記事の詳細

こんにちは、かなこです。
古本屋さんが近くにあるので、何かの帰りにふらっと寄って、
好きな作家の本が安いとちょくちょく買っています。
その本屋さんは夜遅くまでやっているので、
仕事帰りに寄れてすごくいいの。

一時期ベストセラーになって、
「題名だけ知ってる」本があるとつい買っちゃうんだけど、
そういうのが本当に自分の興味を引くことはあまりない。
「売れている」っていうところに興味があるだけなら、
ベストセラーはその時期に読むのが一番いいのかもね。

第107号 女はバカ? かわいい?

私は、人のことをバカにする人は嫌いです。それで自分が優位に立った気に
なっているような人には、なるべく近づきたくないです。

そこまでとはいわないけれど、「だから女は」「どうせ女だし」「女性だから
仕方ないですね」みたいないい方をする人は、結構いるよね。

そういうのって、女性は敏感だし、すぐ気がついちゃう。たいてい、そういう
いい方をするような男性はモテないです。だって、一緒にいて、いい気分にな
らないもんね。

男女関係にかかわらず、いい関係を築きたいのであれば、相手のことを尊重す
るのはすごく大事なことだよね。男と女は違って当然だし、自分に理解できな
いからといって、すぐ「女はバカだ」とか「女だからダメだ」とかいいたがる
人は、すごく寂しいなーと思います。

違っているのがわかっているならば、そういう存在だということを認めてあげ
ればいいだけなのに。

でも同じ「男女の違い」をいうとしても、「女性はそういうの好きだよね」
「自分はあまり気にしないけれど、女の人は気にする人多いよね」みたいに、
ちょっといい方を柔らかくするだけで、だいぶイメージが違ってくる。

相手を気づかうキモチが見え隠れするから、いわれている側も特に嫌悪感は抱
かないんだよね。

もちろん、悪い部分を指摘するのは大事かもしれないけれど、それは仲良くな
ってからの話。出会った相手にいきなりお説教されるのはいい気持ちはしませ
んし、そういう人と仲良くなりたいとは思いづらいもの。

女性は基本的に受け身なので、仲良くなるきっかけをつくるのは、男性の声か
けが多いから、そういうときに相手のいいところをたくさん見つけて、ほめて
あげられるといいよね。のりよお姉さんの意見はどうですか?(かなこ)

わかろうとするかしないか

「だから女は」「どうせ女だし」「女だから仕方ないですね」、ダイレクトに
「女はバカだから」といわれた瞬間、私はダメです。

おもろしろいことにパーティには、このような人はいません。人好きの人はわ
かっているんですね。居酒屋での男性同士の会話では、何度か聞いたことがあ
ります。

男性同士では「あり」ですが、女性を目の前に、そういったら逃げでしかあり
ません。「わからないから、わからない」。わかろうとする努力もしないと自
分でいっているようなものです。モテる男性は、決してそういいません。

「世の中、男と女しかいないんだから、お互いにわかったほうがいいよね。わ
からないからこそ、おもしろいよね」

女から男も同じです。「男性はわからない」といった瞬間、女性も終わります。
結局、お互いにわかろうとする努力を諦めた瞬間、オジサン、オバサンになっ
てしまう。そうなるのは簡単です。異性の存在を無視すればいい……。

異性を意識するのは、若さを保つエネルギーになります。モテたいのであれば、
意識すること。そして、わかろうとすること。男の感性で、理詰めで考えれば、
女性は「女はバカ」かもしれません。しかし、「どうして、そう思うのか」
「そう感じるのは、なぜか?」という気持ちがあれば、違ってきます。

女性から見ると「オレ・オレトーク」は、男心を理解しないと、わからないこ
とです。性が違えば考え方も違います。「どうして?」なのかを、直接異性に
ぶつけると、おもしろい会話になります。(嶋津典代

違うから、楽しい

人は、考えや感性が、それぞれ違います。
同じ人は、いません。

異性の違いは、大きいので、
お互い異次元になちゃうんだよな~(^^;

昔公園にデートで、行ったとき、
「芝生で座って、休もうよ」といったら、
「せっかくのスカートが、汚れるからいや」って。

あとから考えると、納得だったんですが、
そのときは、みょ~に異次元で、驚きでした。
わかっちゃえば、人生楽しくなるよ~(^^)ゝ

ポカポカ陽気の芝生の上で、一緒にお昼寝したいな~。(咲道

photo by Matt Anderson

関連記事

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
ページ上部へ戻る