第283号 プレゼントは、どう選ぶ?

こんにちは。かなこです。
最近、うちの近所に住んでいる人の食べ歩きブログを見つけて、外に食べに行くときには参考にしています。

こじんまりして入りづらいお店のレポートなども充実していて、すごく助かっているんですよ^^
この前は、坦々麺のオススメのお店に行ってみて、胡麻の香ばしさと濃厚さに感激しました!

第283号 プレゼントは、どう選ぶ?

まだつき合っていなくて、気になる女性に何かプレゼントしたいときや、バレンタインのお返しをしたいときなどは、相手に負担にならないように、食べ物や消耗品など、使うと消えてしまうプレゼントを選ぶのがオススメ。でも、おつき合いが始まると、誕生日など特別な日はもっと高価なものをプレゼントしたいという人も多いのではないかしら。

消耗品以外で観察してプレゼントするというのは、かなり難しいですよね。相手が喜んで使ってくれるものを選ぶためには、普段の服装や言動から趣味思考を知っておくことが重要。とはいえ、人の好みというのは難しいもの。「他人からは似たように見えるけど本人にとっては違う」なんてことはザラにありますよね。

男性なら、ネクタイの選び方を考えたら、わかるのではないかな。男友だちは、女性にプレゼントされたネクタイはたいてい自分の趣味と少しずれているので、使えないことが多いといっていました。かくいう私も、以前ネクタイ選びで失敗して、プレゼントした男性を困らせてしまった経験があります。

高価なプレゼントは失敗のリスクが高いので、私は最近、彼とプレゼントしあうときは、一緒に買いに行って、プレゼントをもらう方が選んで、それを相手に買ってもらうというスタイルになっています。

最初は、プレゼントを待つワクワクした気持ちや、相手を思い浮かべてプレゼントするときの気持ちがないのは少し寂しいかな? と思うこともありました。
でも最近は、実際に使わないものをプレゼントされるより、ずっといいなと思っています。

女性は自分の持ち物にこだわりのある人が多いし、これだと失敗することがないのでオススメですよ。また、一緒に買い物をすると、何が相手の目に留まるのかがよくわかるのでおもしろいんです。何を選んでいいのかわからない人はぜひやってみてね。(かなこ)

予算を伝えてあげてね

私は男性に洋服やスポーツウェアを贈るのが好きなので、アメリカのネットショップで、ラッピングしてもらってプレゼントしています。円高のときは、自分のものといっしょに彼のものも買って、日ごろごちそうしてもらっているお礼にサプライズのプレゼントにしています。

私がプレゼントするときには、勝手に選びますが、プレゼントをもらうときには、かなちゃんが書いているように一緒に買い物に行って、相談しながら、買ってもらいます。自分だけだと選ばないけれど、似合うものを探してもらえるので、お気に入りの一品になります。

この難点なのが、女性にはどのくらいの予算かがわからないし、それを聞きづらいこと。女性は遠慮しないで「いくらぐらいまでいい?」と聞いてみる、あるいは女性が何もいわなければ、「○万円ぐらいまでいいよ」といってあげると、とても親切です。

一方、自他ともに認めるオシャレな男性から、似合いそうな服やバッグなどをプレゼントしてもらうのに憧れますけど、こういう男性とは親しくなったことがないですね。

思い出に残っているのは、百貨店のジュエリーのフロアに連れて行かれて、「どれにする?」といわれたこと。彼の家にあったポット型浄水器を最初に見たときに、「いいな~、どこで買ったの?」と私がいったのを覚えていて、誕生日のときに「間に合うかな?」と、その浄水器が売っているスーパーの閉店間際に行き、それを買ってくれたことかな。(嶋津典代

キミの気持ちが伝わる方法を考えてね

プレゼントを贈った相手の喜ぶ顔を想像するとウキウキしてきますよね。とはいえ、せっかく贈るのですから、気に入ってもらわないと意味がないし、ガッカリされたらお互い意気消沈しちゃう……と思うと、悩んだあげく、プレゼントできない、という男性も案外いるんじゃないかな。

そうなると、事前リサーチが重要になってきます。難しく考えないで、日ごろの会話の中から「彼女の好みや欲しいもの」の情報が聞けたら、それを覚えておくのが一番いいんじゃないかな。

うまく聞けたとしても、男のセンスで選ぶと失敗する確率が高まるので、ボクだったら、彼女をお店に連れて行き選んでもらう、という方法をとります。

もっと軽い感じでプレゼントする場合とか、彼女の情報が少ない場合だと、経験上スイーツ類がおすすめかな。人気があって、気合いを入れて買いに行かないと買えないものをゲットすると喜ばれますよ~。覚えておいてね。

ちなみに今年のバレンタインデーには、ボクから女性にチョコをプレゼントしました。意外性があって喜んでもらえたし、ホワイトデーのお返しも気にしなくて済むし、ホッとしていますぅ(笑)。(マッキー)

2009/03/03

photo by Wayne Truong

関連記事

  1. 第195号 遅刻はいけませんか?

  2. 第134号 自信ない?

  3. 第212号 「女性らしさ」って?

  4. 第98号 外見に自信がないの

  5. 第240号  女性でも男性でも、友だちは友だち

  6. 第439号 「ぽっちゃりしてるね」の男女差

  7. 第35号 ひとりで行動できる?

  8. 第80号 好きになる温度差

  9. 第333号 社交辞令なひと

人気記事

最近の記事

PAGE TOP