記事の詳細

こんにちは。かなこです。
コンビニの新製品をチェックするの、好きなんです。
「あっ、おもしろい!」と思うとつい買っちゃうんだよね。

最近は、ローカロリーのスナックや
ポテトチップスがはやってますよね。
200カロリー以下のスナックや
カップラーメンなんて以前は考えられない!
いろんなのを見つけるたびにワクワクしちゃいます。

第300号 のろけられますか?

この前、彼女のことを話していたとき、男友だちが「うちの彼女は美人じゃな
いけど、細かいとこはすごいしっかりしてる」といっていました。美人じゃな
いけどっていうのは余計だけれど、彼が彼女を大切に思っているのは、すごく
伝わってきました。

恋人をほめているのは、微笑ましくて素敵。でも逆に恋人をけなしたり、悪く
いったりする人もいますよね。友だちの前ではつい恥ずかしくて悪くいってし
まいがちですが、長所や尊敬しているところをすっといえる人は、大人だなと
感じます。

友だちに話すときに恋人のいいところがいえるかどうかっていうのは、普段い
い点を見ているかどうかにかかっているのではないかしら。悪いところはすぐ
見つかるから、悪口になると話題はつきないんです。でも、いいところは普段
気にしていないと、なかなか見つからない。

私も以前、何かにつけ友だちに彼の悪口をいっていた時期がありましたが、そ
のときは彼の悪いところしか目に入っていなかったな。それが実際彼の耳に入
ることはなくても、態度に出てしまったり、不満がたまってしまったりして、
よくないんですよね。些細なことでイライラしてケンカをすることも……。

最近は、相手の悪いところよりいいところを探してほめたり、やってくれたこ
とひとつ一つに感謝するようにしています。そうすると、友だちに話すときも
いいことがたくさん思い出されて、ついついのろけちゃうんですよね。

私はまだ悪いところに目がいきがちですが、もっといいところをたくさん見つ
けられるようになったらいいなと思っています。そうしたら、お互いを成長さ
せられるような、よいおつき合いができるようになるかなぁ。(かなこ)

良い関係が続くコツとは

出会いから交際までは受け身の女性が多いから、男性が積極的にならざるをえ
ず、それがうまくいかなくて悩むことが多いけれど、交際がスタートすると、
女性の悩みというか、文句が多くなるような気がします。

女性は細かいことを気にしますし、育児をするからかもしれませんが、“無意
識に”悪口や文句をいって、彼や夫を変えさせようとする傾向があります。私
も飲むとグチのようになって痴話ケンカばかりしていた時期がありました。男
性がきちんと聞いて返事すると、痴話ケンカになりやすいんです。

こういう女性とつき合ったときには、男性は相手にせず、聞き流すのが一番。
難しいですけど、母親の話を聞き流す父親を見て育つと、自然に男性はできる
ようです。私の兄がそうで、義姉の文句をスルーしています(笑)。

女性は彼や夫の欠点をいくらいっても変わりませんし、関係が悪くなるだけな
ので、女友だちに聞いてもらったほうが、まだいいです。もっともいいのは、
かなちゃんが書いているように、短所よりも長所を見ること。そして、感謝を
直接伝えること。これは良い関係が続くコツではないでしょうか。

結婚生活が30年以上の年上の女友だちからは、ダンナさんの悪口を聞いたこと
がなく、尊敬&応援していて、働いていても家事は完ぺき。もうひとりの女友
だちは、ダンナさんの悪口はいうけど、それを認めている包容力があります。

この2人は、のろけるわけではないけれど、ダンナさんの言動でうれしかった
こと、すごいなぁと思ったことを宝物のようにしていて、「それがなければ、
長続きしないよ」などといいます。人間だから、長所も短所もあるけれど、あ
るがままを受け入れ、尊敬、感謝することの重要性を彼女たちから、学んでい
ます。(嶋津典代

先に「認める」「受け入れる」が基本

私たちはなんと罪深いんでしょう。
だって、「のろければ妬まれ、悪口いえば酷いヤツだと疎まれる」。
じゃあ、どうすればいいの? なあんてね(笑)。

最近読んだ木戸一敏著『みとめの3原則』(こう書房)はビジネス書ですが、
家族間・友人間・異性間・職場などでの人間関係がよくなるエッセンス満載の
本ですので、興味のある方はご一読されると良いでしょう。

大事だなぁと思うのは相手のことや言動を、まず心から「認める」「受け入れ
る」ということの重要性ですね。

人間誰しも自分がかわいいし、自分のことを相手にわかってもらおう、自分の
主張・考え・意見などを相手に伝えたいと思っていますから、キミが最初に相
手を「認め」れば、相手も「受け止め」てくれたキミに好感を持ち、コミュニ
ケーションが深まっていきます。

あとはそうね、キミも「欠点や短所ばかり指摘する人よりも、良いところを認
めて・ほめてくれる人」のほうが好感が持てるよね。だったら、キミもそうす
ればいい。ただそれだけ。

最近見かけませんが、ムーディー勝山の「右から左へ受け流す~」というのは
見習うといいかも。特に相手の欠点や短所など(笑)。

些細なことほど気になることもあるかもしれませんが、いちいち気にしないの
がやっぱり一番だよなぁ。(マッキー)

2009/06/30

photo byRodrigo Senna

関連記事

ページ上部へ戻る