記事の詳細

こんにちは、かなこです。
油断していたら、首周りをひどく日焼けしました。

もともと色が白いので、ひりひりして
痛いったら……。優しく洗って、
シミ対策のクリームを塗っています。
日焼け対策は、一年通して必要ですね。
もっと気をつけなくては。


第192号 アピールとしての共感

何度か書いているように、女の子のコミュニケーションで一番大事なのは、
「共感」すること。「そうだよねー」「うんうん、わかるー」という相槌は、
仲がいいことのアピール。女の子同士は共感することでお互いの絆を強めて仲
良くなっていくのね。

だから、つい「いいな」と思っている男の子に対しても、女の子と接するとき
と同じように、好意を示す意味で共感することがあるの。相槌もそうだけど、
次のようなこともあります。
・「それ私もすごく好き!」(相手の好みに対して共感)
・「私もそう思うなー」(相手の考え方に共感)
・「それはつらいよねえ、大変だったねー」(相手の感情に共感)

女の子からそういう相槌をいっぱい受けるようなら、それは好意の証し。相手
と「仲良くなりたいな」と思っていると、自然にそうなっちゃうものなの。

嫌いだったり苦手だったり男性に対しては、そういう相槌はしないです。だか
ら、共感する女の子は脈アリだと思って、きっと大丈夫。気に入っている女の
子には、強気にアピールしていくださいね。

いいなと思う女の子がいたら、その子の話に「そうなんだ! オレもそう思う
よ!」と共感してみる。そして、彼女が「そうでしょう!」「あなたもそうな
んだ!」と乗ってきたら、相手もあなたに気があるかも。

だけど、「そっかー」「うんー」など、冷めた返事だったら、ちょっと距離を
置いたほうがいいかも。まぁ、相手に対する社交辞令だったりすることもある
ので、本音かどうかの見極めは難しいかもしれないんだけどね^^;(かなこ)
女性の共感を利用しよう

好きな映画が一緒。食べ物の好みが一致。同じ本を読んでいる。笑いのツボが
ぴったりなど。共感は、自分をアピールする第一歩です。でも、女性は男性の
コアな興味や趣味に対して、共感したくても、できない場合があります。

たとえば、F1通の男性を好きになったとします。モータースポーツに詳しくな
い女性でも、F1はテレビ中継もしていますから、一緒にF1を見にいけたら楽し
いだろうなぁと思ったりします。

しかし、ドライバーの名前やエンジンがどうのこうのというコアな部分に話が
およぶと口をはさめません。そんなとき、女性は「それは何?」と、質問ばか
りしてしまうことがあります。

一生懸命、話についていきたい。どうにか共感できる部分を見つけたいという
必死のアピールなのですが、ときどき「それは女にはわからない世界だよ」と
突き放す男性がいます。別に悪気があるわけでもなく、その女性が気に入らな
いわけでもなく、それが男らしさのアピールだと誤解しているようなのです。

彼がときどき自分だけの世界で遊ぶことは、つき合いが長くなれば、容認でき
ます。女性も女性だけのつき合いを楽しみたいことがありますからね。でも、
最初から「オレ様の世界」をアピールされると、女性はひいてしまいます。

私の知人に、休日は迷彩服に身を包み、エアガンを持って、野山で戦争ごっこ
をする男性がいます。その奥様は迷彩服とは無縁なほど、清楚で美しい人。知
人がその趣味について、熱く語るうちに、奥様もすっかり魅せられ、今では夫
婦でアーミー。毎年、誕生日には、エアガンを贈り合っているそうです。

恋愛のとっかかりとして、彼女の話に共感し、アピールすることは大事。でも、
そこからさらに進んで、自分のテリトリーに、女性を引き込んで、共感させる
ことのほうが男性的にはラクなのではないかしら。

「それは何?」と、共感したがっている女性へ、自分の趣味や興味を優しく丁
寧に説明するだけで、これからの関係を男性優位に持っていける。女性の
共感を利用しない手はないよね。(吉崎美紗子)
簡単に気に入られる方法、実はあるのでした

「あ、なんか相性良さそう」「なんかフィーリングが合う感じ」と思うときは、
「共感できる事柄が多くなればなるほど思うもの」なのよね。

もうひとつ、「同調する事柄が多くある」というのもプラスになります。
「ボクたち似たようなところがあるね~」という具合に、できるだけ女性との
共通項を多く見つけだし、それらをクローズアップして話が膨らんでいくと、
ほぼ確実に、その女性はあなたに「好感や好意」を持ってくることでしょう。

今回の「共感する」「同調する」という方法は、簡単に実行できるわりに成果
がいいので、お勧めの方法です。

留意点としては、あなたが「語りすぎない」でね。っていうことくらいかな。
早々にトライしてみてね~。(マッキー)

photo by Sean MacEntee

関連記事

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
ページ上部へ戻る