第439号 「ぽっちゃりしてるね」の男女差

こんにちは。かなこです。
近所でヨガ教室を探していたら、
個人のインストラクターさんが
やっているヨガサークルを見つけました。

アットホームな感じで、楽しく通っています。
意識しないと、運動不足になるから、気を付けないとね。

第439号 「ぽっちゃりしてるね」の男女差

M美ちゃんのお友だちのF雄さんは、ぽっちゃりした人がタイプだそうで、し
きりにM美ちゃんのことを「ぽっちゃりしているよね」と言っていました。女
性らしく安心するんだそう。横で聞いていて、嫌味で「ぽっちゃり」という言
葉を使っているのかな、ちょっと失礼な人だなと思っていたのですが、よくよ
く聞いていると、純粋にほめ言葉でいっているようでした。

M美ちゃんとF雄さんの2人のように仲が良ければ別ですが、「ぽっちゃり」
という言葉を好意的にとる女性は、少ないのではないかな。女性は常に何かし
らの体型コンプレックスを持っているもの。私の印象だと、日本人の女性は8
割方、自分が太っていると思っているんじゃないでしょうか。

もちろん、ふっくらした女性が好きという男性は多いと思います。ただ、初対
面や仲が良くない間柄で、ほめ言葉として使うのは避ける方がおすすめです。
最初の印象は強いので、はじめに「イヤだ」と思われてしまうと、次の機会を
つくるのがすごく難しくなるからです。

「ぽっちゃりしてて素敵だね」の変わりの言葉としては「女性らしくて素敵」
など、体型に触れずに印象を言うか、それに触れるのをやめて「表情が明るく
ていいね」「やさしいね」など、まったく体型とは関係のないことをいうほう
が、安全でおすすめですよ。(かなこ)

★関連バックナンバー
第221号 「太ったね」は、いっていい?
余計なことは言わぬが仏
ボクね、高校生のときにクラスの女子全員を敵に回したことがあります。ある
日、突然、ボクを見る女子の目が冷たくなって、ボクが女子に話しかけても、
無言でプンと横を向かれてしまう。

それどころか、女子たちが、わざとらしくこっちを見て、ひそひそ話をしてい
る。「わたしたちは、あなたに怒っています」ということを思い切り態度に出
して、無言でボクに何かを訴えかけようとしている。そんなことをされたって、
ボクにはまったく心当たりがなかったんです。

ある日、ひょんなことから女子たちが怒っていた原因が判明しました。それは、
ボクにとっては、大したことじゃなかった。原因は、みんなで球技大会の写真
を見ているときに、ボクが放った一言だったんです。

「ぎゃははは……。○○って、すげえ太え」

ボク、悪気があって言ったわけじゃないんです。それに、その女子は、実際太
っていたわけじゃなかった。だからこそ、気軽に「太え」って言えたんです。

ほら、写真を撮るときに広角レンズを使うと、両端が横に広がって写るじゃな
いですか。あれです。たまたま写真の端っこに写っていた女子が太って見えた。
それを笑っただけなんです。

でもね、これを聞いた女子たちが怒りだしたようで、ボクに対しての制裁を決
定。冷たい視線攻撃を開始したんですね。

いやあ、女子は怖いってことを痛感しましたよ。だから、その日以来、女子と
しゃべるときには、余計なことを言わないよう気をつけています。ちょっとし
た一言が誤解を招き、最悪の事態になることもあり得ますからね。口は災いの
もと。用心に越したことはありません。(嘉瀬陽介)
  女性の体型のことには触れない

ひぇー、嘉瀬さん、そんなこと言ったんだ。デリカシーないなぁ。女性にとっ
ては大問題なんです。スタイルの良し悪しは、モテ要素として大きいから、悩
んだり、気にしたりする女性が多いのではないかと思います。

男性から見れば太っていないのに、太っていると思い込んでいる女性が多いの
も事実。さらに痩せていれば痩せているで悩んでいる女性もいるし、バストの
ことを含めて、女性の体型のことには触れないほうがいいでしょう。

ただし、「私、太ってるから、痩せたいの」「胸ないからなぁ」と、女の子が
体型について自己卑下したときには、「そんなことない」などと否定してあげ
ましょう。「そうだよな。足太いよな」「くびれないよな」などは嫌われます。
用心してくださいね。(嶋津典代

2012/03/06

関連記事

  1. 第249号 女の子の困った気づかい

  2. 第159号 元カレのプレゼント、気になる?

  3. 第147号 慰めてほしい病

  4. 第178号 自尊心、持ってますか

  5. 第282号 いい人にはパートナーがいる!?

  6. 第283号 プレゼントは、どう選ぶ?

  7. 第212号 「女性らしさ」って?

  8. 第258号 男のプライドって?

  9. 第156号 元恋人への態度

人気記事

最近の記事

PAGE TOP