記事の詳細

こんにちは、かなこです。
女の子同士でモノをあげたり返したりするときって、
必ず何かの袋に入れるんだよね。
紙袋だったり、かわいいビニール袋だったり。

私も困らないように、小さな紙袋やビニール袋を集めています。

男の子は、こういう習慣ないみたい。私の場合、貸してあげたものをその
ままぱっと渡されると、すごく違和感があるんだけどな。

持って帰れないかもしれないし、
小さいバッグしか持ってないかもしれない。
そのへんの気づかいができる男性って、魅力的なんだけどな。

第81号 好きには理由がある

きれいごとナシにいっちゃうと、人間ってメリットのない相手とはつき合わ
ないと思う。もちろん「一緒にいて楽しい」というのも十分なメリット。

「この人と一緒にいるとおいしいレストランの話をたくさん聞ける」
「この人と仲良くしてるといろいろなパーティに呼んでもらえる」
のも大きいです。

特につき合う相手となると、その傾向が強まってきます。つき合うようになる
までには、たいてい何かそうなるきっかけや理由があります。

何かの事件をきっかけにお互いの心理がわかって、「あっ、この人、信頼でき
るんだ」とお互い理解しあうこともあるかもしれないけれど、そういうことは
なかなかないし、普段は見えにくい。

だから、自分でそれをアピールできる人は、モテるんだよね。こういう場合、
言葉じゃなくて行動で示せると、わかりやすくていいです。

たとえば、自分が盛り上げていない場面で「オレ、盛り上げ役なんです」って
いっても「はぁ?」って思っちゃう。言葉でいうより、相手に気づいてもらえ
るシチュエーションに持っていったほうがスマートだと思うなー。

いきなり「オレ、パソコンに関しては詳しいよ」っていっちゃうのもいいかも
しれないけれど、そういう話をしているときに、女の子が自然に「この人、パ
ソコンに詳しいのね」と気づかせたほうがアピールになります。

折角いろいろなイイ面があっても、気づいてもらえる努力ができてなくて空回
りしている人、いっぱいいるよね。もったいないー。(かなこ)

優しさ+αでアピール

男性が女性を好きになるのに、理由はないことが多い。
「好きだから、好き」。沸き起こってくる感情に素直なのに対して、女性は好
きには必ず理由があります。

「優しいから」
「彼が強引に迫ってきたから」
「彼がつき合おうといったから」
「趣味が似ているから」
「私のことをわかってくれるから」

ある意味、男性にとっては女性というだけでメリットがあるのに対し、女性に
は、何か理由が必要です。「パソコンに詳しい」も機械オンチな女性にとって
はアピールになります。

そして、初デートに応じるかどうかは、女性が「いいな」と思っていることが
カギとなります。

第53号「あなたのウリは何?」で書いたように、くわしいジャンルをきちんと
アピールできる人が「いいな」と思われる近道。トクしそうですから……。
ただし、しゃべり過ぎるとマイナス。女性にうまく話させてデータ収集して、
デートにつなげるような会話をしてね。

女性は優しい男性が好き。初デートで「優しい人」と思せるのは、実は簡単。
何度か書いているように、相談したり、好みを聞いたりする。「時間大丈夫?」
などと気配りすれば、優しい人になります。

加えて、話の中で女性が男性に求めるのは、次の3つ。
「好きだといってくれる」
「知らないことを教えてくれる」
「ほめてくれる」

これが入った会話ができれば、進展する可能性が大です。「好きだといってく
れる」のは、初デートではダイレクトにいうよりも「好かれているんだ~」と
女性に感じさせたほうがベター。特別扱いしていきましょう。

初デートで「次はいつ会える」と聞いて、彼女の感触を確かめながら、2~3
回目のデートで「つき合いたい」などという。こうしたステップを踏んでいけ
ば、「いい人だけど……」にはならないはずでず。

口説きの台詞は、なかなか恥ずかしくていえないものですが、ほめ言葉と同じ
く、いった者勝ち。モジモジしていては前進しません。

恥ずかしければ、酒の勢いでもいいです。女性はいわれたい。まずは、気持ち
を言葉にすることに慣れていきましょう!(嶋津典代

楽しくつき合う

つき合うには、理由がいる。
そうだよね~。

おいらが思うに、一緒にいたい人になるのが、
一番だと思う。

食事が楽しい。
会話が楽しい。
買い物が楽しい。
デートが楽しい。
同じ趣味がある。
一緒にいるだけで、楽しい、癒されるって感じかな。

まずは、
「好きだから、つき合ってください」
って、最高のプレゼント、贈ってあげてね。

品川アクアリウム、一緒に行ってくれないかな~。(咲道

photo by sarah jcb

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。