記事の詳細

こんにちは、かなこです。
くるくるの巻髪ヘアー、
いいなぁとずっと思っていたの。
ようやくヘアアイロンを購入しました!

でも、使い方がすっごく難しいの。
ヘアアイロンを回転させる向きとカールさせたい
向きを計算しないとうまくカールしないんです。
巻きすぎると昔の人みたいになっちゃうし^^;
今度美容院でやり方を教わってこなくっちゃ!

第194号 忙しい? ヒマ?

女の子同士で「飲みに行こう!」「どこかに出かけよう!」という話になった
ときは、たいてい前もって日にちや場所、時間をきちんと決めて、それに向け
て用意をします。だから、友だちがたくさんいる人は、予定がいつもいっぱい。

「明日ヒマ?」と聞かれて、予定がまったく入っていないと、友だちの少ない
人、かわいそうな人という感じがするの。私はちょっと前までは、本当に予定
がなくても「ヒマなのー」と素直に答えるのは少し恥ずかしいなーと思い、
「忙しいの(私は人気あるの)」という見栄を張っていました。

だから、男の人からのお誘いも、急に当日に「今ヒマ? これから飲みに行か
ない?」というお誘いよりも、「来週の金曜の予定はどう? 行ってみたい店
があるから、19時に○○駅で待ち合わせない?」と前もって誘われたほうが、
「この人素敵!」と思います。

いきなりのお誘いでも、誘ってくれること自体はとてもうれしいの。でも余裕
を持って誘われるほうが、もっと大切にされているような感じがして、すごく
うれしいのです。

それに男の人と飲むときは、女の子と話すときのように気軽に飲むのではなく、
何かにつけちょっと気をつかうの。少し気になっている男の子だったら、服装
や髪型はどうしよう。行く場所にあったスタイルを考えなきゃ……。

会話の内容は女の子同士のように、その日にあったできごとを思いっきりいい
合うのではなく、相手の話を聞いて、考えながら話そうとする。だから、飲み
に行く日までに、少しキモチの準備をさせてほしいのね。

準備をする時間がもらえたら、当日まで楽しみになるし、当日もお互いにより
楽しい時間にできると思います。それに、自分の予定を埋めてくれてる人とい
うだけで、どんどんその人が特別に感じてきちゃうものなんですよ。(かなこ)
予定は愛です!

「あの代官山のお店でしょ、行きたい」「行こうよ」なんて会話を聞くと、男
性は今日の会社帰りに行く話だと、思いますよね。たいがいは、ちょっと先の
話。スケジュール帳を開いて「いつにする?」と予定を入れるのが女性の楽し
み。女性はスケジュール帳に「カレーを作る」や「彼から電話あり」など、細
かなことまで、つけています。

女性はスケジュール帳が埋まっていないと、寂しいのです。でも、男性は逆で
すよね。スケジュール帳は、仕事上の予定がほとんどだから、空白があると、
今週は忙しくないと気分が軽くなる。そして空白が続いて、やっと気になって
いる相手を誘う気分になり、「今日、ヒマ?」と連絡する。

いつも忙しい人は、真っ黒なスケジュール帳の中から時間をつくり、「来週の
木曜日どう?」と前もって誘う。

女性は前もって予定を入れる人が大半なのに対し、このように男性は2つのパ
ターンに分かれます。どちらに女性が惹かれるかといえば当然、後者です。

週末に時間があると、「今日、ヒマ?」と気になる女性から順番に電話をして
いる男友だちがいます。本命のA子さんや次のB子さんがダメでもC子さんが
OKならば、それでいい。つかまる女性であれば、誰でもいいのです。

40代まではそこそこモテたけれど、彼の思惑が女性に伝わり、50代に入るとだ
んだんと相手をする女性がいなくなりました。現在は60代。ずっと独身です。

気になる男性からのお誘いならば、女友だちとの約束をキャンセルしてまで駆
けつけたいのが女心。それと同時に、自分勝手な誘い方を許すと、これから先
もずっと「今日、ヒマ?」が続くのではないかという不安がよぎります。

女性はきちんと約束して、あなたが考えたデートプランで、楽しいひとときを
過ごしたい。そうして「気になっている」から「好き」へと気持ちが変化する
のです。3日前くらいには、彼女のスケジュール帳に予定を入れてあげましょ
うね。(吉崎美紗子)
暇人はいけません!

いい年になって、暇なヤツに、
ろくな男は、いないよ(^^;

いい男は仕事もプライベートも、忙しい。
だから、彼女とのデートは、とても大切する。

素敵な時間を過ごしたいので、
しっかり準備して、時間もしっかり取る。
愛するとは、そういうこと。

人を愛せない人は、
自分も愛せない、
人からも愛されない。

人を愛する人は、
人から愛され、
幸せになる。

作用反作用だ~(^^;

たまには、休みも取りたいよ~。(咲道

photo by Z S

関連記事

ページ上部へ戻る