記事の詳細

第140号 憧れるレディファースト

さりげなくレディファーストしてくれる男性は、とっても素敵。「一人前の女
性として扱ってくれている」「大切にされている」という感じがして、とって
もうれしくなるんです。もうそれだけで、その人が紳士に見えてきちゃう。

女の子としてチヤホヤしてくれる人はいっぱいいるけれど、一人前の女性とし
て尊重してくれる人は、なかなかいないんだよね。だから、レディとして扱わ
れていると思うだけで、とってもうれしくなるのです。お姫様願望かな?

レディファーストといっても、そんなに大したことじゃないんです。
・先にドアを開けてくれる、開けたまま待っていてくれる
・コートを着せてくれる
・重そうなものを持ってくれる
・道路では車道側を歩いてくれる
・帰り道に、自分と方向が逆でも駅の改札口まで送ってくれる(コレは感動)

「つき合っているわけでもないのに、こんなにあたしのことをレディとして扱
ってくれるの?」っていう感動があるんですね。この男の子は、帰国子女なの
でコートを着せてくれるのも自然にできるのです。

「つき合ったら、もっとお姫様扱いしてくれるかもしれない」「こういう素敵
な扱いを独り占めしたい!」という勝手な思い込み&妄想で好きになっちゃう
こともあるかも。

でも、遊び人の男の子はレディファースト上手だったりするから、それだけで
判断しちゃダメですよね^^;のりよお姉さんどうですか?(かなこ)

その気になれば身につけられる

レディファーストが自然にできる男性はいいですね。嫌いな女性はいないんじ
ゃぁないかな。初デートの決め手となるのがココ。彼女の好みを聞いて、それ
に合う店を選び、レディファーストができれば成功したも同然。あとはトーク
だけです。気の利いた言葉をうまくいえれば、ラブラブへ。

20代だとレディファーストをできる男性は、あまり多くありませんが、年を経
ると、できる男性が増えてきます。40代の男性と20代の女性のように年の離れ
たカップルが少なくないのも、「大切にしてくれるから」というのが大きいで
しょうね。

一般的に、男性は年齢とともに接待する機会が増えてきます。接待マナーと女
性と食事するときのレディファーストは似ています。「もてなす」という意味
では、どちらも同じです。ただし、形だけできても、心がこもっていなければ、
相手に見極められます。

ところで、女性の扱いがスマートで、会話も楽しくリードできる男性は、ユミ
ちゃんが書いているように「遊び人」の場合もあるけど、モテる男性は女性を
選んで「遊ぶ」こともあります。

日ごろ、レディファーストができる男性とつき合いがない女の子だと、それだ
けで「すてきー」となる。こうなると、ちょっと危ない。

極論をいえば、憧れるだけでは恋人にはなれないので、男性が「大切にしたい」
と思うような女性になることが重要。内面、外見ともに磨いていきましょう。
“白馬に乗った王子”を待っているだけでは、女の子のまま年をとっていきま
す。加えて、男性が何かしてくれたら、「ありがとう」ということです。

一方、男性がレディファーストを身につけるのは難しくありません。その気に
なればいつでもハウツー本で学び、女性を誘い、デートで実践することはでき
ます。女性の目の輝きが違ってくるのを実感できるでしょう。

「大切にしたい」という女性とめぐりあえば、荷物をもってあげたくなる。ひ
とりで帰すのが心配なので駅まで送りたくなる。自然とそういう気持ちになる
のではないかしら。(嶋津典代

気配り上手にもなれるチャンス

日本の男性が比較的苦手とされているのがレディファースト。
ということは、レディファーストがさりげなく自然体でできる男性は、それだ
けで一気にポイントが高くなっちゃうってこと。

まぁ、そんなに難しく考えなくても「ちょっとした気配りプラスα」くらいに
思ったほうが気がラクかもね。

そうねぇ、「自分だったらこうしてもらったらとってもうれしい」と思うこと
があれば、それを先回りして「先に相手にしてあげちゃおう」というくらいの
感覚でもよろしいかと。

なーに、スマートに振る舞えなくても大丈夫。多少ぎこちなくても「彼女のた
めに」という思いがあれば、何かしら女性に伝わりますから、どんどんトライ
しましょう。ちょっとの失敗も愛嬌で済むんだからさ。

こればかりは、「たくさんやった者勝ち」だと思いま~す。(マッキー)

関連記事

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。