記事の詳細

こんにちは、はしこです。
皆さん、やかんには要注意です!
お茶でも飲もうかなと、やかんでお湯を沸かしていたら、すっかり忘れてしまって、気づけば部屋中に広がる焦げ付いた臭い……。
沸騰なんて通り越して蒸発、やかんの底が焦げ付いていました。
気をつけないと、危ないですよね。

第244号 女の子の特有な表現

女の子同士で話していると、男性に対して「察してほしいよね」とか「本心に気づいてほしいよね」なんて話で盛り上がります。

一方、男性からときどき耳にするのが、「女の子はよくわからない」「本当はどう思っているんだ?」ということ。確かに、女性は気持ちをストレートに表現するというよりも、やんわりと包んでいったり、遠まわしにいったりしがちなのでわかりにくいのかな。

たとえば、知り合ったばかりの女の子に「今度、食事にでも行きましょうよ」と誘ったときの返事が、「いいですね~。落ち着いたらぜひ」だったとしたらデートは実現しにくそう。「『いいですね』といわれたのに、なぜ?」と思うかもしれませんが、「落ち着いたら」という表現が曲者です。つまりは、拒否することでしこりは残したくないけれど、先延ばしにして自然と流れれば……という気持ちが見えます。

合コンの帰り道、気に入った女の子に「連絡先交換しようよ」といったら、「私から連絡するから、電話番号教えて」といわれたことはありませんか? たぶん、連絡はこなかったんじゃないかな。彼女の本心は「面倒だから連絡先は教えたくないな~」です。

逆に、気に入られているのに、女の子の特有な表現に気づき損ねて惜しいことをしているかもしれません。彼氏持ちの友人U子は、「彼氏いる?」と聞かれたときの答えとして、3パターン用意しています。
1.「いるよ」
2.「いるけど、あんまりうまくいっていないんだ」
3.「いない」

恋愛対象にならない人に対しては「いるよ」と正直にいう。ちょっといいなと思う人には、2番目のようにあいまいさを残して隙があることをアピール。彼氏以上に惹かれる相手には「いない」と答えて、誘われやすくするというわけです。この使い分けはU子に限ったことではありません。「(彼氏が)いない」という女の子はもちろん、「うまくいっていない」「最近会っていない」は脈ありの証しなので、「彼氏いるのか……」とあきらめないで。

私は、気になる人に彼女がいるのか聞きたいとき、ストレートに聞きづらくて、間接的に探ってみることがあります。映画やレストランの話題のなかで「彼女と行ったの?」と聞いてみたり、仕事が忙しそうな人だったら「デートする暇もないですねぇ」なんていってみるんです。

女の子がこういう聞き方をするときは、彼女がいるかどうか確かめたい場合が多いので、ちょっと気があるかなと思って良いんじゃないかな。(はしこ)
「誘われ待ち」を察知しよう

女性の特有な表現にはいろいろありますが、基本は女性が知り合って間もない男性に連絡したり、誘ったりすることは少ないということ。だからこそ、好み男性には誘われるような表現をたくさん使い、好みでなければ自分から連絡すると伝える。男性の皆さん、この原則を覚えておいてくださいね。

そして女性と何度も携帯メールでやりとりしていれば、誘うこと。第223号でマッキーが書いていたことを参考にしてくださいね。
第223号 メールは便利、でも…

初対面のときに、気になった女性の気持ちを探るには「彼氏いる?」。便利な言葉ですので、さらっと聞いてみてください。また、よく使われるのは「忙しいの?」。自分から誘わない女性ならではのセリフです。「忙しいの?=私と会う時間はある?=会いたいから誘って!」という気持ちが隠されています。

好みの女性からこういわれたときには、いくら忙しくても時間をつくり「来週の後半ならば落ち着くから、飲みに行かない?」などと誘ってくださいね。誘わないとその気がないんだと女性は判断します。恋人同士では「忙しいの?」と同様に「私のどこが好き?」も使われます。これには、「好きといって!」あるいは「私、好かれているのかな? わかんなくなっちゃった」という2つの気持ちがあります。

男性は「好きだから、一緒にいるんだろう」と行動で判断することを女性にも求めますが、女性は言葉で伝えられることが大好き。「私のどこが好き?」といわれたときには、「全部が好き」でもいいですが、「気配りがあるところ」など具体的にほめてあげましょう。顔やスタイルよりも、内面をほめたほうが喜ばれます。

女性特有の表現を知るには、
『オンナの建前⇔本音翻訳辞典』日本女性言語学会 編/扶桑社
http://tinyurl.com/5blfe2

一方、男性の隠された本音を読み取るには、
『彼のセリフでわかる男ゴコロ――“魔性の女”がこっそり教える!』
春乃れぃ著/大和出版
http://tinyurl.com/55kmqm

どちらもおもしろく読めます。(嶋津典代
わからなくても誘っちゃおう

「ヘタな鉄砲数打ちゃ当たる」というのは、「最初はヘタでも数稽古をこなしていくと命中の精度が徐々に高まっていきますよ」ということです。よって、作戦もナシにやたらと打ちまくっても命中しないので気をつけましょう(笑)。

要はワンパターンの攻め方(誘い方)だけじゃなくて、失敗から学んだり、このメルマガから吸収したりして、いろいろなパターンを「引き出し」にしまっておこう。

それらがイザというとき瞬時に思い出されて、目の前にいる女性にキミの言葉となって届くんだ。

彼氏がいる女性にだって有効だよ。いつもラブラブで何の不満もなく過ごしている恋人たちなんてごく少数なんだからさ。
好感を持たれたら、キミの新鮮さが眩しくなってくる可能性も高いんだ。

女性の言葉から女性の気持ちを「察する」とか、「いわんとしていることを理解する」というのは、男にとってなかなか難しい部分でもありますが、「まったく気のないそぶり」とか「好かれていない感じ」以外は誘っても大丈夫。

「誘いの受け方」や「断り方」でキミに対する気持ちが表れますので、お楽しみにぃ(笑)。

誘う場合では、常に2つの選択肢を用意しておくといいよ。
「金曜日の19時と土曜日の17時だったら、どっちのほうが都合がいい?」とか。場所は女性の職場や自宅を意識して、女性の移動時間を短くなるようにしてあげよう。喜ばれますよん。(マッキー)

関連記事

ページ上部へ戻る