「結婚相談所」その言葉の響き

その日は、、ふた回り程、若い男子と仕事の打ち合わせ。

彼の本業は……

聞いてもわからなかったよ。残念!

要するに、今どきのなんとかコンサルタント…難しい昭和の私にはついていけませんでした。

サブビジネスで、インベントを企画してるそうで、

「婚活イベント企画しませんか」

とオファーしてきてくれたんだよね。

話してると、まだ20代半ばを過ぎた頃だったかな、

まぁ、そりゃまだまだいけると本人は思ってるだろーから、

結婚相談所と聞いて

「ガチ感ぱなくて、そこまでしなくていっかと思う」的なことを言っちゃってくれてました

まぁ、でも、わかるわかる。私も若い時はそう思ってたからね。

ガチ感ぱない……もはやそれは日本語なのかなと思いつつ話を進めましたよ。

そんな彼だけど、地元は田舎らしく、地元に帰ると友達はまあまあ家庭を持ち始めてて、少し焦ると話してくれてたりもして。

ですよね。

ガチ感ぱない……

真剣すぎてちょっとそこまではと訳せばいいのか?な。

ならば聞こうじゃないですか!

真剣でない結婚などあるのですかと。

結婚を真剣に考えないのは不幸の始まりよ。

昭和のお節介おばちゃんは、内心そんなあなたの5年後が見たい、いえ、心配よと思いながらミーティングに集中!

結婚相談所、ガチ感ぱない

うむ、ガチだよね

家庭を築き、子どもを育てるのって、命を授かるのってガチじゃないかと頭は依然としてそっちへ……

もっと真面目に結婚したい人の為に私がいるのだ!と気を取り直して!

わたしが助けたいのは35歳から40歳、その前後とするなら。仲人的に言うならば、ある意味もう崖っぷちよ。

合コンのりのイベントではない、もう少し踏み込んだお人柄に触れられるイベントにしたいねとミーティングを終わらせて帰ったのでした。

関連記事

  1. 「結婚相談所」改め、「縁結び」とします!

人気記事

最近の記事

PAGE TOP