記事の詳細

こんにちは、かなこです。
最近、レタスを買ってきたら、芯をとってから丸ごと水洗いして、ボウルに入れて、濡れた布巾をかけて冷蔵庫に入れています。
そうしたら、シャキシャキのまま保存できるのと、食べたいときに、すぐサラダにできるからラクなの。

生野菜は量がとれないから、あまり好きじゃなかったけど、グリム童話の「ラプンツェル」を久しぶりに読んだら、レタスが食べたくなったんだよね^^;

第188号 信用されてる?

「うーん、この人ちょっと信用できないかなー。やめておいたほうがいいかな」
初対面や仲良くなりかけのときにこう思うと、それ以降、2人だけで会うことはないです。誘われても、うまく断っちゃう。

好みの問題もあるけど、不信感が消えないと次に進まないんだよね。
それでは、どういうときに不信感が芽生えるのでしょう。

・メールの返信がすぐきたり、3日後にきたりと安定していない。
・メールの返信がいつも遅い
→メールは、親しくなりかけのときは、すぐ(1日以内)に返事をくれる人で
はないと、「どうでもいいのかな」と不安になります。

・質問した内容に対して、しっかり答えない、はぐらかす回答が多い
・一度、答えた内容を忘れていて、また同じ質問をしてくる
→「趣味は何? 何が好きなの?」「音楽好きですよ。演奏するのも聞くのも」
と会話したのに、日を置くと、何度も似たようなことを聞いてくる。
「私のことはどうでもいいのかな」と疑います。

・そんなに仲良くなっていないのに、スキンシップが多く、馴れ馴れしい
→知り合ったころはすごく敏感です。肩が触れるような位置で話したり、やたらと肩や腕を触ってきたりすると、警戒します。

知り合ったころはお互いに緊張しているものでしょ? その中で見せてくれる繊細な気づかいがうれしいの。

まだ、仲良くなっていない相手をデートに誘うときは、メールや相手の質問などに丁寧に対応して、女の子の不安感や警戒心をほぐしてあげることがすごく大事。それが信用につながるの。
信用できると思ったら、打ち解けるスピードもぐんと速くなるからね。
誰に対しても、いつも誠実でいられる人なら大丈夫だと思うけど……。(かな)

信用・信頼はつくっていくもの

私が仕事でもプライベートでも、まず見るのは、メールの返事です。
返事が速い、あるいは朝か夜の決まった時間に返信があり、用件のみで簡潔、かつ説明が丁寧な人は信用できます。精神的に自立している人が多いです。
メールの返信が不安定で、きちんと読まない、説明をしない人は、いまいち。件名も見るべきポイントはいくつかあります。

一方、メールでダラダラ話すのが好きな女性も多いです。
自分のことを中心とした雑談が多い女性は、信用しているサイン。デートに誘って反応をみましょう。
誘いを待っていること、会話だけを楽しんでいることもあります。

また合コンなどで親しくなり、「今度、飲みに行きましょう」という話になったら、男性はできるだけ早く誘ってください。信頼されるには有言実行です。

「○○さま
今晩お会いした△△です。○○さんのイキイキとした表情がとても
印象的でした。パワーと心の豊かさと、そして、エネルギーを感じました。
~中略~
○○さんと共有する世界も多そうなので、また、いろいろとお話が
できればと思っています。お時間がとれそうな日をぜひ、お知らせください」

相手の名前を文中にも入れ、まずはほめる。誘い方も紳士的で好感を持ちます。
女性から返信があれば、日時を決め、2、3つぐらいお店の候補をあげて、女性に選んでもらうのがいいでしょう。

このように誘っても、返事がなければ合コン当日は社交辞令だった、あるいは二、三度の誘いがあるかどうかを試す女性(この件は改めて触れます)、約束したことを忘れる女性もいます。
できるだけ早く誘って、女性の反応をみるのは大切です。

信用・信頼はつくっていくものという意識がない人は、言葉に重みがなく、「よろしく」「お願い」「待ってます」「がんばります」「今後」「これから」などを多様します。社交辞令が多い人がよく使います。
「先のことはわからない」と考え、できない約束はしない人のほうが信用されます。(嶋津典代)

 

普通が一番

信用は、ビジネスに生きる男にとっては、一番大切なもの。

女性と接するにも、まずは信用を得るのが、大切なのは、当然だよね。

いかに信用を得るのか。
それは「普通」に対応すること(^^;

要するに、変な人はイヤ。
普通の人が一番いいってこと。

普通のメールって、なかなか書けないもんだ。
約束をきちんと守るのも大変。
努力して、初めて普通になれるんだよ。

国語は嫌いなんだよな~。(咲道)

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。