記事の詳細

最近、アロマテラピーのオイルを買いました。
コットンに数滴の香りのオイルをたらして、
その香りを吸い込むことで、リラックス効果を得るそう。

バスオイルを買うつもりで行ったお店で試してみたら、
すごく頭がすっきりして気持ちが良くって、衝動買い。
マスクにたらして使うと、電車の中でも
気分だけはさわやかなんですよ。

第297号 男性と話すのは気をつかう!?

女性同士なら、好き嫌いやその場の感情を自然と話せますが、相手が男性にな
るとちょっと勝手が違ってきます。いろいろと考えてしまい、自然に話せなく
なりがち。たとえば、イヤなことがあっても素直にイヤといいにくいんです。
仕事仲間にはそんなことはいっていられませんが、恋愛が絡むと、私はいまで
も結構気にしてしまいます。

相手の男性に対して、「もしイヤといったらどうなるんだろう」という不安や
恐怖が常にあるんですよね。「断って恨まれたらどうしよう」「断ったら相手
が怒らないか」「逆上されたらどうしよう」など……。その思いの裏には、力
では男性にはかなわない、できるだけ男性の気持ちを逆立てないほうが安全だ
という自己防衛の意識があるようです。

つき合う前の方が、その気持ちが強い気がします。たとえばデートに誘われて、
「あまり気が進まないけれど、最初から断ると悪いし、関係が悪くなるのもイ
ヤ。一度は誘いに応じて、乗り気でない様子を見せたら、自然に相手からあき
らめてくれるかも?」と考えていたこともありました。

でも、黙っていてもニコニコしていれば楽しんでいるように見えますし、この
ような気持ちは男性からするとすごくわかりにくいですよね。「断ったら悪い」
という気持ちについてはバックナンバーで触れているので参考にしてください。

第180号 断ったら悪い?

女性同士ならば、何か聞かれて「うーん……」と悩んでみせれば、「気が向か
ないんだな」とわかるし、疲れた顔をしていれば「疲れているみたい。何かあ
った?」と聞けるけれど、男性にはそれでは通じない。私は女性同士のコミュ
ニケーションのラクさに慣れていたので、どうしたら男性にうまく気持ちが伝
わるのかわからなくて途方にくれたこともありました。いまでも難しくて、試
行錯誤しつつ日々学んでいます。(かなこ)

異性に慣れましょう

男性も女性と話すのに慣れないと、緊張したり、妙にテンションが上がったり
しますよね。男性は女性に対して、警戒心をもつことはないと思うのですが、
男性に慣れない女性ほど、警戒心が強くなります。警戒心の裏にあるのは、か
なちゃんが書いているように、力ではかなわないということ。

「この男性は信頼できそうな人だ」と判断できるまで警戒心というカベをつく
ります。自分のことを話さない、男性の話がつまらなくてもニコニコと聞いて
いる。友人の友人などの男性に誘われたら、断れない。セクハラされても、拒
否できないという女性も少なくないのです。

女性は議論するのも苦手ですので、「えっ、それはないんじゃあない?」とメ
ールで思っても、反論するのが面倒。「逆ギレされても怖いから、無視」なん
て思いがち。

ところで、合コン、飲み会、パーティなどの出会いで一番問題なのが、カベを
つくる女性と緊張している男性では、親しくなれないということ。ルックスが
好み以外、カベを取り払えない男性には、女性が好意をもつことは皆無です。

ほめられたり、優しくされたりすると、一気に警戒心は弱くなりますが、緊張
したり、照れていたりする男性は、余裕がありませんから、難しい。そうする
と女性は「この人は私には興味がない」と判断します。何度か会う機会があっ
ても、この思いを挽回するのは困難で、顔見知り程度で終わりがちです。

異性に慣れるしかありません。合コン、飲み会、異業種交流会などに積極的に
参加して、初対面の異性との会話を楽しめるようになるまで慣れましょう。

一方、女性は20代のときには誘いがたくさんあっても、あまりに隙がない(警
戒心が強い表れ)、言動があまりに男性任せだと「面倒な女」と判断されて、
30代以降、誘われなくなります。

「この男性は信頼できそうな人だ」という基準をもてるようになると、カベを
下げることができます。おすすめなのが女友だちではなく、「○○さんってど
う?」と信頼している男性の意見を聞くこと。女性同士だと評価の低いモジモ
ジ君でも、男性から見ると、「彼、前向きでいいじゃん」などの違う意見が聞
けて、おもしろいです。(嶋津典代

やっぱり慣れです

男性も、やっぱり同じですよ~(^^;

どんな男性も、女性と一対一でお話しするのは、
最初は、うまくいかないはず。
どうしても場数と慣れが、必要だよね。

そうして、男性と女性の考え方は違うことや、
一人ひとりの個性も、違うことに、気づいていくんだよ。

相手の持っている個性を認めて、
自然体でおつき合いしたいね。

一緒に、お昼寝したいな~。(咲道

2009/06/09

関連記事

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
ページ上部へ戻る