記事の詳細

こんにちは。かなこです。
いつのころからか、食べるのがとても速くなり、
最近たくさんの人にそれを指摘されました。

そこで食べるときによく噛むことをずっと気をつけていたら、
みるみるうちに体重が2~3キロ減ってびっくりしています。

よく噛んで食べると、いつもより少しの量でおなかが一杯になるんです。
ダイエットがうまくいかないと思っている人は
ぜひ試してみてくださいね。
ソフトクリームを食べるのだけは遅くならないんだけど^^;
第263号  口癖を自覚している?

口癖で、思わぬ印象を相手に与えていることがあります。自分の口癖を知ると
相手に与える印象だけでなく、自分の考え方を知ることもできるので、皆さん
もぜひ探してみてくださいね。では、私の口癖とその分析をしてみることにし
ましょう。

・「なんか」
私は話したいことをまとめられないまま、延々と話す癖があって、話のつなぎ
として、よくいっていました。特に意味がないので、多用すると話の内容がわ
かりにくくなります。これをよくいう人は、順序だてて話をすることが苦手な
人が多いのではないかしら。

・「だって」
相手に悪い印象を与える口癖です。私は素直になれず、自分の悪いところを認
められないで、いいわけをしようとしていってしまいがち。「だって、だって」
とよくいう人は、自分のことばかり話すうえ、アドバイスしても、いいわけと
屁理屈で感謝の気持ちが見えません。しっかり直さなくてはと思います。

・「でも」
知り合いのバーテンさんから、「反論するつもりがないのに『でも』を使う人
が増えている」といわれて、口癖になっていることに気づきました。常に人の
話に反論・討論する癖がついていて、会話のつなぎに「でも」を使っていたん
ですね。共感、同調しないで反論・討論するばかりでは、話している人は気持
ちよくないですよね。

さて、悪い口癖ばかりが続きましたが、次は私が今、目標としている口癖です。
これらが口癖になっている人とは、話していて楽しく、積極的に仲良くなりた
いと感じることが多いので、ぜひ使ってみてくださいね。

・「そうですね」
相手に同調する、相手の意見を認める口癖です。相づちに「そうですね」とい
われると、話している側は話を進めやすく、話が広がりやすいです。「でも」
と対局にある口癖ですね。最近は、「でも」をいう前に「そうですね」をいえ
るように気をつけています。

・「さすがですね」
相手をほめるときの、最初の一言です。「あっ、すごいな」と思った瞬間に、
「すごいですね」「さすがですね」をいえると、敬意を伝えることができます。
このように気持ちを伝えると、話が弾み、親しくなりやすくなります。初対面
の人と話すときにおすすめの相槌です。(かなこ)
言葉と行動はニワトリとタマゴ

口癖は無意識のうちに使っている言葉なだけに、自分の潜在意識が表れます。
逆に、口癖を意識的に変えることで、自分の行動パターンや考え方をプラスに
変えることができます。

典型的なのは、スポーツ選手。ここぞというときにちゃんと結果を残す選手は
インタビュー時、自分に負荷をかけるかのように強い意思を言葉で示します。
それは、自信の表れであると同時に、イメージを高めて自分自身に暗示をかけ
ているのではないでしょうか。

話が大きくなりましたが、まずは日々の言葉から考えましょう。かなちゃんが
悪い口癖として挙げていた3つの例は、それぞれ次のように分類できます。

・「なんか」→意味をあいまいにする言葉
「微妙」や「○○とか」「○○みたいな」「○○しちゃって」を多用するのも、
この1つ。幼い印象を相手に与えがちです。

・「だって」→責任転嫁の言葉
ミスをすれば、誰しもいいわけをしたくなるもの。そこをぐっとがまんして、
潔く非を認めれば、その後の成長につながります。「どうせ、自分は……」
と自己否定の言葉が口癖になっている人も要注意です。「どうせ……」と思っ
ているうちにどんどん自信をなくしてしまうし、他人から見ても魅力的にはう
つりません。

・「でも」→否定する言葉
否定されるよりも、肯定されると気持ちがいいのは皆同じです。かなちゃんが
書いているように、相手の話で共感できる部分に対して「そうだよね」と一言
つけ加えてから、「でも」から始まる言葉をつなげると、印象はずいぶん変わ
ります。

このほか、「疲れた」「面倒」「つまんない」「ヒマ」「お金がない」「時間
がない」などが口癖になっている人もいますよね。ため息をつくと幸せが逃げ
るというのと同様に、マイナスなことばかりいっていると、ものごとを楽しめ
ません。当然、こういう言葉を多用する人よりも、プラスの感情を表す言葉を
よく使う人と一緒にいるほうが楽しいので、後者のほうがモテます。

言葉と行動はニワトリとタマゴのようなもの。よい言葉を使うことで行動が変
わるし、プラス思考の人は言葉にも表れます。まずは、親しい友人に自分の口
癖を指摘してもらうことと、身近な人が使っているよい口癖を真似することか
ら始めてはいかがでしょう?(はしこ)
愛語に回天の力あり

口癖は心を表すバロメーター。
かなちゃんの悪い例は、自己主張の典型で、
はしこちゃんの「疲れた」などは、マイナス思考だよね。

「愛語よく回天の力あることを、学すべきなり」、
道元禅師のありがたいお言葉。よく噛み締めてください~(^^;

悪い口癖は、心を正して、さっさとやめよう。
良い口癖を、たくさん身につけようぜ。

「ありがとう」、実にいい言葉だよねぇ~。(咲道)

2008/10/14

photo by Kim Love

関連記事

ページ上部へ戻る