記事の詳細

こんにちは。春菜です。
学生時代に部活動に励んでいた私にとって、週2日もお休みがあるのって、すごい開放感。

せっかくの時間なので、ただなんとなく過ごすのはもったいないので資格に挑戦!!

フードアナリストを受けてきました。
やっぱり自分の好きなことで、能力を生かせたら最高ですよね。遊ぶのが一番ですが
たまには、勉強して資格も増やしていくぞ。

第404号  実は見てるんです

「今日は時間がないからいいや」
そろそろ伸びてきたヒゲ。剃ることが面倒くさくて放置していませんか。

きちんと整えられて伸ばされたヒゲは、清楚な感じがしますが、明らかに「剃り残し」とわかるものは、女の子の目にも、とまっているんですよ。

ヒゲが好きな女の子、嫌いな女の子、好みは別れますが基本的にその人に似合っていれば、ヒゲはマイナスポイントにはなりません。しかし、それが、故意
に伸ばしているのか、過失で伸びてしまったのかで女の子に与えるイメージはまったく異なります。

私もそうですが、剃り残しのヒゲは、自然と目がいってしまいます。「だらしないなぁ」とヒゲだけで勝手にその人のイメージがつくのです。実際はマメで
部屋がきれいでも、ヒゲだけで不潔なイメージを与え、良い印象を持つことができません。

もし、ヒゲ剃りをいい加減にしているのであれば、気をつけて鏡で確認してみてください。「あの人、ヒゲ剃ったらカッコいいのに」と、女の子から思われている可能性は十分あります。

本当はモテル要素を持っているかもしれないのに、「めんどくさいなぁ」とヒゲ剃りをし忘れただけで、可能性を減らしてしまうのはもったいない。「どうせオレなんて見られていないだろう」。いいえ。実は見てるんです。(春菜)

プラスの行動でアピールしよう

女性は男性よりも細かいところをよく見る傾向があります。身だしなみでいえば、ヒゲのほかにもボーボーに伸ばしっぱなしでつながった眉毛や、Yシャツの首襟の汗染み、寝癖など。

また見ているのは悪いところだけではありません。例えば髪を切ってカッコよくなったとか、今日の服装が似合っているとか、カッコいい靴を履いている、靴とベルトを合わせている、アクセサリーをつけているなど、細かいオシャレに女性はよく気がつきます。

女性のファッションは男性と比べてバリエーションがすごく多いです。普段から、髪型から靴、バッグ、タイツ、服の柄、服をどうやって合わせているかなど、細かく見てファッションをチェックしています。女性同士はファッションのこだわりなどをほめあって仲良くなるので、自然と細かい点に目がいくようになるんですね。

とはいえ、細かいところまでいちいち気を配るのは本当に大変! よほどファッションが好きだったり、コミュニケーション能力が高ければ別ですが、女性
のように細部まで気を配るのは、男性には難しいのではないでしょうか。できるのはホストやディズニーランドのキャストくらいなんじゃないかな?

それよりも最低限の身だしなみだけきちんと清潔にして、あとは何かプラスの行動をすることでアピールする方がオススメです!

プラスの行動とは、簡単にいえば思いやりです。お年寄りなどに席を譲る、ドアを開ける、料理を取り分けなど。行動の対象が女性でなくても、そういうことをしている人だということは伝わりますし、続けていれば「あの人優しいよね」という評判になります。ファッションにすごくこだわっているオシャレな人よりも、思いやりがあって誠実な人のほうに私はひかれるなぁ。(かなこ)
 

「センスがない」はチャンス

作家をやりながら、社会保険労務士もやっている嘉瀬です。今回から、書かせてもらうことになりました。オフ会にはもう何度も参加しているので、名刺交
換した方もいらっしゃることでしょう。いつも端っこで目立たないようにしているので知らない方も多いかもしれません。ただのオッサンですが、よろしくお願いいたします。

ボクは、ものすごくずぼらです。髪の毛はぼさぼさ。
洋服は無頓着。性格もダラダラ。
それはいまも若いころも変わりません。
女の子に「センスないね」って、どれだけいわれたことか……。

でもね、「センスないね」は、ボクの経験上チャンスです。
だって、ボクのセンスに着目してくれた上で「ない」って
断言してくれているわけでしょ。
ボクに興味がないわけじゃない。
むしろボクに興味がある(いいぞ、いいぞっ! このプラス思考)。

そんなとき、ボクは決まって、
「じゃあさあ、オレのセンスを良くしてよ。
どんな洋服が合うのか買い物につき合ってよ」って、
切り替えしていました。

こうなったら、だいたいの女の子は、
「いいわよ」って
張り切って了解してくれます。

ほら、デートの約束を取り付けることに成功したでしょ。
あとは清潔な身だしなみで女の子とのデートを楽しむだけです。(嘉瀬)

2011/06/28

photo by TimOve

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。