記事の詳細

こんにちは、かなこです。
最近キムチにハマっていて、
いろんなメーカーのキムチを食べ比べて楽しんでいます。

この前食べたキムチは思いのほかにんにくが効いていて、
においが残って翌日大変でした(汗
それからは、食べたことのないメーカーのキムチは
翌朝においが残っても大丈夫な休日前に食べるようにしています。

人のにおいって、結構気になるものですよね~。
第249号 女の子の困った気づかい

相手に対してよかれと思ってやったことが、実は相手を困らせていた――。
女性の皆さん、男性を怒らせたり嫌がられたりしてから、それに気づいて「し
まった」と思ったことはありませんか。女性がやりがちな勘違いの「気づかい」
について、具体例をあげて考えてみます。

1.相手に合わせるだけで、自分の意思表示をはっきりしない
「今日、何が食べたい?」といわれると、いつも「なんでもいいよ」と答える。
「来週のデート、どこに行く?」と聞かれて、「あなたの行きたいところでい
いよ」「どこでもいいよ」と答える。

「どこでもいい」「何でもいい」と女性がいったら、男性とのつき合いに慣れ
ていない女性なんだと判断するのがいいでしょう。「だったら、イタリアンか
食事もおいしいカフェのどちらがいい」などと、男性は提案してくださいね。
そうしたら、女性は答えやすくなります。

2.(欲しいといっていないのに)何かをして、世話を焼く
会社でいつもお菓子をくれる、お茶を入れてくれる。ただ、相手が飲みたい・
食べたいと思っているかどうかを観察していない。相手があまり食べたくない
ときに、手作りのお菓子を持ってきて、断ると「一生懸命作ってきたのにー」
と文句をいう。

「相手のためを思ってやっている」つもりが、「相手のために何かをしてあげ
ている自分」に酔っているパターン。女子高・女子大など、まわりに男性より
女性が多い環境にいた人がやりがちで、「好きな人に何かをしてあげたい」と
いう気持ちからきています。

こういうときは「そんなのしてくれなんていってないよ」ではなく、「うれし
いんだけど、いまはおなかがいっぱいだから、もう少し後にしてもらえるかな」
などと希望を伝えてあげてくださいね。そうすれば、きっと相手も少しずつベ
ストなタイミングをつかめるようになってくると思いますよ。(かなこ)
「なんでも」の裏側を探ってみて

「なんでもいいよ」「どこでも」といっておきながら、連れて行かれたレスト
ランが気に入らなくて、ちょっと不服そうにする、もしくは文句をいう。男性
が一番困るパターンですよね。「だったら、最初から希望をいってくれればい
いのに!」という男性の非難が聞こえてきそう。ごもっともです。

こういう女性は、場所を限定することで相手の負担になるんじゃないか、相手
の食べたいものと違うんじゃないかと、一応、気づかってはいるんです。

女性同士の場合、「なんでもいいよ~」とひとりがいったとしても、「どうし
ようか~」と、2人で考えながら、だらだらと会話は続きます。決断力がなく、
相手任せの女性も多いため、すぐには決まりません。しかし、困るわけでもな
く、ああでもないこうでもないという会話を楽しんでいるんです。

重要なのは、「なんでもいいよ」といったとしても、多くの場合、本当になん
でもいいわけではないということ。実は、「昨日、イタリアンだったから、そ
れ以外がいいな」とか、「あっさりしたものが食べたいな」とか、少なからず
あるものです。ただ、具体的に提案するのを躊躇しているだけ。

不運にも、彼女の希望と真逆のものを選んでしまった場合、「実は……」と文
句をいわれてしまうわけです。そういう事態を避けるには、かなちゃんも書い
ているとおり、彼女が答えやすい形、選びやすい形で提案して、それとなく希
望を探ってあげるとベスト。慣れないと難しいかな。

2番目の世話焼きタイプの女の子は、「相手のために」という気持ちはかわい
いんですけれどね。困るのは、「相手のためにやっている=だから、ほめられ
るはず、喜ばれるはず」と思い込んでいる場合が多いということ。押し付けが
ましくなく、気づかうことができれば、すごく素敵な女性になるので、惜しい
ですよね。

女性も男性も、相手に何かしてあげる場合は、見返りを期待せずにやるのが基
本。逆に何かをしてもらったときには、たとえいまは必要のないことでも、ま
ずは気づかってくれた気持ちを受け止めること。断り方も、「ごめん、いらな
い」ではなく、「ありがとう、でもいまは~」というように「ありがとう」と
いう一言を挟むほうが、余裕が感じられて素敵です。(はしこ)
実行はなかなか難しい(^^;

思いやりって、
言葉は簡単にいえても、
実行はなかなか難しい(^^;

繊細な女の子のキモチを察して、
こなすのは、修練が必要。
結局、場数を踏むしかないんじゃないかな。

おいらは、わかるまで20年かかった(^^;ので、
とりあえず、いまわかっただけでも、めっけもんだよ。

とりあえず、焼肉食べに行きませんか~。(咲道

Photo by John Benson

関連記事

ページ上部へ戻る