記事の詳細

こんにちは、かなこです。今まではクールなモノトーン(白黒の色合いのことね)の服や、濃い色のかっこいい服装にあこがれていたのですが、私そういうの全然似合わないんですよね。なんだか服はかっこいいのに、私が着るとなんだか制服ぽくなってしまう(泣)。

最近は素直にひらひらや花柄、かわいい感じの服を選んでるんですが、そのほうが内面とあってていいみたい。でも冬が近づくと、くすんだ色や暗い色の服が増えて、なかなか似合うのってないんですよね。だからつい、白以外のきれいな色の服を見つけると、買うしかないかなと思ってしまう。秋だからっていって、すべての人が秋色が似合うわけではないのにね。

第54号 女性が喜ぶプレゼントとは?

大切な人に、プレゼントしたことありますか?
大切な人にプレゼントするときの楽しさを知ってますか?

これって、習慣だと思うんですよね。誕生日のプレゼントとかではなくても、たとえば母の日や父の日に、ただお決まりどおりにカーネーションやバラを送るのではなくて、普段の生活から「きっとこの人はこれが好きなんだろうな」「これ
をあげたら喜んでくれるだろうな」という気づきがあると、自然とプレゼントしたくなるし、相手の喜んでくれることがすごくうれしいし楽しい。

プレゼントって、普段からどれだけ相手のことを見ているか、相手の喜ぶツボを心得ているか、っていうことがわかっちゃう。こわいですよね(笑)。でも相手を見ていればわかるはずなんです。

といわれても、女の子同士の関係では普段からそういうことに慣れているけれど、そういう習慣がないと難しいかもしれないですよね。厳しくいってしまえば、そういう習慣をつけてくださいってことになってしまうけれど。

でもまぁ、無難に選ぶならアクセサリーなどいつも身につけられそうなもので、彼女がよくつけているのと似たような雰囲気のものがいいかも。たとえあまり高価でなくても、「自分のために選んでくれた」というキモチが見え隠れするのは
うれしいものです。それに、そういう部分で喜んでくれない人とは、早めに切ったほうが自分のためかも。相手の好意利用するのがうまい人っていっぱいいるしね。

彼女の趣味がわからなくても、たとえばかわいらしいかんじか、かっこいいかんじかだったらどちらかな、とか考えていくとわかるかも。かわいいかんじだったら、ピンク系のお花のかわいい感じがにあうのか、こじんまりした青のビーズの
清楚な感じがにあうのか、みたいなね。

ただ、自分があまりに欲しくないものをもらうと、やっぱりちょっと困っちゃうかもしれない。そういうときは反応にもちょっと悩んじゃいますね。のりよお姉さんはどう思いますか?(かなこ)

花束を贈る男性は好かれます

かなちゃん、男性の大半は好きな女性に対し、かわいらしいと思っているの。
多くの男性はプレゼントをすることに慣れていないから、かわいらしい「ラブリー」なものを贈るのよ~。

それに対し、かなちゃんが冒頭で触れているように、20代~30代前半の女性はカッコイイ女性に憧れがあるから、似合う、似合わないは別にして、「クール」な格好をしたがるのよね~。この世代でラブリーなものを好む人はなかなかいないのではないかしらん。

女性同士だと、「これ似合うと思って」と贈られたものは、さすがによく見ているから、「私の好きな色だわ」とズバリです。

男性は女性同士ほど、観察できないし、気配りもできません。それゆえ男と女では、プレゼントでもギャプがあるわけです。

男女の場合、まだつき合っていない(SEXしていない)ときに無難なのは花。NYでは、花束を抱えている男性を何人か見かけましたが、日本人の男性は恥ずかしいみたいですね。でも、それを乗り越えて、花を贈ることができる男性は絶対に素敵ですし、好かれます。

つき合っているのであれば、お誕生日やクリスマスなどには、身に着けるものが喜ばれます。とくにジュエリー、たとえばピアス、ネックレスなどがおすすめ。女性がかわいい、カッコイイのか服装などを見て、合うものが贈れるのがベストです。

一方、女性は気に入らないものをプレゼントされたときには、「こういうものならば、もっとうれしい」といってね。じゃないと、男性が否定された気分になって、プレゼントしてくれなくなるから……。注意してね。

なんでも、聞こう

プレゼントって、ちょ~難しいんだよな~。何度、失敗したことか(T^T)

みんな趣味や好みが違うので、自分がいいと思うものが、相手がいいとは、限らないってこと、まずは、理解しよう。

普段の会話の中で、好きなものやほしいもの、聞いておくのが、まずは基本だよ。

そして「誕生日のプレゼント、なにがほしい」って聞くのが、やっぱり王道だと思う。絶対、間違いがない(^^;

一歩間違うと、みつぐくんになっちゃうんだよなぁ~。(山田咲道

関連記事

ページ上部へ戻る