記事の詳細

こんにちは、かなこです。
最近、よく美術館に行っています。
おすすめは、期間限定で宣伝している企画展ではなく、
各美術館がもともと所蔵している常設展。

企画展は人気のものによっては、
混みすぎてほとんど絵が見られないこともあります。
一方、常設展はガラガラなことが多いし、
美術館によっては結構有名な絵が置いてあったりします。
第210号 女の子は記念日好き

「そういえば、一年前の今日だよね。僕たちがはじめて会ったの」
二人でいるときに、こんなことをいわれると、胸がキュンとします。

女性が覚えていれば、二人の思い出を共有できたことがうれしい。覚えていな
くても、彼が自分のことを思ってくれていたことがうれしいのです。

クリスマスやホワイトデーなどのイベントを恋人同士で楽しむのも素敵だけれ
ど、二人だけの特別な記念日というのは別の楽しさがあります。初めて会った
日、初めてデートした日、つき合い始めた日……。

二人だけにしかわからない、二人だけの記念日。「あのときこうだったよね」
なんて思い出しながら、二人だけで過ごす時間は、「愛してる」とか「好きだ
よ」という言葉がなくても、すごく愛されているようで、心が満たされます。

言葉で「好きだよ」といわれることは、すごくうれしい。でも、つき合いが長
いと、気恥ずかしくてなかなかいえない人もいるのではないでしょうか。そう
いう人こそ、二人だけの記念日をつくってみることがおすすめ。

どんなに長くつき合っていても、「好きだよ」といってもらえないと「本当に
愛されているのかな」と不安になってしまうのが女心。彼氏が二人だけの記念
日を大事にして、祝ってくれていれば、それは「君を特別だと思っているよ」
というサインになります。そして女性は「特別な女性として扱ってくれる=愛
されている」と感じるのです。

「記念日」って理由をつけたら、普通のデートも特別な感じがして楽しくなる
かもしれません。お互い堅苦しくならない程度に、いろいろな記念日を楽しめ
たら素敵ですね。(かなこ)
男性に愛されているという実感がほしい

「好きだよ」「愛している」なんて、つき合いはじめでも、いえない男性のほ
うが多いのではないかしら。

しかし、「言葉ではなく、態度でわかるだろう」というのは、男同士では通用
しても、女性には通用しません。女性は言葉に弱くて、「好きだよ」「愛して
いる」とささやく男ならば、ダメ男でもコロッといきます。

きちんとお金を入れ、ギャンブルも女遊びもしないのに、妻から突然の離婚を
いい出される――。このような熟年離婚が起こるのは、女性が男性の態度では
愛を感じられない結果です。

女性は、言葉やプレゼントによって、男性に愛されているという実感がほしい
のです。それがないと、女性はわかり合えない男性と判断し、「この人と一緒
にいても楽しくない。違う人生を送りたい」と考えるのです。

その度合いは、女性によって異なります。精神的に自立している女性ならば、
誕生日やクリスマス、結婚記念日のプレゼントを忘れなければ問題ありません。

一方、記念日好きな女性は、自分に自信のない女性。愛するよりも、愛される
ことを望みます。愛されることで、自分の存在価値を見いだしているため、い
つも男性に愛されているかどうかが不安になります。男性の日ごろの行動では、
それを判断できないので、記念日というわかりやすいものに、すがるわけです。

ちなみに男性は高ければ高いプレゼントのほうが、女性は喜ぶだろうと考える
ようですが、値段よりも頻度。安くても、花やアクセサリーなどの小物を頻繁
にプレゼントするほうが女性は愛を感じます。

加えて、結婚すると、男性は身を粉にして稼ぎ、高給取りになればなるほど妻
は喜ぶだろうと勘違いしがちです。本当に夫を好きならば、働きつめでは体が
心配になります。収入はそれなりでも、一緒に過ごす時間のほうが大事なはず
です。それは恋人でも同じ。彼氏が多忙で1カ月に一度、どんな豪華なデート
をしたとしても、女性が望んでいるのは「もっと会いたい」。頻繁に会えるこ
となのです。

言葉はなくても、プレゼントと一緒に過ごす時間――。この2つの女性の願い
を同時に叶えられるのが、記念日だといえます。(嶋津典代
約束の言葉を大切に

二人だけの記念日、
素敵だね~(^^)

デートを、楽しむ絶好の機会だね。
素敵なデートを、コーディネートするのは、
もちろん男の役目。
プレゼントや、デートコースなどを、
抜かりなく考えようぜ。

「好きだよ」「愛しているよ」は、約束の言葉。
いつも、呪文のようにいってあげましょう。
そしたら、いいこと起きるよ~(^^)ゝ

七夕デートしませんか~。(咲道

photo by Eleazar

関連記事

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
ページ上部へ戻る