記事の詳細

第170号 明るい人はモテる

パーティや合コン、飲み会などで、「いいなぁ」と思う人は、たいてい明るい。
下向いて、ぶつぶつつぶやいている人には、惹かれないよね。暗い感じの人は
ちょっと敬遠しちゃう。それでは、「この人、明るくていいなぁ」と思う人は、
どんな人なのでしょうか。

◆何か話しかけたときに笑顔で対応してくれる
笑顔は、明るさの象徴だと思う。笑顔の人の周りには、人が集まるよね。
ただし、「がははは」と大笑い・大騒ぎしている人は、とっつきにくい感じが
します。さわやかな笑顔の人のほうが好感度は高いです。

◆他の人の話に積極的に相槌を打っている
話をうまく盛り上げて、雰囲気を明るくしている人は明るく見えます。

◆いろいろな人に自分から話しかけている
隣の人と自然に話せるような、受け身でなく、積極的に会話しようとする人は
明るい。逆に、じーっと黙りこんで隅にいるような人は、暗く見えてしまうの。

明るいといっても、いろいろな人に自分のことを話しまくって、周りの雰囲気
を読めないような“うるさい人”はちょっとマイナスです。ひとりでポツンと
いる人よりはいいかもしれないけれど、それは好感度のある明るさとは違うん
だよね。明るさの中に「誠実さ」「さわやかさ」がないと、ただのうるさい人
というイメージで終わっちゃう。

パーティなど慣れないところや知っている人がいないところでは、つい引っ込
み思案になりがち。だけど、笑顔で隣の人に話しかけられるようになったら、
かなり出会いの幅も広がると思います。のりよお姉さんどうですか?(かなこ)

外見と挨拶で明るい人になる

明るい人のまわりには人が集まり、性別、年齢問わず人気があります。明るく、
元気な人のそばにいると、たとえ落ち込んでいても元気になれるし、話しかけ
やすく、楽しいからです。「明るい人とは、周囲を明るくする人」が私の定義
であり、そのように心がけています。

逆に、暗い雰囲気がする人とは、お近づきになりたくないはずです。

明るい人になる一番簡単な方法は、外見を変えることです。似合う色を着てい
ると素敵に見えます。男性に多いのが、色白なのにダーク系の服を着ているこ
と。暗い雰囲気が漂います。色白であれば、ネクタイを明るい色に変えるだけ
でも、印象が違ってきます。メガネもいまどきのデザインだと、オシャレな感
じになります。

外見に気をつかっている男性は、美容院に行っている人が多く、美容院では、
似合う髪形の提案をしてくれるので、おすすめです。

オシャレな男性に対して、女性は暗い人だと思いませんし、外見が変わると、
自信がついて、好印象を与えることができるようになります。

次に簡単な方法は、挨拶を大きな声できちんとすること。パーティなどで「こ
んにちは」と声をかけられる人は、とても少なく、声をかけられるのを待って
いる人のほうが性別問わず、圧倒的に多いです。

親しくなるのに、挨拶をするのは効果的です。女性の警戒心も弱まります。挨
拶ということでは、友だちのマンションに遊びにいったときに、エレベーター
でいっしょになった男性から「こんばんは」といわれたことがあります。

すぐに反応できず、挨拶されたんだとわかり、「こんばんは。ここでは挨拶を
するんですね」と伝えると、笑っていました。そして、その男性は先に出ると
きにも「おやすみなさい」といい、感じがいい人だなぁと思いました。感じが
いい人に対しては、好意的になります。(嶋津典代

人間好きになろう

おいらは、よく「明るい」といわれるけど、
その心は、人間好きということ。

明るい服装をしていても、
対人関係を避けていたら、
やっぱり暗い……。

人生は、良き友を捜す旅。
いい友だちが多いほど、幸せになるんだ。

暗い人には、人は寄ってこないよ。
いつも明るく、元気に、朗らかな人に、
素敵な出会いが待ってるぜ。

一緒に、テレビゲームしてくれないかな~。(咲道

関連記事

ページ上部へ戻る