記事の詳細

こんにちは、かなこです。
バックストラップのパンプスが好きで何足か買いました。

しかし、かかとにストラップがうまく引っかからない!
それも一足だけではなく、買ったパンプスすべて……。
あたしの足には、バックストラップのパンプスは合わないと気がつき、泣く泣く処分しています。

第179号 イケメンってどう?

パッと見て、ジャニーズ系のような洗練された外見の男性を最近よく見かけます。背が高くて、足も長く、髪は合うようにカットされていて、染めている。
身につけているものも気をつかっていて、カッコいい。一番わかりやすいのは、デパートの化粧品売り場の男性の美容部員。思わず振
り向いちゃうような容姿の人が多いです。美容師さん、アパレル系の店員さんに多いかな。

ほかには、人と会う機会の多い営業の人、今まではオタクというイメージが強かった(私だけ?^^;)プログラマーやSEにも、ちょっと見とれてしまうくらい外見に気をつかっている男性が多くいます。顔やスタイルもそうなんだけど、身につけているものとその人の雰囲気がマッチしていると、さらにカッコよく見えるんだよね。

だけど、「彼氏にするなら絶対イケメン!!」と思っている女の子って、あまり多くないんじゃないかな。カッコいい人は見ていて楽しいけど、「彼になってほしー!」とは思わないのです。

外見よりも、「私に~してくれた」という優しさのほうが印象深く残ります。話しかけてくれた、ほめてくれた、おもしろい話をしてくれた、アドバイスをくれた、困っていたときに助けてくれた、一緒に飲んだときに私が好きな食べ物を覚えていて頼んでくれたなど。

もちろん、イケメン君も何か素敵なことをしてくれたら、さらに興味は増していくんだけどね。

女性に人気のある人って、イケメンというにはほど遠いというルックスの人も多いんじゃないかな。一番大事なのは優しさや気配りなんだよね。(かなこ)

男は見かけで中身を伝える

「イケメンな」という形容詞は、生まれついての二枚目にはあまり使いません。美形ではないけど、イケてる男ですから、女性でいえば美人じゃないけど、カワイイ子と同じ意味合いかしら。

イケメン君は二枚目ではないために、髪型や髪色も気を配り、眉の形も整えて、顔のアブラもこまめにチェック。そして、Tシャツは1万円、ジーンズだってヴィンテージ。みんな頑張って、外見を整えているのです。

つまり、頑張っていなければ、イケメンでなくなる。きっと、寝起きはブサイクだろうし、出かけるとなったら、つま先から髪の毛1本1本にまで、神経をいきわたらせ、似たようなTシャツをとっかひっかえ。イケメン君はこだわりが多くて、つき合うと面倒くさそう。

男性だってそうじゃない? お泊りの翌朝、朝食もつくらず、メイクに集中する女性より、おいしいお味噌汁をつくってくれて、素顔はぼんやりしているけど、一緒にいて落ち着く女性のほうがいいでしょう。

男性が弱い部分をさらけ出せる女性を求めるように、女性もスッピンでいられる相手を探しています。なのに、相手が外見や外面ばっかり気にするタイプなら、気が抜けません。

恋をするなら、長くつき合っていきたい。ずっと好きであり続けたい。特に女性はその傾向が強いです。そのためには、中身に惚れないといけないのね。

でも女はわがままだから、どんなに心が豊かな男性でも、第一印象で絶望したら、中身にまで目がいきません。

外見から中身へ、相手を導く。その時間を短縮することが恋の近道です。イケメン君になる必要はないけど、中身をアピールする外見をつくることは必要。いつの世も、男は見かけより中身。それを恋に生かせる、見かけで中身を伝え
られる男にならなきゃね。(吉崎美紗子)

オトコは人間力で勝負だよん

第一印象の比重は高いから、外見にも気を配るのは大事なことだよね。
こぎれいで清潔感が漂っていればOKだと思っております。

そうそう美男美女の組み合わせって、思ったほど多くないと思うんですよね。
最終的には女性は本能のなせる業なのか、外見だけの男性は排除していく生き物のように思います。

「彼女のことを大事に思う気持ち」
「男としての自信(仕事など)」
「夢や目標の達成に向かって行く姿」
「優しさ・思いやり・気配り」

そうね、いわば「人間力」とでも申しましょうか、こうした総合的な事柄を高めていけば、自ずと女性はあなたを選択することになるでしょう。

容姿のコンプレックスはなんとでもカバーできます。
ボクがそうなので間違いありません(笑)。(マッキー)

関連記事

ページ上部へ戻る