記事の詳細

こんにちは、かなこです。この前、靴を何足か買いました。私は結構歩くし、しかも歩き方がちょっとおかしいらしく、靴底を修理するでは済まないくらいにすり減ってしまうので、ワンシーズン持てばいいほうなんだよね。

いい靴を買って長くはけばいいのかもしれないけど、パンプスやミュールは、毎シーズン素敵なのが出るしね。足元に気をつかってる人っておしゃれなかんじがする。

第42号 女性に慣れているヒトが好き・会話編

女性に慣れている男性って、人気あるよね。一緒にいて、楽しく過ごせそうな感じがする。話していても楽しませてくれるし、彼にするにも人気がある相手の方がいいと思う女の子も多いと思うしね。

具体的に、どんなところを見て、女性に慣れていそうだな、と思うかというと色々あるんだけど、今回は会話をしていて感じることについて書いてみようと思います。

例えば、きちんと名前で呼んでくれるかどうか。名前で呼ぶのって、慣れるまで結構恥ずかしかったりするんですよね。男同士だと、「おい」「お前」といい合ってたりするし。話していて「あなたは……」と名前をいわずに話を進められると、女の子と話しなれていない気がします。だって、女の子は「あなた」
「キミ」とかいわれるのが嫌いな子が多いもん。

それから、すぐ自分の話になるヒトはだめね。話を膨らませられずに、自分のがんばりやすごいところを知って欲しい、というヒト。ヒトの話を聞けないで自分の話ばっかりされるのってすごく苦痛。

キャバクラなら、商売だから聞いてくれるかもしれないけれど、プライベートで会う人に、オレオレ話されて喜ぶ女の子はいないです。表面上は、「○○さんてすごいですねぇ~」といっていても、「次は会わない!」と心に誓っているかも。

あと、目線がうろうろして自身がなさそうなヒトもいや。話していて不安になるし、心配になっちゃう。話に夢中になれなくてさめてきちゃうかも。目を見て話されると、「認めてくれてるんだなー」という感じがするから、もっと話したくなるんだけどね。(かなこ)

初対面が苦手だとオドオドしやすい

出会い系で知り合った男性とはじめて会ったとき、かなちゃんのあげているような男性だと敬遠されやすいんではないかしら。一度は会えるけど、二度目が続かない。女性は、知らない男性だと警戒心が働くため、良いところではなく、悪いところばかりが目につきます。女性に慣れていない=ストーカーになるの
では? という意識も働きます。

それでは、どうして女性に慣れている男性がいいのかを考えてみましょう。男性は処女願望、女性を自分の色に染めたいという気持ちがあるのに対し、女性は男性に染められたい――。「教える、教えられる」にも、男女の違いは出ています。男性は教える、女性は教えられるほうが、抵抗感がないはずです。

そして、女性には白馬の王子様願望、カッコよくて、スマートな男性が迎えにきて幸せにしてくれるという、いつまでも夢見る少女のようなところがあります。

女性も稼げるようになった現代では時代錯誤のような考え方ですが、映画「プリティウーマン」も、これをモチーフにしていますし、少女小説や少女マンガにも多いです。

少女小説や少女マンガには、女性に慣れていない男性は出てきません。必ず男性がリードする。会話、行動……。もちろん、いまでは「オレについてこい」ではなく、「やさしさ」がないとモテませんから、女性の意見を尊重しながら、リードできる男性が理想とされます。男性から見ると、「あんな男がなぜ?」
という人がモテたりするのです。

恥ずかしがり屋のモジモジくんのほうが誠実、浮気で悩ますようなことはなくても、女性にはアピールしない。そして、女性は、男性を「いい男」にするという発想にもならないのです。

初対面が苦手な人は紹介、異業種交流会や英会話のようなスクールを出会うきっかけにするのがおすすめです。男友だちが習っている陶芸は、9割が女性で男性は数人しかいないそうです。(嶋津典代

少年少女時代の刷り込みが大きい

そうなんだよな~。

どうしてそうなっちゃうかというと、嶋津さんのいうとおり、少女少年時代に読むマンガに、大きく影響されちゃっているんだよ。

男の子が、読む少年マンガは、イケイケドンドンくん(^^;と、モジモジくんしかいません。白馬の王子様に、お目にかかったことがありません。は~。

だから、お互いのことを理解したいなら、異性の読むマンガを読んで、勉強するのがおすすめ。正直、バカバカしいと思うと思う。でも、冗談でも、ギャグでもなく、そういう頭の構造なの。それが、現実。現実がわかれば、つき合い方も、変わるよ。

すっかり「妖精国の騎士」に、はまってしまったぞ~。(山田咲道

関連記事

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
ページ上部へ戻る