記事の詳細

 

第144号 甘えられない人

ぶりっ子や、男性の前でかわいく振舞っている人を悪くいう女の子って、たいてい自分もそんな風に甘えたいだけど、できないから、妬んでいるんだよね。
あたしもそうでした。だけど、最近は素直に甘えられるようになりたいなと、すごく思うの。甘えられない人って、どういう人かというと……。

「今日はごちそうするよ」→「いえ、ちゃんと払いますから」
「遅くなったから、途中まで送っていくよ」→「一人で大丈夫ですから」
「カバン持ってあげるよ」→「いえ、結構です」

こんな感じ。ついつい、相手の好意を突っぱねちゃうの。でも、いう側からすると、「オレ、嫌われてるの?」って感じがしちゃう。
それに、一度そういわれると、「この子はオレには甘えたくないんだろう」と思ってしまって、二度といえなくなってしまうよね。「嫌われてるかも?」と思って避けられてしまうかもしれない。

でも、私がいまより全然甘えられなかったときのことを考えてみると、これは相手が嫌いだからではなくて、「相手に申しわけない」「相手に悪い」という気持ちからそうなってることが多いの。

本当はうれしいんだけど、「ありがとう」と素直にいえない、相手の好意に素直に甘えていいのかわからないから、突っぱねてしまう。

そうすると相手には良く思われないし、自分で相手の気分を害していることに気づかないので、雰囲気が読めない人になりがちなんだよね。

最近はそれがイヤなので、人の好意には素直に甘えて、笑顔で「ありがとう」をいえるようになろうと思ってます。それだけで、すごく人間関係がスムーズになったりするんだよね。(かな)

片意地張らず、かわいらしく

先々週号の他人が何かをしても当たり前という「女王様」がいる一方、甘えられない女性も少なくありません。これにも容姿がかなり影響しています。勘違いした女王様もいますが、普通の女の子はたいてい後者ではないかしら。

ニッコリ「ありがとう」というだけでも男性へのお返しになるのに、それがわからない。「こんな私(キレイでもない私という意味)」に、やさしくしても
らって「相手に申しわけない」「相手に悪い」という気持ちが強く、「すみません」といってしまう。
また、彼氏や夫は別として、何か男性にしてもらうと、お返しをしなければいけないと考えます。甘えると、お返しをしなければならない。お返しができないのであれば、甘えないほうがいいと考えて、突っぱねるわけです。

女性から男性へのお返しは、後述するようにいろいろありますが、知らない人が多い(同性同士、男性から年上女性へのお返しとしても使えます)。加えて、女性同士では、男性のような「おごり、おごられる」「貸し借り」という関係がほとんどないことも、影響していると思われます。

甘えられない女性は、まじめで、がんばり屋。性格は悪くないのに、男性から見ると、かわいくないからモテない。女性から見ると、計算高い女のほうが男性からモテます。

「男性に甘えられない女性」は、「女性に話しかけられない男性」と似ているかもしれません。気軽に女性に話しかけられる男性のほうが人気があります。

いずれにせよ、女性が男性と同じように行うのはムリがあります。片意地張って、がんばるよりも、どんどん甘え、頼りにすればいいのです。重い荷物を持ってもらう、ごちそうしてもらう、困ったときに相談に乗ってもらう……。

いつも甘えている男性には、つねに感謝し、言葉で伝える。そして、感謝の気持ちを添えて年賀状を出す、誕生日やホワイトデーにプレゼントする、旅行したときなどにおみやげを渡す、良い飲食店やメルマガ、書籍などの情報提供をする、パーティなどに誘う、人や仕事を紹介する、主催のパーティなどがあれば集客に協力する……。お返しできることはたくさんあります。

一番喜ばれるのが、感謝の気持ちを素直に表すことです。「今後ともどうぞよろしくお願いいたします」では心に響きません。

仕事の大変さやグチを聞くのも男性を癒していることになります。恋人や夫婦関係でも同じです。いくら美人でも、甘えたり、頼りにしたりする一方では、男性は負担になり、離れていきます。(嶋津典代

甘えたもん勝ち

日本は、恥の文化だから、なかなか甘え慣れていないんだよな~(^^;

良好な関係をつくるために、好意に甘え合うのは、つき合いのきほんだよ。

好意はありがたく受けるのが、本当のやさしさ。
断るより、受けてくれる方が、100倍うれしいんだ。

好意を受けたら
まずは、きっちり「うれしい」と「ありがとう」を
伝えよう。受けた好意は、きっちり返すと、
いいこと、あるよ~。

なんでも倍返し、しちゃうんだよなぁ~。(咲道

photo by Vladimir Pustovit

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。