記事の詳細

第167号 「えこひいき」に敏感

私はずっとショートカットだったのですが、ここ何年かで髪を伸ばして、メイ
クや服装も研究して、まわりの人から「だいぶ前より良くなったねぇ」といっ
てもらえるようになりました。

以前と比べて、初対面の男性が大切にしてくれたり、ちょっとひいき目に扱っ
てくれることが増えました。だからといって、必ずしも恋愛感情を持たれてい
るわけではないのね。ちょっと優しくしてくれるの。女の子らしい子に対して、
自然に優しくなる男性が多い、ということだと思うんだよね。

だけど、複数の女性がいる前で一人の女の子だけに優しくするのは、ちょっと
問題です。なぜかというと、女の子同士ではこういう「扱いの差」にすっごく
敏感だから。笑っちゃうくらい些細なことでも、ホントに敏感なの。

「○○さんは『かなちゃん』と呼ぶのに、私は苗字で、さんづけなんだよね。
かなちゃん、かわいがられてていいよねぇ?」
「△△さんは、いっつもかなちゃんには挨拶したり声をかけたりするのに、私
には会釈しかしないし、声をかけてくれることもない。かなちゃんばっかりひ
いきしてヤなヤツー」
「☆☆さんって、用があるといつもかなちゃんにいうよね。別に私だってでき
るのに、私に声かけることはないんだよねー。かなちゃん好かれてるよね」

そういう「ひいき」には、いつも笑顔だから話しかけやすいとか、細かく指示
しなくてもわかってくれるからとか、それなりに理由があるものだと思う。私
も、頭では仕方ないと思っても、実際そういう区別を目の当たりにすると、や
っぱりちょっと寂しくなるもの……。

しかも、こういう話を女性の集団でして、悪口をいい合ったり、ひいきされて
いるように見える女の子をいじめたりするので、女性の集団はコワイ……。だ
から、恋人以外の女性に対しては特に仕事上では、なるべく平等に扱わないと
いけないのよね。女の子の扱いは難しいですね^^;のりよお姉さん、どうで
すか?(かなこ)

努力をとめたらアウト

人間は感情の動物だから、「えこひいき」は仕方ないこと。かわいい子、キレ
イな子、愛想のいい子に男性が優しくするのは本能です。しかし、仕事でリー
ダーになり、女性を使うときには、できるだけ平等に扱わないと、スネる人が
続出します。

女性にとって、上司や先生というのは、父親と同じ。みんな「かわいがられた
い」「好かれたい」という願望があります。つねに女性が上司の行動を観察し、
無意識な言動に対しても、敏感なのはそのためです。

ところで、一般的には、男性同士は能力で評価するのに対し、男性から女性は、
外見、性格(気配り含む)、能力の3つで評価します。

20代のうちは能力がなくても、美人で性格が良ければ、かわいがられますし、
反対に能力があっても、服装がきちんとしていないと“だらしがない”と評価
が下がる。普通の外見でも、いつもニコニコしている子には、声をかける男性
が多い……。

女性はこうした理由を考えず、常に意識するのは外見。幼いころから外見で左
右されることが多いためです。「かわいいね」とチヤホヤされる子がいる一方、
「ブス、デブ」とからかわれる子もいて、外見さえ良ければ「好かれる」と思
いがちです。

会社などでかわいがられない女の子たちは、子どものときと同様に外見だけで
判断されていると思い、「どうせ私なんて……」「美人ではないから……」と
“悲劇のヒロイン”になり、努力することをとめてしまう。そして、女性同士
で共感し合うというわけです。

一方、外見に自信がある子だと「私のほうがキレイなのに、どうしてA子ちゃ
んがかわいがられるの?」と嫉妬することもあります。男性たちがA子ちゃん
をかわいがるのは、愛想がよく、よく気がつくという理由があるのに、外見自
慢の女の子には、残念ながら、理解できないのです。

外見や性格、能力は本人の意識次第で変えられます。声をかけられるのを待つ
だけではなく、元気に挨拶をする。笑顔の練習、周囲への気配りなど、できる
ところから少しずつでも自分を変えようとすれば、まわりの反応が違ってきま
す。こうした努力をしている女性は男性に評価されます。精進、精進です。

ちなみに、男性も上司のひいきには敏感みたい。上司が「大学の後輩だから」
という能力とは関係ないところで目をかけている部下がいると、信頼できなく
なるようです。

いずれにせよ、上長になったら、部下を平等に扱い、ひとり一人の良いところ、
悪いところをみて、良いところを伸ばすようにしてほしいですね。(嶋津典代

みんな大切に

おいらの会社でも、
たびたび騒動になっているんだな~(^^;

女性も、男性も、
人それぞれ性格や立場が、違うので、
接し方が、どうしても違うのが、原因。

それぞれに美しさや、かわいいところや、
素敵なものを持っていることに気づいたことと、
平等の感覚が、男性と女性が違うってことがわかってから、
最近はだいぶコツがつかめてきたけど、
騒動は続きます~(^^;

特別な人に、なってくれないかな~。(咲道

photo byBetsy Jons

関連記事

ページ上部へ戻る