記事の詳細

こんにちは。嶋津です。皆さんは、ゴールデンウィークをどのように過ごされ ましたか? 私は愛知県・蒲郡に行ってきました。蒲郡って、東京だとマイナ ーなようですが、クラッシックホテル好きの人ならば、おわかりですよね。蒲郡 クラッシックホテル、そして、ラグーナ蒲郡に行ってきました。

第32号 ブランドバッグへのこだわり。

電車に乗ると、絶対ヴィトンのバッグを持ってる人を見かけます。ヴィトンもエルメスも、今はそうそう珍しくないよね。きっとみなさんお気に入りのブランドがひとつはあると思うんだけど。

私もそういうブランドはひとつだけあるけど、その理由は、デザインだけでなくて、そのブランドに対する信頼性とか、修理が利くこととか、実用的であることとか……。

でもヴィトンとかのブランド品をみんなが欲しがるのは、それだけでなくて、そのバッグを持ってることが、ステイタスみたいになってるからっていうのが大きいよね。もちろん、ブランドの姿勢みたいなのに惚れてる人もたくさんいると思うんだけど。

私も、興味がなさそうなことを書きつつ、ブランドの新作とか持ってる人を見かけると、「あ、すごい、手に入れたんだ」とか思っちゃうし。やっぱり「ステイタスとしてのブランド」っていう意識は、結構定着しちゃってる気がする。

例えば合コンとかに行った時に、気に入った子がヴィトンのバッグ持ってたら「あ、この子にはそれ相応のプレゼントしないと喜んでくれないだろうなぁ」とか、思っちゃうことってないかな。そういうふうに気がつくのは、気がつかないよりはいいと思うけど。

でも、まずそのブランドのステイタスに惑わされないで、どうしてその子がそのブランドにこだわっているかっていうことに気をつけてみたらいいんじゃないかなと思う。

だってさ、高いもん。バッグ。まぁ、人からプレゼントされてる人もたくさんいると思うけどねw。そのブランドを持ってることには、何か理由やきっかけがあると思う。そういう、その子の興味や意識を知ることって、長く知り合いになればなるほど大切になってくると思うもん。

ブランドをステイタスとして意識しすぎちゃうと、逆におんなのこに振り回されちゃうかもよ~。とユミなんかは思っちゃうのですが。のりよお姉さんはどうでしょう?(かなこ)

バッグだけブランドという一点豪華主義は疑問

バッグと靴って、ファッションに合わせるので、もーう、いくつでも欲しくなっちゃうのよね。毎日持っていると飽きちゃうし……。この飽きがこないのがブランドのバッグ。大枚をはたいて買ったというのも大きいです。

バッグに興味のない女性はいないんじゃないかな。男性でもブランドのバッグについて知っている人は知っています。私は興味がない人よりも、知識がある男性のほうが、好感度が高いです。終身雇用制が崩壊したいま、自分のブランドを高めることは必要ですし、好奇心が旺盛のような気がするからです。

女性のバッグは、男性のクルマと似ています。ベンツやBMWに匹敵するのがエルメス。ケリー、バーキンは、すぐ手に入れようとすれば、100万円前後。一生モノの価値はあるから、ある意味、資産ともいえます。

次に古くならないという意味ではヴィトン。丈夫だし、修理もちゃんとしてくれる。LVのモノグラムも古くなりません。

古くならないとは「ずっと使える」ことですから、かなり重要です。ブランドのバッグは毎年、新作が出て、女性誌でとりあげられます。新作を持っていると、「私は流行に敏感な女よ」というアピールになる。ただし、男性で新作かどうかをわかる人は少ないから、女性の目を意識しているといえます。

実はこの新作がクセ者で、ちょっと前までブランドの戦略に踊らされていました。プラダやフェンディ、グッチがそうで、いまではこれらのブランドのバッグを持っている人が激減しました。爆発的にヒットしたデザインだと、古くなりやすい(「私は古い女よ」というアピールになるので持てない)結果、タンスの肥やしになってしまったのです。

さて、冒頭にいったようにバッグはファッションの一部。トータルでバランスがとれていないとおかしくなります。ケリーを持っているのであれば、洋服や靴などもそれなり。服がチープなのに、バッグだけヴィトンというのはヘンです。こうした一点豪華主義は日本人女性に多く、スタイタス好き、あるいは見栄っぱりの傾向があるといえます。

こういう女の子だと、お金目当てに近づいてくることもありますから、男性の皆さん注意してくださいね。友だちの友だちの男性で、知り合ったばかりの若い女の子と大したことないことでケンカ。「カルティエのリング(30万円弱)を買えば許す」といわれたとか……。

私は若い子の一点豪華主義には首を傾げます。ファッションに合ったバッグを持っているほうが好感を持ちます。30代以降はバッグだけではなく、服や靴。あまり流行に左右されない時計やアクセサリー、小物(財布や名刺入れなど)は、いいものを身につけているかどうか――。男性も同じですね。もちろん、中味があっての外見。外見をどう装うかです。(嶋津典代

関連記事

ページ上部へ戻る