記事の詳細

こんにちは、かなこです。
使っていたル・クルーゼの
白いココット・ダムール(ハート型のお鍋)を
焦げ付かせて、ホーローがはがれてしまったので、
泣く泣く廃棄しました。

ル・クルーゼのお鍋は重いけれど、それが煮込み料理にいいとかで、
デザインのかわいさもあいまって、とても人気があるのね。
まあ、でもおいしいレストランの厨房で
ル・クルーゼを使っているのは見たことないけど(汗)

焦げ付かせたら使えなくなってしまうようだと、
やっぱりあたしには向いてなかったのかなぁ……。

第159号 元カレのプレゼント、気になる?

ちょっと前に、電車の中で聞いたカップルの会話がおもしろかったです。
彼氏が彼女の持っているバッグについて、「それいいじゃん。誰に買ってもら
ったの? 自分で買ったんじゃないでしょ? 元彼からもらったの?」としつ
こく聞いていたのです。「いいでしょ別に。なんでいちいちそういうこと聞く
の」と彼女が半ギレぽく、いい返していました。

いきなり「自分で買ったんじゃないでしょ」は彼女に対して失礼だろうと思っ
たけど、それは置いておいて、その彼氏は自分以外の男からのプレゼントを彼
女が身につけていることが許せなかったみたい。

男の人は、彼女が自分が買ってあげたものを身につけていると「彼女が自分の
ものでいてくれている」、逆に自分以外の人からもらったものを持っていると
「自分のものになってない」と思うのかな? 実際は必ずしもそうとは限らな
いよね。

私は、そのプレゼントをもらったというエピソードが本当につらければ、捨て
るなり、あげるなりしちゃうけれど、そうでもなくて気に入ったものなら、別
れても使っちゃいます。それについて、彼氏がたくさん文句をいうようだと面
倒だなと思います。

特に、モテる子はプレゼントなんてたくさんもらっていると思うんだよね。だ
けど、もらったものと相手に対する心残りとは、あまり関係ないことが多い。
捨てないで使っていても、そんなに気にしなくていいと思います。

モノに対する思い出は、彼氏のことだけではないしね。
気にしなくていいことだけど、どうしてもそれが気になるようであれば、その
旨をきちんと言葉で伝えることが大事だと思います。

まぁ、どーんと大きく構えてくれるくらいのほうが、女の子としては大人の余
裕を感じて安心するんだけどね。(かな)

モノはモノでしかない

最近の男の子は、女の子のように細かいことを気にするのね。元彼、あるいは
違う人からもらったものでも、自分で買ったものでも、どうでもいいことです。

男性から聞かれたときには、女性は相手にせず、「自分で貯金して、買ったの
よ」といっておけば丸くおさまります。
嫉妬深い彼氏には、次のように甘えるのがいいでしょうね(笑)。
「何、何? 気になるの? もう使わないから、代わりのバッグほしいな~」

男性は、細かいことを気にしないのが一番。口に出しても、いいことはありま
せん。文句やグチをいうと、どんどん相手の心は離れていきます。どうしても
気になるのであれば、プレゼントをしましょう。

女性にとって、洋服、バッグ、靴、ジュエリーやアクセサリー(人によっては
帽子、サングラスも)などは、たくさん持っていたとしても、もっと欲しいも
の。もっと、もっと……と尽きることがないのです。

ファッションセンスは、若いときに失敗しながら磨いていくものであり、投資
が必要です。流行を意識しながら、組み合わせも考えなければなりません。こ
の服にはこのバッグは合わない、このジュエリーもいまいちということもあり
ます。だから、もっともっと欲しいというわけです。

それでは、ここで男性に質問です。
女性が喜ぶ定番のプレゼントは、何でしょうか?

答えは、ジュエリーやバッグなど身につけるものです。彼氏や夫からもらった
ものは、大切にします(毎日身につけるかどうかは別な話)。

もうひとつ質問。
別れたあと、そのプレゼントしたモノはどうなるでしょうか。

高価なモノほど、使い続ける女性が多いと思います。
もらったモノは好きだけど、プレゼントしてくれた人は過去の人と割り切って
いる場合が多いです。婚約指輪や結婚指輪は別として、バッグを見て、プレゼ
ントしてくれた男性の顔を思い出すことはありません。

女性は現実的ですので、男性のように元カノを引きずるということは、あまり
ないことであり、基本的に別れたあとは関係ないのです。

女性は男性からプレゼントされるのも、おごられるのも大好きです。しかし、
それだけで良い関係を保つのは難しい。「何不自由ない暮らしをさせてやった
のに……」と離婚をいい出された夫がつぶやく――。ドラマにはよくありがち
なシーンです。大切なのは、心であることをお忘れなく。(嶋津典代

それでも気になる人には…

男性の皆さん、
女性から「身につけるもの」をプレゼントされたこと、ありますよね?

さすがに元カノから手編みのマフラーをもらって、今の彼女とのデートの時に
していく人はいないよね。というか、この手のものは早めに廃棄処分にしない
と、あとあとマズイかも(笑)。

では、これがネクタイだったらどうでしょう。男性の皆さんは
ネクタイをするたびに、プレゼントしてくれた元カノの顔を思い出しますか?

思い出す男性は、かなちゃんが遭遇した電車の中の男性のように「案外気にす
るタイプ」の可能性が高いのかもしれません。

でも大丈夫。
そういう男性は、何かにつけ彼女にいろいろなモノをプレゼントしちゃいまし
ょう。そういう習慣を徐々にでもつけていくと、彼女にも喜ばれるし、だんだ
んと気にとめなくなっていくことでしょう。

それでも細かいタイプの人は、今の彼女ともし万一別れたとしたら「女性は割
り切るのが早いから、俺がプレゼントしたモノは、次の彼氏とのデートのとき
でもきっと身につけるんだろうなぁ」くらいに思ったほうが、もっと気にとめ
なくなるかも(笑)。(マッキー)

photo by kyler kwock

関連記事

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。