記事の詳細

第376号 一人で飲食店に入れない!?
帰りが夜遅くなって、お腹がすいたなと思ったら、私はたいてい家で食べるか、
何かを買って帰ります。「食べて帰ろう」と思うことはほとんどないです。ラ
ンチならばレストランに行くこともあるけど、一人ならファストフードなどで
簡単に済ませることが多いです。

友だちと一緒ならば「どこで食べようか」ということにもなりますが、一人だ
とそうならないのは、なぜなのか考えてみました。

まず、一人でおいしいものを食べたいと思わないんですよね。一人で食べても
話ができないので、つまらない。また、おいしいと評判のカフェに行きたいと
思ったら、一人ではなく、友だちを誘って一緒に行きたいと思うもの。

「これ、おいしいね!」とか「このお店いいね」、「この前こんなことがあっ
てさ……」など、会話しながらの食事が楽しいし、そうでなければ、おいしさ
が半減する気がします。

もうひとつは、一人でお店に行くということ自体が、友だちがいない寂しい人
みたいで苦手ということ。まわりの視線が気になるんですよね。そう見られて
いる気がするだけで、実際は誰も気にしていないかもしれないのですが、どう
も女性のグループ行動に慣れていたせいか、まわりの目線が気になります。

友だちのM子ちゃんは、おなかがすいたら一人でも、イタリアンやラーメン屋
さんに行くなど、まったく気にならない様子。人によるのだとは思いますが、
私みたいに「おひとりさま」はちょっと苦手、という女性はまだまだ多いんじ
ゃないかなあ。(かなこ)
女性のタイプを知るモノサシになる

男性だと、一人で飲食店に入れない人はいないですよね。お腹が減ったら、牛
丼屋や定食屋など、ふらっと入る。一方、年齢関係なく、一人で飲食店に入れ
ない女性は結構います。私の母も、かなちゃんと同じようなことをいって、一
人では決して外食をしません。

私は昼や夜の混んでる店に一人で入るのは抵抗感がありますが、すいている時
間帯なら、イタリアンや中華など、食べたいものを食べに行きます。ラーメン
やそばなどは、一人のほうが気楽でいいです。

一般企業に勤めていた20代前半のときには、同期とランチをしていましたが、
週に一度ならばともかく、二、三度もグチや文句を聞きながら、お店で食事を
するのが苦痛になったので、昼前に外出。1時過ぎに一人で食事していました。

ところで、男性に好みのタイプを聞くと、「甘える女性がいい」「自立してい
る女性がいい」と分かれます。このどちらのタイプかを簡単に見分けられるの
が、一人で飲食店に入れるかどうかなのです。

焼き肉でも、フレンチでも、どこでも一人で食べに行くという女性は、超自立
しているタイプ。甘えるのが苦手かもしれません。

ファストフードしか一人で入れないという女性は、甘えるタイプ。つき合って
いくうちに、重くなるのもこのタイプかもしれません。

初対面の女性と何を話していいのかわからないという男性は、この話題を振っ
てみてください。女性のことを知ることができるうえ、飲食店の話は盛り上が
りやすいです。(嶋津典代


得意分野のお店に案内しよう

確かに牛丼屋などでは、めったに女性の一人客は見かけません。では、行きた
くないのか? というと、そうでもないんですね。「行ってみたいけど、一人
では入れない」というのが真相みたい。そういえば、牛丼屋さんに入ったこと
のない40代の女性も結構いましたからねぇ。

そうなるとキミの出番。たまにはリーズナブルで、おいしくて、お腹がいっぱ
いになるお店に女の子を案内してみませんか。これなら得意でしょ(笑)。

他にも、ガード下の焼鳥屋さん、屋台のおでん屋さん、もつ焼き屋さん、回転
寿司、割烹料理のお店、立ち飲みスタンドなど、いろいろあるよ。

女の子の行けなかったところに連れていってあげると、頼もしく思われること
必至。ただし、こういうお店は、はじめてのデートじゃなくて、2度目以降の
デートに使いましょうね。(マッキー)

2010/12/14

photo by Jochen Spalding

関連記事

ページ上部へ戻る