記事の詳細

こんにちは。かなこです。
大学時代から好きでよく読んでいた
エコ雑誌の定期購読が当たりました!
まさかと思っていたのですが、やってみるものですね!

ただの定期購読ではなく、その雑誌で特集される商品の使い心地を話し合うなど
様々な場で交流できる場があるそうです。
「いつかかかわってみたいなぁ~」という気持ちが
思わぬ形で実現して、どうなるのか、いまからとっても楽しみです!
第418号 ポジティブな人が好き

外見より何より、私が一番重視しているのは、ポジティブな男性かどうかです。
女友だちの多くも重視しています。

いつも2人になるとグチばかり話すような男性や、何かにつけて文句をいうよ
うな人生に喜びを感じていない男性は、一緒にいると疲れてしまいます。

2人でいるときにグチをいう男性に対し、はじめのうちは
「頑張ってるんだな」
「こんな一面もあるんだな」
「心を開いてくれてうれしいな」
「私が支えなきゃ!」
と思えますが、毎回それだと飽きてしまいます。
どんなにカッコよくて、センスがよくても魅力を感じません。

「どうせオレはダメなんだ」
という「慰めて」といわんばかりのアピールにはげんなりしてしまうんです。

自分の弱さを出すことは、決してダメなことではありません。ただ、多くの女
性にとって、それは必ずしも惹かれるポイントにはなりません。毎回それでは、
彼を励ましたり楽しませたりするのに疲れてしまい、また会いたいと思わなく
なってしまいます。

逆にいつもポジティブで笑顔が素敵で、常に良いものに意識を向けている男性
は一緒にいると、とても楽しいです。

物事や人生に対して前向きで、何かしらの目標を持っていて意識的にイヤなこ
とよりも楽しいことにフォーカスをしている男性。そして、小さなことにも小
まめに感謝する男性には、とても魅力を感じます。

たとえば、ご飯を食べるときはどこでも「いただきます」「ごちそうさま」、
ものを取ってもらったら自然に「ありがとう」がいえる。そんな日々の感謝の
積み重ねが、その人の魅力を感じるきっかけになります。男の人の強さって、
そういう日々の小さなことから出てくるんだと思います。

大きいことをいったり、ときどきすごいことを行うのは誰にでもできます。で
も実は、日々小さなことに感謝して生きていくことはとても難しくて、それこ
そが自然に人を前向きな意識に変えていくのではないでしょうか。(かなこ)
 リスクを考えられる?

小さなことに感謝できる男性、いいですよね。女性の手料理をごちそうになっ
たときに「いただきます」「ごちそうさま」をいわない男性に対して、違和感
のある女性はけっこういるのではないかしら。男性に飲食店でごちそうになっ
た女性にも同じことがいえます。

何かしてもらったことに対する感謝は、まず言葉にして伝えること。言葉がな
いと、「当たり前」だと思われ、良い関係が続かなくなります。

本題の「ポジティブな男性」は、ネガティブな男性よりももちろんいいのです
が、ポジティブだけではうまくいきません。攻撃だけではなく、守備もできな
いと、試合に勝てないのと同じく、リスクを考えていないと、突発的なハプニ
ングが起こったときに対応ができなくなります。それこそ「想定外」といって
終わってしまいます。「想定内」であれば、余裕のある言動をとることが可能
です。

とはいえ、プライベートでは、ビジネスほど「リスクマネジメント」を意識す
ることはなくても、離婚も珍しくない現在。人の気持ちは変わりますから、恋
人と別れるリスクは常にあるということができます。

恋人との良好な関係を維持したいのであれば、大切にすること。ずっと関係が
続くと安心しきっていると、わがままになったり、粗末に扱ったりすることに
もなりかねません。つき合いはじめのような緊張感を持ちながら、信頼感のあ
る関係が理想でしょう。(嶋津典代
スーパーポジティブ君はイヤっ!

ポジティブな人、素晴らしいと思います。そして、自分もポジティブな人間に
なりたいと思っている。これは事実。心はいつもプラス思考。失敗しても、嫌
なことがあっても、落ち込むことがあっても、いつも前を見ている。

いかなる場面でも自分の主張や意見を持っていて、強い意志があって、これを
前向きに発言する。
「人間の目がどうして前を向いているか知っているかい? それは、たえず前
を見続けるためさあ~。過去のことなんか忘れて前に進もうじゃないかあ~」

でもね、こういう人って人間らしくない。人間は「喜怒哀楽」があるから人間
なのであって「喜喜楽楽」の人って、なんとなく「胡散クサイ」し「面倒クサ
イ」の「ダブルクサイ」。

つまりね、ポジティブも度を超すとムカついてくる。いわゆるスーパーポジテ
ィブ君とでもいいましょうか、とにかくまわりのことを考えない。人を無視し
て話を進めていく。そんな人って結構いるんです。

「腹減ってきたね」
「いいえ、そうでもない」
「何食べようか?」
「だから、そんなに腹減ってないって(人の話、聞いてる?)」
「中華にする?」
「だからーっ(イラっ)。わかったわ(諦)。それじゃあ、イタリアン」
「よし、決まり! 王将に行こう!」
「……」

「こんなヤツいないよ」って思った人。冗談じゃなくて結構います。
この手の男は、男子にもウザがられるし、女子にも好かれない。一緒にいるだ
けで面倒くさい。だから、遊びにも誘わない。

とにかく、ミディアムポジティブ君はいいけど、スーパーポジティブ君になら
ないよう気をつけましょう。(嘉瀬)

2011/10/04

関連記事

ページ上部へ戻る