近の記事

PAGE TOP