記事の詳細

こんにちは、かなこです。
うちのマンションの台所はとっても小さくて、
IHヒーターがひとつしかないの
で、手のかかる魚料理はあきらめていました。

特に秋刀魚の季節は、スーパーでおいしそうなものを見ても、
無理とあきらめていたんですよね。
だけど最近、秋刀魚の炊き込みご飯のレシピを知って、
それが思いのほか簡単にできるので、ちょくちょく作っています。
第213号 見てほしいの
新しく服や靴を買ったり、マニキュアやペディキュアを完ぺきにしたり、髪を
切ったりした日は、人に会うとちょっとそわそわします。「あっ、今日はいつ
もとちょっと違うね」と誰かに気づいて、ほめてほしいのです。

いつもパンツが多いのに、かわいらしいワンピースを着てきたとき。髪を切っ
たり、カラーリングしたりして雰囲気が変わったりしたとき。品のいいジュエ
リーを身につけているとき。服装にあった素敵なバッグを持っているとき。パ
ールやビーズなどをつけたネイルアートがきれいに施されているとき……。

そんな自分のオシャレに対する思いを気づいて、「今日は一段と女性らしくて
素敵だね」と、いってほしいのです。こんなほめ言葉はなかなか恥ずかしくて
いえなかったとしても、ほんの一言でいいんです。

「今日もかわいいね」「そのバッグいいね」「そのネイルきれいだね」「その
髪の色、いいね」など、彼女がオシャレをしているところを「いいね」といっ
てもらえるだけでも、十分うれしい。それだけで「私のことを見てくれている
んだわ」という気持ちにさせられます。

もし、気づいていても、いってもらえなければ「こんなにオシャレしているの
に気づいてくれないなんて、この人は私に興味ないんだわ」なんて思う女性も
多いです。

最近、私は気づいてもらえないのは寂しいので、「このワンピース今週買った
の。かわいいでしょ?」「見て! このネックレス、最近お気に入りなの」な
どと自分からいうようにしています。そうするとだんだん「この子はこういう
部分を見てほしいんだな」とわかってもらえ、ほめたり、気づいてくれるよう
になります^^ 女の子のように男性は気がつかないので、自らアピールする
のはおすすめです。

また外見だけでなく、周囲の気づかいが上手な女性であれば「よく気がつくね」、
職場でいつも机をきれいにしている女性ならば「いつもきれいにしているよね」
などと、その人の内面をほめられたら、さらに素敵です。きれいな女性は、い
つも外見はほめられているから、内面をほめられるほうがグッとくるんじゃな
いかな。(かなこ)
 変化の裏にある気持ち

「見てほしい」「気づいてほしい」という気持ち、すごくよくわかります。私
もやっぱり男性が、「髪型変えたね」「今日は雰囲気違うね」「今日の服装、
すごく似合う」などと、変化に気づいてくれたら、すごくうれしい。

料理でも、服装でも、化粧でも、髪型でも、女性がいつも以上に“がんばって
いる”ときって、理由があります。単に美容院に行ったあとだったということ
もありますが、たいていは「今日は特別な記念日だから、料理をがんばろう」
「特別な人だからオシャレをしよう」など、何か思いがあります。

だから、そういう“がんばる”気持ちの表れである変化を気づいてもらえると、
感激するのです。逆にちょっと気合を入れて、いつもより手の込んだ料理をつ
くったのに、何も気づかず「おいしい」どころか、「ごちそうさま」の言葉も
なく、テレビを見ていたら、すごく悲しい。「私はがんばっているのに、彼は
なんにも思っていないんだな。私は特別じゃないのかな」と女性はネガティブ
に考えるのです。

男性が変化に気づく・気づかないは、女性にとって自分を見ているかどうかの
重要なバロメーター。それは、つき合う前でも、恋人でも、夫婦でも同じでは
ないでしょうか。男性にお願いしたいのは、女性の“相手のためにがんばる”
という気持ちを、当たり前に思わないでほしいということ。

長いつき合いでも、がんばっているなと気づいたら、男性はそれを口に出すこ
とで、女性はハリがもてるし、お互いに良い関係が続けられると思います。

そして、この気づくという力は、仕事上でも同じですよね? 部下のがんばり
を気づいてくれる上司であれば、たとえミスして怒られても「次にがんばろう」
と思うもの。相手の変化、その裏にある気持ちに気づける人は、恋愛でも、仕
事でも、器が大きいというか、魅力的ですよね。(はしこ)
まずほめよう

誰でもほめられるのは、うれしい。
女性は、特に敏感だよね。

しかし、ほめるのは、なかなか難しいぞ~(^^;
わかっちゃいるけど、できない。
訓練が、やっぱり必要だよ。

コツは、デートのときにまずほめること。
うまくできれば、雰囲気が和んで、
スムーズにコーディネートできるよ。
心の準備ができるのもいいね。

うまくポイントが見つけられなければ、
キーアイテムのバッグをほめよう(^^;
こんな感じ。

「今日のバッグ、いいね」
「素敵なバッグを、お持ちですね」

同じバッグ、持って来ないでよぉ~(咲道

photo by Johnny Silvercloud

関連記事

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。