第105号 女の子同士が手をつなぐのは?

こんにちは、かなこです。
最近、輸入のジャムをいろいろ試しています。
最近はカシス(黒すぐり)の無糖のジャム。
無糖とはいえ、果物の甘みがあるので甘くないわけではありません。

私はジャムをヨーグルトに入れて食べるのでそのくらいの甘さがちょうどいいのです。
イメージとしてはクレーム・ド・カシスの濃い甘さを思い浮かべちゃいますが、無糖なのでそうでもなく、あっさり目でなかなかおいしいです。
旬ではないけど、次はルバーブジャムを試してみたいなー。

第105号 女の子同士が手をつなぐのは?

女の子同士で手をつないだり、くっついたりしてるのって珍しくないよね。恋愛感情が特になくても、ベタベタしてる女の子たちって結構多い。

私も、女友だちとはくっつきたくなります。手をつないだり、腕を組んでみたり、なんとなく触れ合ってるのが好き。

女の子同士くっついてるのって、男の子とは違ってなんというか「感触が柔らかい」感じがして、なんだか落ち着くし、安心する。猫の柔らかい体をなでていると落ち着いたりリラックスしたりしない? そういうのにも似てるかもしれない。

それに触れ合っていると、「仲がいい」というのを全身でアピールできる。好意をわかりやすく相手に伝えたいってことの表れなのかもと思う。触れてくる側と触れられる側、両方がOKじゃないとダメだしね。

触れ合っている子同士はすっごく仲がいいっていうのを、まわりにも相手にもそれをアピールしたいんだと思う。

彼の代わりとはいわないけれど、仲良しの子とはくっついてたい、みたいな。
女の子って結構「くっつきたい欲」があると思うんだよねー。彼と一緒のときは彼と触れていたい。好きな人と一緒のときは、好きな人と触れていたい。

仲のいい女の子同士だと、「こんなにくっついてたら嫌われちゃうかも」とか、遠慮しなくてもいいかな? と思って、安心してくっつけるのです。(かなこ)

親友は彼氏代わり!?

私は25歳前後のときに、親友とベタベタしていました。週末にカラオケや飲みに行ったり、海外旅行に行ったり……。手をつないで歩いたことが、何度もあります。

当時、私は男性だと「こんなこといったら嫌われるかも」という恐怖があったのに対し、親友ならば共感してくれる。否定されないで肯定してくれるという安心感があったから、いつも一緒にいたかったのですね。

手をつないだり、飲み会などで隣同士でくっついて座ったりするのは、女性にとって、安心することです。男性には「守ってもらえる」という気持ちがあり、心地良いです。いずれにしても、女性は親しくなければしません。

男性は「いいな」と思う女性に、触りたくなるのと同じだというとわかりやすいかな? ただし、実際にすると、女性は親しくない男性、好意をもっていない男性に触られるのは、嫌悪感があるため、セクハラになります。

たとえ彼氏や夫でも嫌いになったら、女性は触れたくない。こうしたことは、受け入れる性の本能かもしれません。

ところで、女の子はひとりでいることが少なく、いつも友だちと一緒に行動します。女の子の親友というのは、男性が何かするために男友だちと会うのと違って、一緒にいるのが楽しいから、買い物や食事などをするのです(ひとりでいるのが寂しいから一緒にいることもあります)。

また仲がよければ、毎日メールしたり、電話したり、週に一度ぐらいは会ったりします。そんな仲がいい友だち同士でも、彼氏ができたら、彼氏と会うのを優先します。それまでは毎週会っていたような親友でも……。

女性同士はわかっていますから、親友が彼氏を優先させても仕方ないと考えます。そして、親友と彼氏も一緒にいるのが楽しいから、何かをするのは同じ。逆にいえば、親友と同じことを彼氏にも求めてしまうのです。

「毎日、連絡してくれなきゃ、イヤ」という女性は典型的です。親友と彼氏は違うと気づいて、違うものを求めるか。あるいは、女友だちに彼氏のグチをいっているか――。大きな違いになります。(嶋津典代

仲良しってことですね

仲がいい→一緒にいたい→手をつなぐ

なるほど、なるほど。勉強になった。

男は、だいたい自分勝手(^^;で、そういう感性がないので、わからないんだよな~。

もちろん男性も、好きな女性に、触れたいと思っているのだが……。

いくら仲が良いといっても、彼氏に、親友と同じレベルを、求めちゃまずいよ。
そもそも感性が違うんだから。

「いつも一緒にいてくれなくちゃ、イヤ」とか、むちゃなこと、いっちゃダメよ~。

あ~っ、手のつなぎ方、忘れちゃったなぁ~。(咲道

photo by Vladimir Pustovit

関連記事

  1. 第373号 話しにくそうな男性

  2. 第296号 草食男子はほんとにモテる!?

  3. 第376号 一人で飲食店に入れない!?

  4. 第144号 甘えられない人

  5. 第33号 やってもらって、アタリマエ?

  6. 第101号 返事をしないという返事

  7. 第281号 一緒に楽しめる人が好き

  8. 第385号 プライベートの充実を

  9. 第395号 差別化は必要

人気記事

最近の記事

PAGE TOP