記事の詳細

こんにちは、はしこです。
初めてジェルネイルを試してみました。
ゲル状の樹脂を爪に塗って、UVライトで固めたネイルで、
見た目もクリアな上、専用のキットを買えば自分でもできるので、
ネイルサロンに行かずに自宅でやる人も増えています。

私は体験レッスンに行って、ネイリストさんに教えてもらいながら
上3分の1にゴールドのグラデーションをあしらった爪に
チャレンジしました。
友人から「きれいじゃん」といわれ、満足です。

第312号 恋バナ、しますか?

気に入った女性と話をするときに、皆さんはどんな話をしますか? 仕事の話、
趣味の話、共通の知人の話などいろいろありますが、恋バナに振ることはでき
ますか?

恋愛の話を私から振るのは照れくさくて得意ではないのですが、照れずに恋バ
ナをできるかどうかが、恋愛に発展させられるかどうかの重要なカギになりま
す。モテる男性は、会話のなかでさらりと恋愛がらみの質問をすることがうま
い。逆に「いい人」で終わってしまう人は、恋バナが苦手のような気がします。

なぜ、恋バナをすることがカギになるかというと、友人・知人ではなく、異性
として意識させて、恋愛対象としてアピールしやすくなるからです。

では、恋バナをするきっかけになる質問をいくつか紹介しますね。

・「○○ちゃんはどんな人が好みなの?」
シンプルに恋バナに入りやすいのがこれかな。ちなみに「○○で、△△な人か
な」といくつか条件を挙げたら、「それ、オレだよ」とさらっといわれてドキ
ッとしたことがあります。

・「彼氏はいる?」
「いる」という答えであれば残念ですが、早めに知っておいたほうがいいです
よね。もし「いない」という答えであれば、「意外! でもモテるでしょ?」
「○○なのにもったいない(○○には、かわいい、素敵などのほめ言葉を)」
など、ちょっとアピールするといいかもしれません。

・前の恋愛の話を聞く
「元彼はどんな人?」「いつ別れたの?」など、以前の恋愛の話を聞くのも、
恋バナを始めるきっかけになります。ただしそんなに仲良くないのに聞きすぎ
ると嫌がられる場合もあるので、相手の反応をみながら質問してくださいね。

好きな人だと意識しちゃって難しいという人は、まずは異性の友人相手に恋バ
ナをすることから始めてみてください。(はしこ)

彼がいる前提で話してみる

よく知っている人や仲のいい友だちならともかく、会って間もない人と恋バナ
で盛り上がるのは、なかなかハードルが高いですよね。でも、恋バナをしてい
ると、恋愛に対するその人の考え方や姿勢が垣間見えるし、その場も盛り上が
るので、スムーズにできるようになりたいもの。

「彼(彼女)、いる?」「結婚している?」と直接聞ければいいんですが、私
は、まだ聞きづらい。そこで、私が使っているのは、彼・彼女がいる前提で話
すということ。

たとえば、料理の話になったときに、「彼にもよくつくってあげるの?」「彼、
喜ぶだろうね」などといってみる。おいしいレストランの話になったら、「そ
ういうお店、彼ともよく行くの?」などと聞いてみる。

彼がいれば、「彼にも料理、よく作るよ」「週に一回は二人で食べに行くよ」
などとギクシャクせずに普通に話が続けられるし、いなかったとしても、女の
子にとっては「彼がいそうと思ってもらえたんだな」と自分の魅力を認めても
らったようで、悪い気はしません。

また、話の中で相手が相手のことをはっきりといわなかったときに「彼?」と
聞いてみるのも使えます。「この前ディズニーランドに行ったの」「お弁当は
同居人がつくってくれるから」などといわれたときに「彼と行ったの?」「同
居人って彼? 一緒に住んでるの?」と聞いてみる。

こういう質問をするコツは、とにかくテンポよくすること。間が空いちゃうと
聞きにくくなるので、あれっと疑問に思ったらパッと聞いてみる。これも、慣
れれば難しくありません。

そのほか、「遠距離恋愛できる?」「彼と海外旅行に行ったことある?」など、
経験や一般的な恋愛の話をするのもオススメ。「前の彼が遠距離恋愛で大変だ
ったから、もうイヤなの」など、流れによっては相手から恋バナしてくれるか
もしれません。(かなこ)

試せば、一歩進む可能性大

今回から3枠にも登場することになった嶋津です。女の子は、恋バナが大好き。
それを同性とではなく、異性とするのは楽しいもの。

しかし、これができる男性って少ない。残念ながら、まじめで誠実な独身男性
は、他愛のない会話、当たり障りのない会話と、「映画や本などの話題も豊富
です」といった自己アピールになりがち。これだと、女性をドキドキ、ワクワ
クさせることができません。

イマドキの口説きは、前にも書いたように「最初に見たときに気になったから、
近くの席に座った」など、女性の感情に訴えることです。こういわれると、女
性はドキッとします。

「いい人だけど……」といわれがちな男性、あるいは、なかなか彼女ができな
い男性は、はしこが書いている質問をしてみて。恥ずかしい人は、かなちゃん
の方法を試してみてください。女性も好きな男性に使ってみてね。友だちから、
恋愛モードに入りやすくなります。(嶋津典代

2009/09/22

photo by Alexey Matveichev

関連記事

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
ページ上部へ戻る