記事の詳細

こんにちは、かなこです。
最近、あまり落ちがよくないのはわかっているけれど、
メイク落としシートを使っています。
夜遅くなり、メイクを落とす気力がないまま寝てしまうことが増えて、
完全に落ちないまでも、メイクしたまま寝てしまうよりはマシかな、と。

でも、日々の努力が、素敵な大人の女への階段なんですよね。
使い終わったら、今度はちゃんとしたクレンジングを買おう……。

第151号 敬語、使ってる?

年上の男の人に、敬語を使われるとドキッとするの。たいていの男の人は使っ
てくれないからです。初対面でも敬語を使わないどころか、いきなり命令形で
話してくる人も少なくないんですよね。相手が若い女の子だと、特にそういう
傾向があるみたい。

あたしから見たら、とっても上の立場にいるMさんに、「ライブにいけなくて
すみませんでした」といわれて、すごくびっくりしたことがあります。30歳以
上も年下の女性に対して、「すまない」という気持ちを感じられる心の余裕に、
感動したんだよね。

こういうふうに、どんな相手にも敬意を持って接することができる男性は、と
ても素敵だし、モテます。だって、常に敬意を払ってもらえるのは、一人前扱
いされている気がして、一緒にいて楽しいもの。

会社などで、自分より年下の女性に対して敬語を使わない男性は多い。そして
そういう人は女性集団に反感をもたれやすいです。だって、常にバカにされて
いるような気がしてしまうもの。だから、仮にその人にいい面があっても、気
づきにくいし、認めにくいから、ちょっとかわいそうなんだよね。

偉そうに振る舞うのが男らしいとか、年下に対しては敬語を使うのは女々しい
なんていう、一昔前のジェンダー意識では、こういうことはできません。だか
ら嫌われちゃうんだよね。

余裕のある大人の男は、絶対ムダに偉そうに振る舞ったりしないもの。そうい
う部分に、包容力ややさしさを感じるんだよね。(かな)

 

男性を見極める目を持つ

かなちゃんは女の子扱いされることが多い中、Mさんは違ったということね。
女の子扱いしない分、厳しいよ~。私は「そんなことも知らないのか? 経済
を執筆しているなら、もっと勉強しなければダメだ」と注意される一方、とて
も感謝されたこともあります。

厳しいだけ、やさしい(優柔不断を含む)だけの男性は多くても、こういう厳
しさとやさしさ(思いやり)の両方を持つ男性は、少ないです。

男性の中には、女性が仕事をしていることを理解できない、女性は男性のサポ
ートをするのが仕事だと認識している人もいます。加えて、女性は仕事をバリ
バリやりたいタイプと、パートやアルバイトでもいいタイプと二極化していま
すし、専業主婦になりたい人がいます。

それゆえ、どうしても女の子扱いされることが多くなります。ビジネスの世界
はなんだかんだいっても男社会なので、不満をいっても前進しません。何事で
もいえますが、相手に求めるよりも、自分を変えたほうが早いです。

30歳過ぎても、責任のない言動をしたり、受け身でいたりすれば、男性から認
められず、いつまで経っても「女の子」。そのうち、「あのオバサンがさぁ」
と裏でオバサン扱いされることになります(30、40代になっても、自分たちの
ことを「女の子」といっている女性もいますが……)。

女の子扱いされたくないのであれば、20代のうちに、いろいろな経験をして、
吸収し、早く一人前になること。そしてプロとして努力し、経験を重ねていく
こと。男社会のルールを学ぶことも大切です。女性同士は命令口調で話すこと
はありませんが、男性は信頼している部下などには命令口調を使っています。

女性として甘えることなく頑張っていれば、男性から評価・信頼してもらえま
す。加えて、男性は女性の基準でみると「ぶっきらぼう」なので、男性を見る
目を養い、言葉の裏側にある本質を理解するように心がけていると、気づくこ
とが増えます。そうすると、女性同士で「いい男がいない」などと話すことも
なくなるでしょう。(嶋津典代

 

言葉を大切にしよう

ビジネスでも、プライベートでも、
言葉は、とても大切なもの。

敬語は、ビジネスで常識だけど、
レディーファースから考えても、
女性にも、使う必要があるんだよ。

礼儀正しい男は、モテる。
敬語は、ダンディー君の最強の武器だよ。

税務署には、使いたくないんだよぉ~。(咲道

photo by Matus Laslofi

関連記事

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
ページ上部へ戻る