記事の詳細

こんにちは、かなこです。
最近買ったアメリカ製の化粧水が、
ベルガモットのさわやかな香りがしてとってもお気に入り。

日本の化粧水は、そんなにきつい香りのものはないので、
それはいいところだと思うけど、
さっぱりした香りはお風呂上りにとっても癒されるの。
甘すぎる香りやきつい香りはダメな人多いけれど、
こういう香りなら、日本人受けすると思うんだけどなぁ。
第221号「太ったね」は、いっていい?

むくみがひどくて、2キロくらい体重が増えたときに、「あれ、かなこさん、太ったね」と男友だちにいわれたんです。変化はほんのちょっとだったので、よく気づいたなぁと思って感心してしまったのですが……。

「きれいだね」「かわいいね」など、外見をほめられるのは、とてもうれしいことです。だけど、女の子を見ていて「なんだかこの前よりかわいくなくなっちゃったな」と思うこともあるよね。

そんなとき、一言それについて触れたいな、と思っても、仲良くなってお互いストレスなくいい合えていれば別ですが、どんなにあからさまに太っている人でも、いわない方がいいです。

つき合っていたとしても、特に体型に関する話題については、女の子はとてもデリケートなので、どうしてもいいたいなら、次のようにいい方を考えた方がいいです。

「今日の服装は似合っていない気がする」
→「この前のかわいい感じのワンピースのほうが、似合うと思うなぁ」

「前よりも太ったように見える」
→「最近ストレス多かった? 顔がむくんでいるみたいだけど」

「今日の化粧は濃すぎる気がする」
→「この前のナチュラルなメイク、大人っぽくて素敵だったよ」

男同士みたいに、あからさまにけなすようないい方をすると、ふかーく女の子を傷つけることになるので、それだけはしちゃダメだよー。(かなこ)
体型のことを女性がいったらチャンス

女性は、「もっとウエストが細ければなぁ」「もうちょっと目がパッチリしていればいいのに」など、体型や顔について、なんらかのコンプレックスを抱えています。女性の服はタイトなシルエットなものが多いので、太ると服が似合わなくなります。逆に痩せるとカッコよく着こなせる服が多いです。

「もっと痩せたい」と希望している女性は多く、実行しているしていないは別としてダイエットは永遠のテーマであるため、「太ったね」といわれるのは、傷つくのです。「太っている」「デブ」「大きい」「たくましい」も同じです。

表現方法を変えるのは、男性にとっては難しいと思うので、体型のことは一切いわないようにするか、「痩せた?」「締まったね。何か運動しているの?」「スタイルいいよね~」など、ほめること以外はいわないのが無難です。

「太った」ともに「老けた」も禁句です。なお、バストについては、男性がほめたつもりでも異なることがありますので、一切触れないのがおすすめです。

といっても、世の中にはデリカシーのない男性はいますから、「太ったね」といわれたときに女性は目くじらを立てるのではなく、うまく切り返すのが人間関係をスムーズにするコツです。
「わかりました? 最近ストレスが多くて……」
「オレでよければ、聞こうか?」となるかもしれません。

一方、女性から「最近太っちゃって」といわれたときには、男性は絶対に否定すること。「そうだよな」といったら、女性に嫌われます。「そう見えないけど、ストレスたまってる?」というと、「私のことをわかってくれる人だわ~」と女性に感じさせることができ、好感度がアップします。

「私、太っているから……」「私、胸がないから……」「足太いから……」といわれたときにも同じです。容姿に自信のない女性がいいがちで、「こんな私でも、あなたは好き?」と暗に聞いているのです。デート1~2回目に、こういわれたときにはチャンス。

「気にしているの? かわいいよ」といってあげると、一気に恋愛モードへ。
女性はほめたら、どんどんキレイになります。

いずれにしても、女性が体型のことを話すのは、気を許している男性というサイン。決して嫌いな男性にはいわないことを覚えておいてね。(嶋津典代)
墓穴掘るなよ

自分に正直に……というのとコレとは別。
「女性に好かれたい」とか「好感を持たれたい」というのであれば、「女性に嫌われない言動を心がける」というのもひとつの方法だよね。

そうねぇ、野球に例えれば、得点力は少なくても守備と投手陣がしっかりしていて防御率がいいチームが最後は勝つって感じかな。

なんとなく消極的な感じがするかもしれませんが、「失言がない=嫌われる要素が見当たらない」に通じるの。まぁ、これは、対女性に限らず、友人や職場での人間関係などでもいえることですけどね。

見たまま、感じたまま、思ったことをストレートにいっても目くじらを立てられない人は、子どもかバラエティーに出ている芸能人などのごく少数の人に限られるんじゃないかなぁ(笑)。

「口は災いの元」っていうじゃない。
「コレをいっちゃうと微妙かも~」と思ったら、「避けて通る」というのも賢い方法だといえるでしょう。(マッキー)

photo by Courtney Rhodes

関連記事

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。