記事の詳細

こんにちは、かなこです。
去年も一年着なかった服をまとめて処分したけど、
今年また服の趣味が変わって、着ない服が増えました。

ヤフオクで処分するか、いさぎよく捨てるか、
着てくれそうな人にあげるか――。
整理している間はごちゃごちゃだけど、
全部片付けば、かなりすっきりするので、頑張らなくてはー。

第165号 決断力がある男性が好き

デートしていて「今日、どうする?」「ご飯、どこで食べようか?」といわれ
ると、「なんだか、この人頼りないな、大丈夫かな」と思っちゃう。

「この辺だと、そこの焼き鳥屋とそっちのイタリアンがおいしいけど、どっち
にする?」みたいな聞き方ならば、「私を尊重してくれているのね」と思って、
うれしいんだけどね。

「どこに行こうか?」と聞かれるだけだと、「なんだか、この人ちょっといま
いち……」な印象になります。

どうしてかというと、物事を決めることが苦手な女の子が多いからなんだよね。
私も、あまり得意じゃない。よく考えないと決められない。だから、男の子が
さっと決めてくれると、「頼りがいがあるわ」「しっかりしてて素敵な人」と
思うのです。

会社などでも、会議ばかりして「どうしようか……」といろんな人の意見に埋
もれてしまう人よりも、リーダーシップがとれてみんなを引っ張っていける人
のほうが「素敵!」と思います。

もちろん、イヤだというのに意見を聞いてくれない、というのとは違います。
ただ決断を常に任されるのは、ちょっとね……。二人でいるときに舵取りがで
きなくて「どうする?」っていわれてばかりなのはマイナス。言葉の後ろに、
「君が決めてよ」という声が隠れている気がして、「リーダーシップをとって
欲しいのに、全部私が決めなくちゃいけないの?」と頼りない印象になっちゃ
うんだよね。

二人っきりになると、決断力があるかないかってすごくはっきりわかっちゃう
んだよね。どこに行くか、何の映画を見るか、どこのお店に行くか、何を食べ
るか……。意見を聞いてくれるのはうれしいんだけど、最終的な決断はバシッ
として欲しい。それができる人って、すごくモテるし、人気があります。仕事
もできるんじゃないかな。美紗子さんどうでしょう?(かなこ)

決断力は恋の目印

私も決断力のない人は、男女問わず苦手。私はかなちゃんとは逆で、物事をサ
クサク決めるたちだから、決断力のない人と一緒にいると、イライラします。

イライラの原因は、物事が前に進まないこともあるけど、根本は、相手の本心
がつかめないことにあります。ただ、相手の決断に従うばかりの人だと、何が
好きで、何が嫌いなのか。乗り気なのか、面倒くさいのか――。まったくわか
りません。

そうなると、自分に無理矢理つき合わせているような気分になって、誘うのが
億劫になってしまいます。決断が苦手な女性なら、なおさら。デートのたびに、
苦手なことを押し付けられるデートを繰り返すくらいなら、決断力のある相手
を見つけるほうがてっとり早いと思っても当然。

しかも、決断力がないってことは、食事の場所を決められないということだけ
ではなく、相手の意見や気持ちに対して、鈍感であることも意味しています。
決断力のある人というのは、仕事でも遊びでもデートでも、たくさんの意見を
とりまとめて、誰もが満足する結果を選ぶことを心がける。配慮や気づかいが
行動のベースになっています。

仕事でミスをして落ち込んでいる同僚を飲みに誘えるのも決断力のある人。憧
れの女性がエレベータに乗り込んできた時に、すかさず「何階ですか?」と声
をかけられるのも決断力のある人。

決断力のない人は、自分が何かをしてあげたいという気持ちよりも、相手の意
にそわない決断をして、嫌われたらどうしょう。嫌われるくらいなら、放って
おこう。相手の気持ちを理解すれば、ベストな決断ができるのに、責任から逃
げ、ただただ自己保身に走る。

女性はこういう心理を敏感に見抜きます。デートという責任から逃げる人が、
はたしてプロポーズという人生の決断をできるでしょうか。長すぎた春に疲れ
て、別れるころにはオバサンになっている……。取り返しのつかない恋するよ
り、早く結実する恋を選ぶ。その目印が決断力なのよん。(吉崎美紗子)

決断力は男らしさの象徴

決断力のない人は、頭を使うのが苦手な人。

決断力のない人とつき合っても、
いいことはないよ。

彼女とのディナーひとつとっても、
素敵なレストランを探すわけでもなく、
惰性で連れて行かれる――。
そんなディナーで、ハッピーになるわけがない。

決断力は、男らしさの象徴。
しっかり頭を使って、
男を磨こうぜ!

いつまでも、一緒にいたいよ~。(咲道

関連記事

ページ上部へ戻る