記事の詳細

明けまして、おめでとうございます。かなこです。
今年もご愛読、よろしくお願いします。

最近、のりよお姉さんに影響されて
お裁縫にはまっています。
作っているのは服のほか、
カーテンやカバーなどのインテリア。
苦手なミシンの練習にもなるし、
家の雰囲気に統一感が出て大満足です^^

第275号 男らしさって?

女性同士で、好きなタイプについて話していると、必ずといっていいほど出て
くるのが、「優しいだけじゃなくて、男らしい人がいい!」という意見。ここ
でいう男らしさとは背が高い、筋肉質などの外見的な要素よりも、言動での男
らしさをいっていることが多いです。

つき合い始めて、心を許しあってからなら、彼の「男らしくない」部分を見つ
けたとしても、支えになりたいと思えるもの。でも、会ったばかりのときや友
だちのうちは、男らしさは恋愛対象になるかどうかのカギになります。

では、女性はどんなところに男らしさを感じるのでしょう。たとえば会話なら、
グチをいわない、うじうじと過去の失敗をいわない、前向きな発言が多いなど。
無口な人を男らしいという人もいますが、私は自分のことばかり話すのではな
く、まわりの人を楽しませるような会話ができる人を、男らしいと思います。

行動で考えると、思いやりがあり、行動力、決断力があること。面倒見がよく
根性があることなどでしょうか。特に決断力は、女友だちに男らしさについて
聞いたときに3人のうち2人が最初に挙げていました。私は決断力がある男性
にはすごく惹かれます。

とはいえ普段の生活で、しかもつき合う前に決断力を感じるのは、デートの場
所を決めるときや、合コンなら2次会・3次会にどこに行くかを決めるときく
らいでしょうか。些細なことでも、誰かに任せきりにするのではなく、みんな
の意見を聞きながらリーダーシップをとって決めていける人に、決断力がある
という印象をもつんですよね。

最近、包容力がある男性が男らしくて素敵だなと思うけど、ほとんど既婚者な
ので^^;最初からすべてを求めるのではなく、お互いに成長しあえるような
柔軟性がある男性に注目しています。(かなこ)

いざというときの思いやり

男らしさについて考えるときにいつも思い出すことがあります。随分昔の話で、
小学校高学年のときの出来事です。

クラスで隣に座っていた男の子が持っていたサバイバーナイフが物珍しくて、
私が「見せて見せて」とじゃれていたら、何かの拍子に彼の手をナイフで切っ
ちゃったんです。3センチくらい小指の側面が切れて、見るからに痛々しいの
に、彼は一言も私を責めませんでした。そのときに、はじめて男性の強さと優
しさを同時に感じて「男の子にはかなわないな」と思ったのを覚えています。
それが、私が男らしさを感じたはじめての出来事かな。

まわりの男の子たちがワイワイいっているなか、彼がまったく責めなかったこ
とで私は救われたし、守られた。「男らしさって?」の答えは、私にとっては
「いざというときの思いやり」です。土壇場で相手を守ってあげられるか。

たとえば仕事であれば、部下に対して「責任をとるから、思うようにやってこ
いよ」などといえる上司に対して、男らしいと感じます。自分の既得権や立場
ばかりを気にする人もいるけれど、そうではなく、部下を思いやることのでき
る人、器の大きい人に、男らしさを感じるんです。

芯があってチャレンジする心を忘れない人も、男らしいと感じるかな。がんば
っている姿は、やっぱり男女問わず、素敵ですよね。だから、仕事をがんばっ
ている人、仕事ができる人は、女性から見て素敵だし、結果的にモテるんでし
ょうね。

女性らしさについてもそうだけれど、男性らしさってなんだろうと突き詰めて
考えていくと、結局は「人として」につながっていく気がします。(はしこ)

結局、頼りがいでしょう

男の世界で男らしい男とは、
言動が一致していて、
約束を守る男のこと。

カッコ良くても、いいことをいっても、
結果を出さない男は評価されることはない
厳しい世界なのだ~(^^;

男は、ビジネスで
お金を稼がなければ、ならないので、
当たり前といえば、当たり前だよね。

日々の言動が長年積み上がって
「頼りがい」ってできるんだよ。

つき合う前に、今の言動から10年後に、
どんな男になるか、想像してみてね。

男はつらいよ~(咲道

2009/1/6

photo by We have moved! Please visit /highwaysengland

関連記事

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
ページ上部へ戻る