記事の詳細

こんにちは。春菜です。
そろそろ携帯電話の機種変更をしたいです。
2年契約って思ったよりも長いですよね。

次から次へと新しいものが出るし、
カメラの写りは、きれいだし♪
あと8カ月!笑
第434号 お会計の心づかい

2人の年齢、職業によって、会計時に出す金額は変わっていきますよね。お会
計の対応で、女の子の印象は良くも悪くもなります。支払うタイミングを変え
るだけで、気をつかえる人と思わせることができるのです。

友人のA子が、同じ24歳の男性と食事に行ったときのこと。会話も盛り上がっ
て、そろそろ帰る時間。お店を出る前に、お手洗いに行ってから、お会計を済
ませようと思っていたA子。お手洗いから戻ってくると、テーブルの上にあっ
たはずの伝票はなくなっていて、彼がお会計を先に済ませたそうです。

男性は「お会計済ませちゃったから、2000円だけもらえる?」と一言。「明ら
かに、ひとりそれ以上は飲んだり食べたのに……」と思ったものの、A子は言
われたままの金額を出し、さくっと店を後にしたそうです。

A子と同じ年で、つき合っているわけでもない男性がおごる必要は、ないと思
います。それでも、お会計を済ませているのは、女性にとって、うれしいもの。
彼のことを紳士的だなと感じて、好感度がさらに高くなります。

もし、この男性が目の前で多い金額を出せば、女の子も気をつかいます。2人
のお財布の中身は、それほど違わないレベルだと思うにもかかわらず、お会計
は終わった後で、「○○円だけ」と金額を提示。その金額を払えばいいので、
後ろめたさはそれほど感じることがなく、A子は良い気分で店を出ることがで
きます。きっとA子は、彼の次の誘いにも乗ることでしょう。(春菜)
慣れているかどうか

女性がトイレに立ったときに、男性がお会計を済ませているのは、スマートで
すよね。そのほか、レシートを見せないようにするのも、優しさを感じます。
こういう心づかいは2人のときだけではなく、数人の飲み会にも発揮されます。

複数で飲んだときのお会計は、面倒なんですよね。合計を割り算するだけでも
いいけれど、面倒だからこそ、気づかいを発揮できるところです。

たとえば、4~5人で飲んでいる中、お酒を飲めないB子はソフトドリンクば
かり。お会計のときに「B子は飲んでないから、3000円でいいよ。あとのみん
なは4000円で」など、お酒を飲んでいない人を優遇する。男性が多くて、女性
があまり食べていないなと気づいたら、女性の金額を安くしてあげる。遅れて
きた人がいたら、その人の分を安く設定してあげる……。

お会計のときに、さっとこういうことができる人は、印象が良いです。お酒を
飲んでいるかいないか、誰がどんなふうに食べていたか飲んでいたかなど、人
や状況を良く見ていないとできないことですよね。

ひとり一人に対する気づかができていて、「できる男」だなという感じがしま
す。こういうのは慣れなのです。苦手な人は、お会計が得意な方がどうやって
いるのか見て、学んでくださいね。(かなこ)
ツワモノへの道

春菜ちゃんや、かなちゃんの話に出てくる男性、申し分ないですね。そろばん
の段位を持っている友人と飲みに行くと、精算時の計算が早い。何度も助けて
もらったことがあります(^^;

一方、会計時にレジで「領収書」をもらう男性は、いませんか? 気持ちはわ
からないでもないですが、彼女と飲食するときは避けたほうが無難。「せこい
人、みみっちい人」と思われますよ。

経営者ならば知っているネタですが、レシートでも十分経費扱いできるので、
あえて領収書をもらわなくたってOKなんですよね。かえって経費を使えるサ
ラリーマンのほうが、領収書をもらっているかも!?

なかには会社名義のクレジットカードで、風俗・キャバクラ遊び、ラブホの支
払いなどしているツワモノ社長もおりますし、このあたりは人それぞれでおも
しろいです。

この社長いわく、カード明細には屋号ではなく法人名などで記載されるから、
平気なんだと(笑)。こういう知識も、いつかどこかで生かせることと思いま
すよん。(マッキー)

2012/1/31

関連記事

ページ上部へ戻る