記事の詳細

こんにちは。かなこです。
お正月のおせちの中で、唯一好きなのが黒豆。
今年は、はじめて自分で黒豆を炊いてみました。
そうしたら、入れるお砂糖の量の多さにびっくり^^;
なんだかんだで2日以上かかって一応できたものの、
ちょっと固め……。でも、はじめてにしては上出来かな~。

第278号 恋人と考え方が違ったとき

恋人と仲良くなるにつれ、「この考え方は自分と違うなぁ……」と感じることはありませんか。そう思ったら、どうしますか? 悪気はなく、それが単に相手のやり方で、自分と相手のどちらかが正しいというわけではないという場合です。

たとえば、私は会う約束は前もってするのが好きだけど、彼は当日か前日にする人。最初は「前もって連絡してくれれば、ほかの予定は入れないのに」とイライラしていたけど、考えを改め、「この日は会えそうかな」と思えば、自分から確認することにしました。「当日の約束がダメなら、また近いうちに会えばいい」という彼のやり方を受け入れたら、余計なイライラはなくなりました。

恥ずかしながら、いままでは「彼の考え方は自分と違うから、合わないかも。別れた方がいいかな」と考えてしました。これでは、つき合いが続かないわけです。

ほかにも、毎日の生活の中で、相手と違うと感じることがあると思います。
・メールの返信をすぐ欲しいのに、彼女はすぐくれない
・誕生日は一緒にいて欲しいのに、彼は重要視してくれない
・苦手なのに、彼がタバコを吸う
・彼の家に遊びに行っても、話さずに一人でパソンコで遊んでいる
・何かと元恋人の話をするのではなく、今はつき合っていることを大切にして欲しい

どのケースも、自分と相手は違うというだけで、どちらが悪いという問題ではないんですよね。違う人間なのですから、お互いに今まで生きてきた中で培ってきた常識・ベースが違うだけ。

どうしても気になるというときは、きちんとそれを相手に伝えて、その問題に2人で立ち向かっていくことが、継続するコツなのかなと思います。自分が主張を譲って問題ないのであれば、進んで譲る。どうしても我慢ができないのであれば、我慢するのではなく、自分がそれをどう感じているか、どうしてやめてほしいのか相手にわかるように伝える。我慢しているだけでは、いつかは爆発しちゃいますから。

「話し合う」というのは簡単ですが、それを問題だとすら思っていない相手に自分が不快だということを感情的にならずに伝えるのは、なかなか難しい。はしこちゃんはどうですか?(かなこ)

譲るものと譲れないものの優先順位を

私はつき合うときの第一条件が、波長が合うこと。当たり前かもしれませんが、「良い・悪い」に対する基本的な考え、楽しいと思うことが似ている人を大抵好きになり、これまでにつき合った人も基本的にはそういう人でした。

とはいっても、多くの時間を一緒に過ごすようになると、やっぱり違うところは出てきますよね。たとえば、休日の過ごし方。私はだらだらと過ごして時間を無駄にするが嫌なので、朝は8時くらいには起きて「どこに行こう?」「何をしよう?」と考えるタイプ。一方、つき合っていた彼は午前中は遅くまで寝て、午後からゆっくり行動を始めるのが基本でした。

そのギャップをどうやって埋めていたかというと、やっぱり譲り合いです。遠出するようなイベントのときは朝から出かけるけれど、普段はゆったり行動を開始する。朝、彼が寝ている間は、私は本を読むなり仕事をするなり自分のやりたいことをやればよいわけです。

優先順位をつけることが大切ではないかな。絶対に譲れないことと、「こっちのほうがよい」という程度のこと。自分のなかでこの2つがはっきりと区別されていれば、「どちらかといえば」という程度のものは気にしなければいいだけ。自分の優先順位も相手の優先順位も理解していれば、自分が譲るところと相手に譲ってもらうところが見えてきます。

なんでも自分のスタイルどおりにしようと思ったら、ケンカになるのは当然ですよね。自分にとってどうでもいいことでも、相手が大切にしていることであれば大切にすべきだし、もちろん逆も然り。

あとは、その優先順位をどうやって共有するか。私は、もともと感情的になることは少なく、良い意味でも悪い意味でもケンカが苦手なので、一緒に過ごしながら、少しずつ習慣やルールを築いていきます。そういう意味では、普通の何気ない時間を共有することって大切ですね。(はしこ)

認めることから、始めよう

すべての人間は、個性や考え方が、
違うのだ。

恋人だからといって、
すべてを相手に合わすのは、不可能だし、
相手に求めるのも、無茶というもの(^^;

フィーリングを合わせることを、大切にして、
いい部分とつき合っていこうね。

人は年齢とともに、価値観が変わってくる。
価値観を相手に押しつけるのではなく、
自分を大切にしていくのが、
長くつき合うコツだと思うよ(^^)

早起きは、実にいいねぇ~。(咲道

2009/01/27

photo by Carsten Tolkmit

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。