記事の詳細

こんにちは、はしこです。
歩いただけで背中を汗が流れるようなとき、喫茶店に入ると、「あ~、生き返るな~」なんて思っているのもつかの間、5分もしないうちに、「寒い!」と気づいてしまう……。

いいバランスってないものでしょうか?
どんなに暑い日でも、羽織ものは必需品ですね。

第361号 「異性として見られない」とは?

「異性として見ることはできないんだよね」
「友だちとしては好きだけれど、恋愛対象ではないの」
「いいやつだとはわかっているんだけれど、後輩としか思えなくって」

友人、あるいは先輩後輩の間柄で仲の良い異性に告白して、こういった言葉を返されたことはありますか? 昔の少女マンガでは、「僕にとっては妹のような存在だから」といったセリフをよく目にしましたね。

振られるときの言葉として、ありがちなパターンの1つかもしれません。ただ、こういうときには本当に見込みがないのでしょうか。人としては好きだし、一緒にいて気楽な間柄であることはわかっているんだけれど、これまで男性(女性)として見たことがなかった、ということですよね。せっかく人としての相性はいいのに、なんだかもったいない気がするんです。そして、十分に可能性は残されているんじゃないかな。

「異性として見られない」という裏側には、きっと何らかの理由があります。
それさえわかって、突破することができれば、2人の関係は変わるはずです。
考えられるパターンとしては、次のようなものでしょうか。

●友だちとして仲良くなりすぎて
男女という関係を超えて、友だちとして仲が良いだけに、異性として見ることができないというケース。確かに、友だちとして大切に思っていた相手に、突然、告白されたら、最初は戸惑います。でも、少なからず、相手に対する自分の目、意識も変わります。

じれったいかもしれませんが、こういうケースでは、先を急ぎすぎず、一緒にいて楽しいこと、ありのままの自分を出せる貴重な存在であることを相手に伝えて、気づいてもらうことが一番の近道かもしれません。

●仕事上の先輩後輩だから
特に、女性の先輩に好意を持った場合、「後輩としてしか見られない」というパターンに陥ることはよくありそう。その場合、仕事上はちょっと頼りなく思われたり、教わることが多いのは仕方のないことですよね。ただし、それだけにプライベートな場で頼りになる一面を見せることができれば、新鮮な驚きを与えられるんじゃないかな。

●年齢差があるから
すごく年下の女性を好きになった、あるいは年上の女性を好きになった場合、私だと10歳以上も年上、2~3歳年下の男性だと、最初は恋愛対象として見ていない場合がほとんど。年の差はあっても話は合うんだということを相手にわかってもらうことが、第一歩です。

「異性として見られない」の裏にはいろいろな理由があるけれど、いずれにしても、もう一押ししてみる価値はあるんじゃないかな。(はしこ)

★関連バックナンバー
第272号 年の差を気にする?

 

諦められないなら長いタームで

「異性として見られない」は、20代のときにはあるかもしれないけど、年齢とともに人つき合いの距離のとり方がうまくなるため、そう感じることが少なくなります。

好意を感じても、恋人としては考えられないときには、あまり会わないようにするなど、友だちとしての立場を崩さないようにします。

逆にいえば、微妙な友好関係を築いていけば、失恋した、離婚した、仕事で失敗したなど、いつかはチャンスはあるわけです。好みのタイプが変わることも多々ありますし、早急に関係を築こうとしないことがポイントです。

20代のときには幼く見えた男性でも、30代になると、急に大人の男性に見えてきます。大学の同級生と30歳を過ぎて会ったときには、「たくましくなったな」と好意的な印象を持ちました。こう女性が思えば、チャンス到来です。

ネット時代になって、いろんな人と知り合えるようになった半面、その関係を長続きさせる努力をしている人は多くありません。忘れられないのであれば、関係を長続きさせる努力をしてみましょう。年に数回は誘う、返事を求めないメールを定期的に送る、年賀状を送るなどすれば関係は続きます。

たとえば彼氏と別れたときに、誰かに話を聞いてもらいたいと思うもの。女友だちは何人もいても、男性となるといない。そのときに、「あっ、彼がいた」と彼女が思い浮かんで、連絡が入る……。このように女性が相談したくなる男性になると、関係が前進しやすくなります。(嶋津典代

男として好感を持たれる人になろう

思わず「遠くて近きは男女の仲」という言葉を思い出してしまいました(^^;

お互い、またはキミ自身が「恋愛対象の相手」という認識をしていなくても、少なくとも「友だち」「仲間」「何でも話せる間柄」などになっていると思っていますか?

イエスなら大丈夫。今後、キミがその気になれば恋愛関係に発展していく可能性が大ですよ。

極端な話、「嫌われていない」「邪険にされていない」「無視されていない」限り、キミ次第で可能性はあるってこと。

日ごろから「何かあったらボクに相談してね」「困ったときはボクを思い出してね」という状況をつくっておけばベストだけど、なかなか難しいよね。

とはいえ、仕事でも日常でも「前向き」で「困難な状況でも立ち向かっていく」「グチや不満、人の悪口をいわない」などの姿を見せていれば、そういったキミの姿勢に好感を持つ人は多いはず。そうなると、必然的に、何かあったときに「頼られる存在」になってるってわけ。

見ている人は見ています。わかる人はわかります。今のあなたの行動や言動が「未来のあなた自身をつくります」。異性の「友だち」や「仲間」を大事にしておいたほうがいいよー。(マッキー)

 

2010/08/31

photo by Troy Tolley

関連記事

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。