記事の詳細

こんにちは。かなこです。
英語の勉強にいま読んでいるのが、
ロバート・B・パーカーのスペンサーシリーズ。
私立探偵スペンサーのミステリー小説です。
高校生のときに和訳を何冊か読んだことがあったので、
登場人物を把握しているのもよかったかもしれないけれど、
会話が多くて読みやすいんです。

スペンサーが、またいい男なんですよー。
男らしいってこういうことなのかなと読みながら惚れ惚れしちゃう。
和訳の新刊も出ているので、ぜひ読んでみてね。
とっても読みやすいので、活字離れ気味の人にもオススメです。

第320号 話しやすい人が好き

いろんな人とお話をしていると、「この人はとても話しやすいな」と感じるこ
とがあります。会話の内容や受け答えでそう感じることもあるのですが、これ
については以前触れていますので、読んでみてね。

第103号 話しやすい人、話しにくい人

「話しやすいな」と感じるのは、話し方だけではないんですよね。たとえば、
話す前に目が合ったときに、無表情でさっと目線をそらされると、話す前にも
う「この人とは話しにくそう」と感じます。目が合ったときの表情があまりに
無表情や、目線が鋭いと「怒ってるのかな」「怖い人かも」と勝手に想像する
こともあります。

にらんでいるつもりも、怒っているつもりもなくても、目線が鋭い人は怖い顔
に見えてしまいがち……。責任のある仕事をしていると、自分に厳しくなり、
目線が鋭くなってしまうのかもしれません。怒っていないのに「何怒っている
の?」と聞かれたことがある人は、知らないうちに「怖い」という印象をもた
れているかもしれません。目力がつくことはとてもいいことだけれど、男性に
慣れない女性は「話しにくいな」と感じがち。

目線が鋭くても、目が合ったときにどうするかで印象は大分変わります。目が
合うと、確かに恥ずかしかったり、気まずかったりして、目をそらしたくなり
ますよね。目が合ったら、「こんにちは」と話しかけるタイミングだと思って、
実行すれば、それだけで話しやすく柔らかい印象になります。

また、冗談や笑い話をしているときに、手を叩いて笑ったり、驚いたときに思
いっきり背筋が伸びたり、身振り手振りが大きいなど、リアクションが大きい
人も話しやすいです。反応があると、会話を楽しんでいる感じがして、うれし
くて、もっと話したくなるんですよね。

普段、リアクションをしていないという人は、まず「えー!」「おぉ!」など
の感動詞をいうところから始めてみたらどうでしょう。驚いたとき、なるほど
と思ったときなどにスムーズに感動詞をいえるようになると、それにリアクシ
ョンをつけるのは、難しくないんじゃないかな。(かなこ)

男性も話しやすい人に好感を持つ

職場の6歳年下の男性と再婚した友人がいっていたのは、「話しやすかったか
らじゃない!?」でした。会社には20代前半の女の子もたくさんいて、飲み会な
どイベントもたくさんあったようです。友人は子どもがいることから、ほとん
ど参加していなかったのに、彼が選んだのは友人でした。

その他の理由があるとしても、話しやすいというのは、親しくなるきっかけと
しては大きいといえるでしょう。

初対面の男女だと、男性のほうが話しかけるのが女性の中では暗黙のルールで
すが、女性も「こんにちは」と挨拶をして、どんどん話しかければいい。また
男性に会話のリードを任せるのではなく、話を膨らませる方法を身に付けたほ
うがいいでしょう。ツンとすましている女性よりも、ずっと好かれます。

一方、「バカなことをいっても、受けとめてくれそう」と感じる男性は、話し
やすいんですよね。それは目に出やすく、目線が鋭い男性からは、それを感じ
ないので、話しづらいのです。とっつきが悪くても、親しくなると頼りがいが
あるなど、いいところがわかってきた現在では、私は積極的に話して、親しく
なるようにしていますが、苦手の女性は少なくないのではないかしら。

こういう男性は、女友だちと2人が幹事になって、飲み会などをすると「怖そ
うに見えるけれど、A子ちゃんの友だちだから、きっといい人なんだろうな」
と女性は思いますので、おすすめです。

いずれにしても、初対面のときには、誰しも緊張するもの。その緊張を「何人
と親しくなれるかな」と楽しみに変えられる人は、交友関係がどんどん広がる
のではないかしら。これは慣れと気持ち次第です。(嶋津典代

好かれる前にやるべきことがある?

犬の散歩をしていると、見ず知らずの人でも不思議と挨拶するようになり、犬
の話題でコミュニケーションを図ることができます。

また、ランニング中でも、すれ違いざまに、ちょっと手を挙げて挨拶したり会
釈するような人ができます。

両方の共通項は「しかめっつらしていない」ことですね。「相手を寄せ付けな
いぞ~」「自分の世界に入り込んでいる」という人は自然に敬遠されるのです。

もっとも好感を持たれるのは「笑顔」。明るく「こんにちは~」というだけで
も、効果は絶大というのを最近、何度も体験しています。

「ありがとうございます」も同様です。犬同士が散歩で遭遇すると、よくクン
クンしたりじゃれ合ったり、ウーッと威嚇したりしますが、最後には飼い主同
士「ありがとうございました」と別れていくのが、マナーのようです。これが
実に清々しくて気持ちいいんです。

人を寄せ付けるような雰囲気を出すのは、重要です。営業マンや接客サービス
の人たちの中には、笑顔の練習を毎朝している人もいるくらいですからね。

好意を持ってもらいたいと思うなら、まず相手を受け入れる姿勢を十分に見せ
るのが先でしょう。笑顔はかけがえのない宝だと思いますよ~。(マッキー)

2009/11/17

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。