記事の詳細

こんにちは、かなこです。
ファミリーセールって知っていますか?
社員や会員、お得意様などのための、招待券がないと入れない
特別セールのことです。

先日、好きなブランドの服のファミリーセールに行くと
今期モノの服が全部安くてびっくり。そして、来ている女の子たち
のオシャレなことや、みんなが買っている量にもびっくり……。
私もいくつか買いました。
お洋服って、いくらあってもやっぱりまだ欲しいんですよね。
第258号 男のプライドって?

彼女に何かしてあげようと思ってがんばったのに、あれこれ余計なことをいわ
れて「せっかくやってあげようと思ったのに……」とがっかりしたり、いらつ
いたりすることありませんか。

これは、男性のプライドをわかっていない女性がやりがちなこと。私もそのひ
とりで、全然わかっていなくて余計な口を出して、ケンカになったことが何度
もあります。男のプライドって、女性からすると、とても難しいです

男性が「男なんだから、ひとりでしっかりやりなさい」といわれて育っている
のに対して、女性はみんなで助け合って生きていくことを教えられて育ってい
るからか、他人に頼ることがカッコ悪い、不名誉なことだとは感じられる女性
はほとんどいないです。

だから、女性だと全然気にならないようなことでも、男性を傷つけてしまうこ
とがあるみたい。私みたいに男性を立てることが苦手で、知らない間に男性を
イヤな気分にさせている女性は、けっこういるんじゃぁないかな。

たとえば、食事をおごってもらったときに、「彼に悪い」と思って無理矢理少
しでも払おうとしたり、道に迷っているときに「大丈夫?」「誰かに聞いたほ
うがいいんじゃない?」と余計な世話を焼いたり……。

女性同士であれば、「気をつかってくれて、ありがとう!」となるので、いつ
ものクセで黙っていられないんですよね。

男性の好意をありがたく受け取ったり、男性を信頼して邪魔しないように黙っ
ていたりするなど、男心がわかる素敵な女性になりたいです。(かなこ)
“器”は大きく
男性と話していて、またはまわりの友人を見ていて感じるのは、守ってあげた
くなるような、ちょっとすきのある女性が好きな男性が多いこと。

その裏には、「守りたい」「頼られる存在でありたい」「人の上に立ちたい」
「相手をリードしたい」という男性特有の意識があるのかなと思います。それ
が、男としてのプライドでしょうか。

幼いころから、多くの男の子が夢中になって見るのはヒーローもののアニメ。
大人になるとさすがに「正義のヒーローになりたい」という野望はなくなるに
しても、「誰かのヒーローでありたい」という気持ちはあるんじゃないのかな。

ところで、かなちゃんは男のプライドをわかっていなくてケンカになったとい
う話を書いていますが、私はプライドをわかっていなくて困らせたことがあり
ました。

以前につき合っていた彼との話です。私は仕事で困ったことや凹んだことなど
をなんでも彼に話していたのですが、彼は私に悩みを話すことはほとんどあり
ませんでした。そのことを寂しく感じた私は、「なんでもっと頼ってくれない
の? もっといろいろ話してほしい」と彼にいったんです。

いま思えば、男性はそういうものなんですよね。女性のように悩みをシェアす
るのではなく、問題は自分で解決する。自分の弱い部分はそう見せない。

ただ、プライドにこだわりすぎると、逆にカッコ悪く見えるので要注意です。
たとえば、彼女と歩いていて道に迷ったとき。自力でたどり着こうとして時間
がかかるより、「誰かに聞いてみようか」という彼女の意見を受け入れたほう
がスマートじゃないですか? すべてを「余計なお世話」といって、はねのけ
るのは人としての“器”が小さいように感じます。

女性も男性の「男らしくありたい」という気持ちを尊重するのと同時に、男性
も女性の「何かをやってあげたい」という気持ちをわかってあげる。結局、お
互いに相手の気持ちを考えるゆとりが大切ですね。(はしこ)
 そういう生き物です

女には女のプライド、男には男のプライドが
あるのは、当然だよね。

個々で感性も違うし、相手によっても違う。
オイラはプライドが高いとよくいわれますぅ~(^^;

男は見栄やプライドだけで、
生きてたりするので、これを変えさせるのは不可能。
「かわいい人だな~」と思ってやってください。

プライドのない男って、最悪じゃないですか~。(咲道

2008/09/09

photo by Rebecca Searle

関連記事

ページ上部へ戻る