記事の詳細

こんにちは、かなこです。
何年か前に住んでいた家のテーマカラーは青でした。
だから、カーテン、ソファカバー、パイプ椅子のクッションなど、
青を基調としたもので揃えていたの。

だけど、今の家はモノトーン。折りたたみのパイプ椅子の
青が浮いて浮いて仕方ない……。
まだ使えるので、クッション部分を張り替えようと画策中。
ちょっとした工夫で、
新しいものに生き返っちゃうのが楽しいんです。

第136号 浮くのはイヤ

女の子社会は、常にグループ行動です。小学生や中学生など子どものときは、
仲が良いグループの中でも、無視しあったり、グループの一部で秘密をつくっ
て他の子に教えなかったり、仲間はずれにしたりっていう小さないざこざが、
ちょくちょくありました。そういうときの疎外感と寂しさといったら……。
居心地の良かった空間が一気に冷たくなっていって、本当につらいのです。

大人になっても、それほど変わらず、大学、会社や習いごとなどでも、自分の
所属するグループが必ずあります。そして、その人たちと毎日のなんでもない
ことを話して、仲良くなっていきます。

「今日佐藤さんのネクタイ、趣味悪いと思わない?」
「その髪型かわいい!」
「田中さんってかっこいいよね?」
といったホントに日常的なことを話しています。女の子はみんなで共感するの
が大好きだから、ただ「そうそう!」といって欲しいだけの会話。でも、女の
子同士が仲良くなるのには、それがすごく大事なことなの。

女の子って相手の気持ちに敏感だから、グループの中って本当に居心地がいい
んだよね。痒いところに手が届くというか、ちょっといっただけで心の中をわ
かってもらえるという心地よさと、みんなと一緒という安心感もある。

男性がいると、女性はどうしても警戒します。とくに女子高や女子大出身、あ
るいは男兄弟がいない女性は、その気持ちが強いかも。だからこそ、女性同士
はリラックスでき、男の人がいるときには味わえない居心地のよさがあります。

第135号 女性の警戒心

ただ、こういうグループ行動って、常に一つの大きな不安もつきまとってくる
の。それは「仲間はずれになってしまったらどうしよう?」という不安。
そういう「仲間はずれ」「まわりから浮く」ということを怖がる気持ちってホ
ントに強烈。だから、おばさんになっても仲の良いグループで行動するし、ひ
とりで行動するのが寂しいという人が多いんだよね。

小さいころからずーっとグループの心地よさに慣れてきた女性にとっては、浮
いている状態って、恐怖なんですよ^^;もう、なんというか、自分の人格が
否定されている感じなの。

逆にいえば、パーティや合コンで浮いている状態になりかけたときに、話しか
けてきてくれた男性には、「助けてくれた!」「自分を認めてくれた!」とい
う気持ちも加わって、好意を持つことも多いんです。パーティなどで、ちょっ
と表情がこわばっている女の子は、まさにそうかも。そんな子を見かけたら、
ぜひ話しかけてあげてね。(かなこ)

男性は話しかけてね

男性は、会社組織やスポーツチーム、派閥など目的のためのグループに対し、
女性は居心地のいい場所をつくるため。根本的に異なります。

「仲間はずれ」「まわりから浮く」ことを恐れると、自分を殺すことになりま
す。無理やり笑ったり、話を合わせたり……。人に合わせていると、ストレス
がたまります。その結果、食べ過ぎてしまう女性も少なくありません。

女性がひとりで行動するのはリスクも伴うことなので、危険を回避しながら、
「ひとりで寂しい」を乗り越える。ひとりでも楽しめることが大人の女性であ
り、精神的に自立して女性だといえます。でも、このハードルがけっこう高い。
乗り越えられずに、ずっとグループで行動する女性も少なくありません。

年2回行っているオフ会では、男性はひとりでの参加が多いのに対し、女性は
友だちを誘って2人で参加することが多いです。そして、ずっと離れず、2人
で行動します。どうしてでしょうか?

「誰にも話しかけられない=ひとりぼっちでいる=寂しい=浮く」のを避ける
ためです。しかし、常に2人で行動するためにスキがなく、男性は話しかけに
くい……。男性2人組が多数参加してくれると、ちょうどいいんですけどね。

2対2、3対3……で話す場合、男性に気をつけてほしいのは、かわいい子や
キレイな子だけに話しかけないということ。男性向きマニュアルでは、「かわ
いくない子の機嫌をとれ」と書かれています。

男性2人がかわいい子を囲んで話していれば、かわいくない子は仲間はずれ、
イヤな気分になります。「2次会に行こう」となったとき、かわいくない子は
楽しくありませんから、「私は行かない」というはずです。そうすると、かわ
いい子も「私も行かない」となるのです。

いずれにせよ、冒頭でも書いたように、話し相手がいないのは女性にとっては
つらいこと。自分から話しかければいいだけなのに、それができない。いつま
でもたっても“女の子”の女性が大半。男性から話しかけられるのを待ってい
るのです。(嶋津典代

玉砕覚悟!

女の子は群れる……。
これが問題なんだよな~。

知らない女の子に声をかけるって、
ホントにホントにホントに、勇気いるんだよね~。
しかも、相手は群れている(^^;

男は、これはと思った子がいたら、
玉砕覚悟で、声をかけるしかありません。
試練だよ~。

女の子は、勇気を認めて、
素敵な笑顔で、迎えてあげてくださいね。

なにはともあれ、「こんにちは~」。(咲道

photo by micadew

関連記事

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
ページ上部へ戻る