記事の詳細

こんにちは。かなこです。
いまさらですが、動物占いにハマっています。

誕生日から調べる占いって、当たるわけないと思っていたけど、統計学といわれると当たりそうな気もする。

性格はその人が生きてきた中で少しずつ変わってくるとは思うんだけど、もともと持っているものもあるのかなーと思いながら楽しんでます。


第414号 ちょっとしたプレゼントのすすめ

プレゼントをもらうのは、うれしいもの。たとえばメッセージカードや小さな花束、有名店の小さなお菓子などをもらったら、うれしいと感じる人は多いんじゃないかな。

いつも私がお世話になっている調律師さんは、お子さんがいる家庭の調律の際にメッセージカードを渡しているといっていました。お子さんにすごく喜ばれるそうです。同じように彼女を喜ばせたいときには、デートのときに小さなプレゼントと一緒に一言メッセージを渡す。そうすると、彼女の印象はぐっとアップするんじゃないかしら。

プレゼントすることの利点は、相手にいい印象を与えるということだけではなくて、「彼女は何が好きかな」と常に考えるクセがつくことなんです。「プレゼントをあげる」という明確な目的があると、彼女が何が好きか、何に興味があるのかということに気づきやすくなるんですね。

ここで注意してほしいのは、3000円以内のお手ごろなものにしておくこと。高価なものをプレゼントするのはおつき合いが始まってからにしてくださいね。
いきなり高いものをプレゼントされるとびっくりしますし、おつき合いすることにならなければ無駄になってしまうので!(かなこ)
 デートの2回目か3回目に贈る

女性とデートできても、なかなかつき合うまで至らない人は、ちょっとしたプレゼントを活用してみてください。

口下手な人、親しくなるのに時間がかかる人(初対面が苦手な人)は、女性に気持ちが伝わりにくい。言葉で表現できなくても、プレゼントを渡すと「私、好かれているのかも」と女性に思わせることができます。

そのときには「かわいいもの」を選ばないように注意してください。男性の選ぶ「かわいいもの」は、女性から見ると子どもっぽく、あまりうれしくないプレゼントとなりがちです。彼女を喜ばせることが目的なのに、これでは目的を果たすことができません。

さらに、何度も会っているのであれば別として、パーティやネット、合コンなどの出会いだと、「彼女が何が好きか、何に興味があるのか」からプレゼントに結びつけることは難易度が高くなります。

そのため、かなちゃんが最初に書いている小さな花束、有名店の小さなお菓子などが無難。これらであれば、ほとんどの女性を喜ばせることができるはずです。小さな花束は1000円以下で購入できます。つき合う前ならば、お菓子も1000円前後で十分です。このくらいのものならば、女の子も気軽に受け取ることができます。

それをデートの2回目か3回目に贈るのです。このタイミングで贈るのは、男性が口説かないと、女性に男性の気持ちが届かず、デートするのが女性は面倒になって、自然消滅になりやすいためです。プレゼントをすることで口説けなくても、次につなげやすくなります。

ブレゼントを贈ることに慣れていない男性は、花束よりもスイーツのほうがおすすめです。百貨店の食料品売り場では800~1200円ぐらいで、女性のバッグに入るぐらいの「小さなお菓子」が入手できます。(嶋津典代

渡すときはさりげなく

おいしいお菓子の情報はテレビや雑誌、ネットに溢れているので探すのは簡単になりました。スイーツの購入場所はデパ地下以外にも、ネット通販もあるので居住地や時間帯にしばられずにお買い物できます。

「小さな花束を買って、持ち歩いて渡す」のが、ちょっと恥ずかしいなと思う人は、スイーツ類が手ごろでオススメ。

あとは「渡すタイミング」と「なんていって渡したらいいか」だよね。
ボクは「デートの前半で渡しちゃう派」です。

「これ△△屋のスイーツなんだ。気に入ってもらえるとうれしいな」
などと、さりげなくいって渡します。

「手に入れるの(買うの)大変だったでしょ?」
とか聞かれても、そのときは平然を装います。

デートが重なっていき、スイーツの話が出たときに「実はあの時のスイーツの入手は結構大変だったんだよ……」って感じで入手時の苦労話をすればいいの。
きっと君の株は上がることでしょう。

くれぐれも「ボクとつき合ってください」といってお菓子を渡さないように、気をつけてね。(マッキー)

2011/09/06

photo by Stefano Mortellaro

関連記事

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
ページ上部へ戻る