記事の詳細

こんにちは、かなこです。最近、ファンデーションをパウダーからリキッドに変えたら、やっぱり全然肌質が違って見えて、ほんとにびっくり。

私の場合、電車の中で、つい見とれちゃうのはやっぱり肌のきれいな女の人。
朝からきちっとしてる人を見ると、なんだかこっちまで気分がしゃんとするような気がして、いいですよね。

ただリキッドファンデにするとちょっと時間がかかっちゃうから、前より朝の準備に時間がかかるようになってしまいました。でもまぁ、そのおかげで朝か
ら自己満足に浸れるので、それもまたいいかなぁと思ってます。おしゃれもメイクも自分のために。

第37号 彼女の変化をどう見てる?

男性のみんなは、初めて会ったときや、デートのときなど女の子と会ったときに、どんな声かけをしてる?

よく、「髪を切っても気づいてくれない」なんていう女の子がいるけど、まさにそれ。女の子は、自分のちょっとした変化にも、気づいて、かつコメントして欲しいのです。

どうして、そうして欲しいかっていうと、そうしてくれる男の子が少ないんですよね。逆に、それができる女の子はとても多いのです。

女の子同士のグループで、これができないと命取りです。「自分が変わったのに、それについてコメントしてくれない」ということは、「その子と仲良くできない。なんか気に食わないのでわざとコメントしない」ということだと思われてしまう。こうなってしまうと、グループの中では、なかなかうまくいかなくなります。

自分の変化に気づいてもらえるのって、すごくうれしい。女の子同士は「いってもらってうれしいポイント」が同じ。つまり自分の変化に気づいてもらえるのがうれしいから、お互いにそれをいい合えるのですよね。

でも男の子はこれがわからない人が多いみたい。でも、そんなに難しいコトをいって欲しいわけではないのね。たとえば……。

「髪の色変えた? すごく似合ってる」
「ちょっとやせたよね? どうしたの?」
「今日の服、いつもと雰囲気が違うね、かわいいよ」
「最近元気なさそうだけど、大丈夫?」

こんなかんじでいいんですよね。いつもと違う自分を演出しているとき、自分が気をつけていること、自分が落ち込んでいるときなど、自分がちょっといつもと違うときは、それに気づいて欲しい。いつもその子の様子を見ていれば、わかってくることだと思うんだけど。(かなこ)

ちょっとした変化に敏感な男性はモテる

女性のちょっとした変化に気がついて、それをいうことができる男性は、仕事ができるし、モテる男性です。

気がついてもいえない男性のほうが多いんじゃぁないかな? 数年前に「どうしていわないの?」と50代の男性に聞いたことがあります。「気があると思わ
れると思われるのがイヤだから」といっていました。この程度で、女の子は気があると思うことは、ありません。

違う50代の男性に聞いたところ、「興味がないと気がつかないんだよね」。
「ふーん、男性ってそういうものなのか。つまんないの」と感じたことを覚えています。

かなちゃんがいうように女同士では、会ったときに何かほめたり、心配するのは当たり前なんですよね。天気の話なんてしません。

会社や学校のような毎日会う関係であれば、髪型が変わったときには、必ずいう。頻繁に会う友だちならば、洋服やバッグなどを「似合ってるね」「それか
わいい」とほめたり、「どこで買ったの?」などいう。たまに会う友だちであれば、太った、やせたから、きれいになったまで、気がついたことを口に出します。

育児をする女性は、ちょっとした変化に気がつくんですね。そうではないと、赤ちゃんの世話をできません。また幼いころからの女同士の関係で、それを学んでいくのです。

男同士は違うから、慣れていないし、女性にいうことができない。でも、女性は知らないから、男性にいわれないと物足りない。カップル、夫婦では、愛情を感じられなくなります。

今は昔と異なり、会社が倒産したり、熟年離婚したりすることも増えています。
時の流れが早い現在、人や物事に対し、女性的感性である「ちょっとした変化」に気がつくこと、要するに「気づき」は重要です。

そうした「ちょっとした変化」に気がつき、いうことができれば、女性だけではなく、男性も気にかけられていると思いますから、部下や取引先と良い関係が築けますし、ビジネスヒントも浮かんできます。

山田さんは、いつも会うとファッションをほめてくれるし、髪型の変化、世の中の動きにも敏感ですよね。昔からそうだったんですか?(嶋津典代

シャイな男を、許して

う~、耳がいたい。男って、実はとってもシャイで、モジモジ君なんですぅ。
興味ないから、気づかない。気づいていても勇気がないから、ほめられない。
だから、モテない。まさに悪循環。喜んでもらえるのにね。もったいない。

ほめることが自然にできるようになるためには、勇気と訓練が必要なの。ちなみに、おいらは、女性をほめるときは、いつも手がふるえています(^^;。ほと
んどの男性にとって、ほめることは物理や科学より難しいんだぞ~。

だから、これはという男には、「女の子は、ほめられるとうれしいのよ」といってあげるのがコツ。そして、デートのはじめは、いつも「今日は、服装変えてみたの、どう?」って感じ。実に、スムーズだよね~(^_^)

おいらも、ネクタイほめられてみたいな~。(山田咲道

関連記事

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。