記事の詳細

こんにちは、はしこです。
東京に遊びに来た母と週末、鎌倉に行ってきました。
鎌倉といえば、お寺や神社のイメージが強いですが、
今回の主目的は母の好きなイングリッシュガーデン。
浄妙寺の敷地内に、洋館を改築したレストランがあります。

そこは、オープンテラスになっていて、
イングリッシュガーデンを眺めながら食事ができるのです。
ゆったりした緑の庭を眺めながらの食事は、心地よかったです。

第350号 つき合えばもっと好きになる!?
たまに行っていたカフェで働いている男性と話をするようになり、つき合い始
めたとき、女友だちのRちゃんからすごく心配されました。というよりも「ど
うかと思うよ」と反対されました。

私と彼のもともとの関係は、店員と客。「相手のことをよく知らないのに、つ
き合うってどうなの?」というのが、Rちゃんの意見。確かに、いままでに育
ってきた環境は違うし、お互いに相手のことをよく知っているわけではありま
せん。でも、お店で話をするようになって、その後、2人で食事に行って、会
話をしているうちに、「この人は信頼できそうだな」と判断したから、つき合
おうと決めたわけです。

Rちゃんに反対されたとき、彼女の考えはわかったし、心配してくれる気持ち
はうれしかったけれど、「そう考えていたら、つき合う相手はかなり限られる
のでは……」と違和感がありました。

たとえば、合コンや異業種交流会で知り合った人も、“よく知らない人”です
よね。学生時代からの友人か、職場の同僚とつき合う以外、社会人になってか
らの恋愛は、ほとんどが“知らない人”同士から始まるんじゃないかな。

相手と合うかどうかは、つき合ってみなければわかりません。相性は、一緒に
いて楽しいか、話が合うのか、波長が合うのか、といった感覚的な問題。これ
らは恋人として時間を共有して、はじめてわかることです。

学生時代から友人として仲がよかった2人が、社会人になってつき合い始め、
本人たちも友人も「あの2人だったら、うまくいくだろう」と確信していたに
もかかわらず、数カ月で別れたというケースもあります。友人としては波長が
合っても、恋人としてお互いに求めるものは違ったのでしょう。

逆に、お互いによく知らないままつき合い始めて、うまくいっているケースは
たくさんあります。

つき合いながら、どんどん好きになることもあれば、残念ながら「なんだか違
うかも」と感じることもあります。つき合ってみなければわからないのであれ
ば、あれこれ考える前につき合ってみちゃえばいいのでは?(はしこ)
つき合いながら積み上げる

私は、おつき合いしてみようかどうかというところで迷うことは、あまりない
です。そんなに好きではなくても、彼の好意を感じて「いいかもしれない」と
感じたら、つき合ってみようかなと思うことが多いです。

おつき合いっていうのは、積み上げていくもの。つき合い始めても「長く続か
ないかも」と思っていたら、本当に終わっちゃう。うまく関係性がつくれるか
どうかが重要。よく知っている人でも、一対一だとなかなかうまくいかないこ
ともありますし、つき合ってみないとわからないんですよね。

たとえば、私はやりたいことがいろいろあるので、会うときは時間をきちんと
決めて会いたいのに、元彼は約束が苦手な人でした。彼は急に入る仕事は優先
したいので、あらかじめ会う約束をしたくなかったのです。話し合った結果、
これは私が譲ることにしました。いったん譲ると決めたら、ストレスはなくな
りました。

心地よく一緒にいられるための試行錯誤を積み重ねていくことや、お互いの違
う部分をすりあわせていくことが恋愛の醍醐味。また、自分が我慢したり、譲
ったり、主張しながら、相手との関係を築いていく……。恋愛のこういうとこ
ろが自己成長につながっていくんじゃないかな。少なくとも私はそうです。

ただ、頑張りすぎると疲れてしまって、結局お別れになっちゃうので、ほどほ
どにするのが大事ですけどね(笑)。(かなこ)
恋愛の経験値を上げよう

いろいろ考えると、つき合うことができなくなります。「いいな」と思えば、
2人で会う。デートして楽しければ、つき合いに発展させることが恋愛への近
道でしょう。

つき合わないと、わからないことは、たくさんあります。友だちとは違った濃
い関係が恋人ですし、癒されることがあれば、苦しめられることもあります。
ダメだと思えば相手にきちんと伝え、それでも変わらなければ別れを選択して
もいいのではないかな。「つき合い=結婚」ではないだから、経験値が上がる
ぐらいの考えでいいのではないかしら。失敗して学ぶことはたくさんあります。

ただし、数カ月などの短期の恋愛が続くようならば、自分を振り返ることが必
要でしょう。(嶋津典代

2010/06/15

photo by MIKI Yoshihito

関連記事

ページ上部へ戻る