記事の詳細

こんにちは、かなこです。
バストケア商品を探しています。
でも、どれもちょっとお値段が高かったり、
肌荒れが心配だったりという感じで、結局ストレッチを続けています。

日々の努力が、大事なんですよね。

第127号 おトクが大好き

女の子は、クーポンとか割引セールとか大好き。某ネットショップでは、レデ
ィースデイが必ず月に1回あり、「買うなら、いまがトクかな?」と思っちゃ
う。ポイントカードもマメに集めている人多いよね。おいしいお店や安くてい
いお店を紹介しあったりするのも好きだし……。

どっちかというと、「節約しよう!」という意識より、「おトクなもの」に対
する意識が強いんだよね。「いつもより、今日は特別!」なことに興味を引か
れるんですね。

男の子に対しても、こういう意識は必ずあるの。「こんなオレだけど」と卑下
したり、お互いの趣味趣向もわからないのに一直線に突進してこられると重い。
つまらなそうだし、興味がわかない。

それに対して、次のように「この人と一緒にいると、こういう特典がついてく
るのね!」みたいな、おトクなことには結構敏感。

★株について詳しい、経済情報に敏感な男性→「興味があるけど、よくわから
ないから、いろいろ教えてもらえそうかも」
★顔が広い男性→「いろいろなパーティに誘ってもらえそうかも」
★パソコンに詳しい男性→「困ったときに教えてもらえるかな?」
★ゴルフが趣味の男性→「連れていってくれるかな? 教えてもらえるかな?」

そのおトクが女の子の興味のある分野のものだったら、その人自身への興味が
ぐぐっと増すわけです。「好き」っていうキモチになっていなくてもね……。

どちらにしろ、女の子はすぐには恋愛モードに行かないので、そこに行くまで
のつなぎに「オレと仲良くなるとここがおトクだよ~」というのをさりげなく
アピールできると、出会いの幅がぐーんと広がるんじゃないかな。(かなこ)

 

あなたのおトク感、自覚してる?

「女って、ずうずうしー」と思われるかもしれないけど、これは現実。「おト
ク感」は女性が恋愛モードになるまでの、つまり、エンジンがかかるまでのイ
グニッションキーの役割を果たします。

かなちゃんがあげた以外で、おトクの定番はこういうものもあります。
★アパレル関係者が「○○○のブランドが何割引で買えるよー」。
★広告代理店の人が「欲しいチケット、とれるよー」。
★車が自慢の人が「○○○で迎えにいくよー」と、必ず車種つきでアピール。

全部、楽しそうなこと、いい思いができそうなことに結びついているでしょ?
おトク感をアピールされた女性は、「相手のことが、いま『好き』というわけ
じゃないけど、楽しそうだし、特典つきなら、デートしてもいいかなぁ……」
と思い始めるわけです。

まだ相手の男性のことがよくわからないうちは、この「おトク情報」に女性は
心が揺らぎやすい。揺らがない場合でも、印象には残ります。つき合うきっか
けとなりやすいといえるでしょう。

この「おトクさ」の最たるものは、玉の輿。医者、弁護士、御曹司、有名人な
ど。女性は男性によって人生が変わることが多いから、こういう「おトク感」
のある男性は、やっぱり人気が高いんですね。

でも、実力があれば女性も稼げる時代だし、おトク感の出しすぎは、自慢やイ
ヤミになりがちです。また、闇雲におトク感を出すと、お金目当てや「役得」
目当ての女の子が寄ってくる可能性も高くなります。

大人の男性は、安売りをしません。お目当ての女性に対し、自分のおトク感、
ウリのポイントをうまくアピールします。さり気なくセールストークができる
男性は、バランス感覚があって、自信もあります。

それに、実はおトクって、物質的なことだけじゃなくて、精神的(頼りになる、
安心できる、相談できるなど)や知識も大きい。おトクさがわからない人は、
自分の棚卸しをしたり、ターゲットはどうかを考えてみたりすると、ひらめく
こともあるんじゃないかしら。(美奈)

 

まずは、自分の棚卸し

自分の価値を、自分がわからないと、自分が使えない。
おいらは、気づくの、ずいぶん遅かったな(T^T)

どんな人でも、好きなものや趣味はあるので、
そこから自分の価値を、見つけようね。
もちろん、仕事でもいいんだよ。

次は、使い方。
車好きなヤツ(^^;のためのナンパトークの例。

A「俺のフェラーリー乗ってみない?」
B「海に夕日を、見に行かない?」

結局は、同じことなんだけど
雲泥の差があるよ。

アニメとゲームが好きな子、いないかな~。(咲道

photo by Tony Alter

関連記事

ページ上部へ戻る