記事の詳細

こんにちは、かなこです。
最近、読みたいなぁと思った本や、聞きたいCDは、新しいものでなければ、図書館で予約して借りています。
最近は、インターネットで予約ができるんだよね。
初めて予約したときはビックリしちゃった。

図書館は、利用しはじめると結構、便利なの。
常に10冊くらい予約して、土日にまとめてとりに行ってます。
みなさんは近所の図書館を利用していますか?

第155号 放っておく勇気

誰かを好きになると、いつも一緒にいたくて、いつも連絡をとっていたくて、相手の反応ばかりが気になる……。こんな依存気味になっちゃうってこと、ありませんか? 私はしょっちゅうでした。

でも、逆の立場になってみると、かまわれすぎで疲れてしまうことも多かったのね。それに、自分のことを棚に上げて、
「少しは放っておいて欲しいのに」
「私のことばっかりじゃなくて、もう少し自分のことに一生懸命でもいいのに」
なんて、思ったりして……。

好きな相手を放っておくことって、意外と難しいんだよね。好きだと、どうしてもつながっていたいから、「メールくらいなら、大丈夫だよね」となって、なかなか放っておくことができないの。でも、そういう依存気味の恋人を持つと、依存される側はすごくつらい。

「かまわれる」こと、「気づかってくれる」ことが、いつもうれしいとは限らない。うっとおしくことだってたくさんあるんだよね。あたしの場合は、仕事
が忙しいときや、やらなきゃいけないことがたくさんあるときかな。

そんなときに放っておいてくれると、あたしのことを「ちゃんと見てくれていて、わかってくれてるんだ」って、大切にされてる感じがする。仕事をがんば
って終わらせて、ぐっすり眠って、元気な笑顔で会いに行こうと思えるの。

相手を放っておくっていうのは、相手にかかわらないことではなくて、相手を信頼すること。「1人の時間が済んだら、会いたいよって、ちゃんと連絡をく
れる」と安心できる関係。そのためには、寄りかかってしまう心をきちんと見つめ直すこと。あたしも放っておく勇気が持てるようになるまで、ずいぶん時
間がかかったけどね。

こういうなつき合いができる人は、自分もまわりの人も大切にできると思います。でも、そういう人って、モテるから競争率高いんだよね。美紗子さん、ど
うですか?(かな)

必要な時に隣にいる関係

うっ、心が痛いぞ、かなちゃん。私も重い女でした。

いま思えば、「これだけしてあげているのに」「もっともっとして」というひとりよがりが、恋愛維持のモノサシだったのね。恋をすると、女はどうしても結婚がちらつくから、「永遠よね?」って、必死で相手を試す。頻繁にメールしたり、夜電話して「迎えにきて」と頼んだりする。

恋が終わったら終わったで、次の恋を探すのに、恋愛中はそんなしたたかな自分は想像もつかない。ほんと女って、わがまま。

この手の女と当たったら、はっきりということです。ムリして彼女に合わせていると、どんどん苦痛になっていきます。また「何もいわなくても、オレが忙しいのは、わかってくれる」という以心伝心は男女間ではありえません。

「もっともっと」は要求しない女でも、あまりに仕事を優先していると、愛想をつかされることになります。いずれにせよ、信頼してもらうことしかないでしょう。

いま、自分が何をしているか。そのために、必要なことは何か。それが終わればどうなるか。きちんと相手に説明しましょう。

「プロジェクトリーダーに抜擢され、残業も多いし、一杯飲みながらスタッフのグチにもつき合わないといけない。でも、これが成功すれば、ボーナスもアップするから、お正月は2人で、海外旅行に行こう」

仕事をがんばっているに加えて、彼女への思いやりも忘れない。それがわかれば、女は、放っておかれる時間も怖くない。それどころか、疲れたとき、ちょっと肩をかして欲しいな。うれしいとき、一緒に喜んでほしいな。必要なときに隣にいてほしいと求められることが、とてもうれしくなる。「もう、私だけに甘えて」と思えることが、女にとっての一番の信頼関係よん。(吉崎美紗子)

絶妙な間合いがとれる最適な方法

「あ、うん」の呼吸とでも申しましょうか、今の自分のことをわかってくれていたら「こうして欲しい」「こうしてくれたらうれしいなぁ」というとき、あるよね。

高校時代、漢文の授業で「己の欲せざるところ、人に施すことなかれ」を学びました。社会人になって「己の欲するところ、人に施せ」というのを新たに知り、「お~、なんといい得て妙な言葉だ、これでうまくバランスがとれるかも」と思い、今日に至っております(笑)。

相手のことを想い、上記2つの言葉を脳裏によぎらせば、自ずと相手に対する対応方法とその内容までの答えが自然に出てくると思います。

恋愛だけでなく、人間関係の構築や子どものしつけなど、何でも応用できるので、この際ですから、暗記して自分のモノにしちゃうというのも、おすすめですぅ。(マッキー)

photo by Dmitry Kalinin

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。