記事の詳細

こんにちは、かなこです。
この間、友だちと某有名デパートに行きました。

なかでも1階の化粧品売り場には、ビューティー・アドバイザーさんがたくさんいて、いろいろなメイクの話が聞けて楽しいのです。

化粧水とアイシャドウを買いました。
新しい化粧品が増えると、メイクが楽しくなるんだよね。

私は、普段あまり高い化粧品を使っていないけど、やっぱり高いと発色も色ののびも全然違います。

第78号 好みを聞かれるのは、うれしい

好きな人にはいろんなこと聞かれたいし、自分のことをもっと知ってほしい。
だから、デートの前に、
「どこに行きたい?」
「何が好き?」
「ここに行きたいと思っているのだけど、どう思う?」
というふうに「どうしたいか」を聞かれるのはすごくうれしいです。

リードしてもらうのは楽しいけど、私の意見を聞かないで、がんがん進められると、ちょっとキツイ。リードするのとオレオレ君になるのは、違うんだよね。

たとえば、「月曜日は、大事な会議があるから、日曜は早めに帰ってゆっくり休みたい」と思っているのに、私の都合を考えずに「日曜の18時から○○(家から遠いところ)で会おう、お店も予約しておいたから」といわれても困っちゃうわけです。

「私のためにやってくれているのはうれしいけれど、肝心の私の都合は聞いてくれないの?」と思っちゃう。

彼女に内緒で予約して驚かせたいというサプライズデートもありなのかもしれないけれど、ハズす可能性もあるよね。ハズしちゃったとき、つまり彼女の予定とそのサプライズデートの予定がかみ合わなかったときが難しい。

女の子からしたら、自分のことを考えてくれているんだなと思うと断りにくいけれど、同時に自分の予定を考えてくれていないんだなと思って、もう会いたくなくなってしまいます。

だから、初めてのデートでは絶対これ、やらないほうがいいよね。お店を決めるときなど、逆に
「○○ちゃんの行きたいところだったらどこでもいいよ」
「○○ちゃんに任せるよ」
ばかりだと、女の子は主張するのに慣れていないので疲れます。

ある程度候補を確保しておいて、彼女が迷うようなら、
「ここがいいと思うんだけど」
と提案できるようにしておくとベストだよね。

「リードする」ことと「オレ・オレモードになる」こと、ごっちゃにしている人多いと思うんですが……。のりよお姉さん、どうですか?(かなこ)

相談しながら決めるのがベスト

そうなのよね~。男女のコミュニケーションギャプが起きやすいところです。
男性は「いわなくても、わかる」というのがうれしいのに対し、女性は「好みを聞かれたい」――。

聞かれることで愛情を感じることができるのです。

男性は馴染みの店では「いつもの」というだけで、好みの料理が出てくる――。
床屋では、何もいわなくても、いつものように散髪される。

一方、女性はいつもの美容院でも「今回どうしますか?」と毎回聞かれますし、「お任せ」よりも、細かく要望をする人のほうが多いです。

ところで、女性の口癖として「なんか~」があります。「なんか食欲がない」とか「なんか気分が乗らない」などと使い、そのときの気分を重視。とくに生理のときには情緒不安定になります。

加えて、女性同士は必ず相談しながら決めます。
「どこの店に行こう?」
「なんかむしゃくしゃしているから、パーっと騒げるところはどう?」
「うん、いいね。じゃあアミューズメント系レストランは?」
「それ、いい!」

ひとりが一方的に決めるということはありません。お互いに希望を出し合い、合意のうえで、行動をともにします。

好みを聞かれないで、男性が一方的に決めるのは、特別扱いされていない気がするのです。「この店に行こうよ~」といわれ、その店が好みと合致していれば非常にうれしいのですが、“にわか仕込み”だと失敗しやすいといえます。

というのも、女性誌では飲食店情報は定番。また女性同士で流行の店に行ったり、年上の男性から食事に誘われたりすることも多いためです。

お店をハズさないで、かつ親しくなりたいのであれば、かなちゃんがいっているように、ある程度候補を決めて、彼女に選ばせるのが得策。

彼女が喜ぶと思って……と決めるよりも、相談しながら決める。何度もメールしあうと、初デートのドタキャンも避けることができます。つき合うまでは、とくに慎重にしてくださいね。

お店でも、「何食べる?」「次もビールでいい?」「時間、大丈夫?」などと面倒でも聞いたほうが「この人、やさしい~」と女性に思われ、次につながりやすいです。(嶋津典代)

準備なければ、玉砕

グルメな女の子に、グルメを振る舞う(^^;
きっちり準備しなければ、玉砕確実だね。

まずは、好みを聞いて、相談しようね。

次に、雑誌やインターネットを活用しよう。
Yahoo!グルメ( http://gourmet.yahoo.co.jp/ )などの情報源の使い方、押さえておくの大切だよ~。

最後に、おもてなしの心を、忘れずに!
いつもレディファースト。遅刻も、いけないよ。

たまには、中華のフルコースは、いかがですか~。(咲道)

photo by Extravigator.com

関連記事

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
ページ上部へ戻る