記事の詳細

こんにちは! 春菜です。
9月から土日休みになりました(^V^*)
友人とも休みが合いやすいからやっぱりいいですね。

平日休みの時は、買い物にいくと
空いているので便利でしたが、土日に飲むときは
翌日仕事なので思い切り飲めないのが
やっぱり寂しかったです(>m<;)

仕事内容よりも休みの時間をいかに充実させるかで、仕事も頑張れちゃいます。
第425号 大事なことは直接伝えよう

女の子とちょっとしたことで、もめてしまった。そんなときに、ちゃんと自分
の言葉で直接思いを伝えていますか。

2人の今後にかかわるような重大な内容であれば、メールや電話ではなく、直
接会って伝えることをおすすめします。信頼性は「メール<電話<直接会う」
と変わっていきます。

私は、過去に彼氏と会うためにアルバイトの時間をずらし、時間をつくってい
たのに、たった1通の彼からのメールでドタキャンされたことがありました。
いろいろと理由があったので仕方がないけれど、せめて電話で理由を説明して
ほしかったなと思います。

その約束までに何か2人の間でケンカなど問題があったのならば、それが原因
かなと考えることができますが、いきなりそっけないメールで「今日は無理」
と伝えられたのでは、自分ひとりで落ち込んでしまいます。どういう状況で、
なぜ自分と会うことができないのか、考えれば考えるほど不安になります。

メールでは、あなたがフォローのつもりで送ったものさえも女の子にとっては、
「わざとらしい」「本当に自分で打ったの?」と誤解されることもあると思い
ます。

そうならないためにも、ちょっと言いにくいことでも女の子と会う時間をつく
って話してあげてください。1日24時間あるのだから10分でも15分でも時間は
つくれるはずです。直接会って話すことで、あなたの思いも真実みが出て、よ
り女の子に、安心感を与えることができます。(春菜)
愛情表現は会っているときに

以前に、同僚を女友だちに紹介したことがあります。それがきっかけで、つき
合いに発展。しかし、3カ月ぐらいで別れてしまいました。当時はメールがな
く、電話で別れを告げられたそうです。

女友だちは、別れる理由がわからないといっていたので、同僚にその理由を問
いただしました。しかし、彼は何もいわない。その当時は、なんで話し合わな
いんだろうと思ったものです。

いまだと、職場の仲間の行ったことは理解できます。話しても無駄ということ
はあります。理由をいわないことは、男性の優しさだとわかりました。

話しても無駄ということでは、つき合ったあとに価値観の相違が明らかになっ
たとき。絶対に受け入れられない考え方をしていることがわかった相手だと、
話し合っても変わるものではありません。

何をいっても受け入れることはなく、弁解や自己正当化に始終することになり
がちです。別れを決めているときには、会って感情的になるよりも、論理的に
考えられるメールで伝えたほうが私はいいと思っています。こちらは人それぞ
れで、どれがいいとはいえないのではないでしょうか。

一方、「好きだよ」などメールでは伝えるのに、直接は言わない人もいます。
こちらは、会ったときに直接伝えたほうが女性は感激するでしょう。

さらに「今日は楽しかった。次はいつ会える?」といったことを別れたあとに
メールする男性はけっこういるようです。これも別れ際に言ったほうが、女性
は数倍喜ぶはずです。(嶋津典代
心地よい言葉は直接言おう

こういうのって、数学のように「正解はこれ」みたいのが「ない」んだよね。
相手の性格などを鑑みて「どういう方法で伝えるのがベターか」ということに
なると思うんだ。

そういうときには、決して自分はこのほうが心の負担が少なくてラクだから、
この方法を選びたい、という気持ちは抑えておこうね。

女性には「愛情表現は直接言うほうがより効果的」なので、メールでも悪くな
いけれど、会ったときに言ってあげるとさらに喜ばれます。嶋津さんが書いて
いる「今日は楽しかった。次はいつ会える?」を最後に伝えて、「喜ばない女
性はいない」。これは真実なので、お忘れなきように。

これができない人は、デートのあとの帰りの電車の中から、こういうメールを
必ずしたいものです。

愛情表現は心地よいので何度でも言ってもらいたいし、その都度キミの愛情を
確認したい、という女性の気持ちを是非とも理解しましょうね。そうすれば、
キミはますます好かれます。(マッキー)

2011/11/22

photo by Irina Patrascu

関連記事

ページ上部へ戻る